古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

なぜ世界最速サービス「NURO」を作ったのか?

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2014/05/23 (C)KADOKAWA CORPORATION
なぜ世界最速サービス「NURO」を作ったのか? © KADOKAWA CORPORATION 提供 なぜ世界最速サービス「NURO」を作ったのか?

“世界最速2Gbps”を謳うソネットのFTTHサービス「NURO(ニューロ)」の現状と今後の展開について事業責任者の会田容弘取締役に伺った(聞き手・角川アスキー総研 遠藤諭) “世界最速2Gbps”を謳うソネットのFTTHサービス「NURO(ニューロ)」の現状と今後の展開について事業責任者の会田容弘取締役に伺った(聞き手・角川アスキー総研 遠藤諭) 通信速度は下り最大2Gbps/上り最大1Gbps!世界最速の光サービス「NURO」とは?  “世界最速2Gbps”を謳うソネットのFTTHサービス「NURO(ニューロ)」。  下り最大2Gbps/上り最大1Gbpsという個人宅向けの商用FTTHサービスとしては世界最速を誇る。通信速度を何より重視するASCII.jp読者にうってつけの選択肢といえるだろう。  また、回線品質を向上・安定させるため、NTT東日本の光ファイバー回線を利用しつつも、インターネット網からユーザー宅に設置するONU(ホームゲートウェイ)まで一貫してサービス提供している。つまりソネットは回線事業者としてNUROを運営しているわけだ。  ONUには最大速度450Mbpsの無線LAN機能を標準搭載し、PCとの有線接続は設定不要のプラグアンドプレイ化を実現、セキュリティーサービスも5台分を無料提供という隙のなさ。それでいて料金は、上記のサービス込みで月々4743円(税抜/2年間継続利用前提)。一昔前までは夢物語だったサービス内容が個人宅で利用できるようになったといえる。 NUROでは、ソネットがインターネット網からONUまでワンストップでサービスを提供する NUROでは、ソネットがインターネット網からONUまでワンストップでサービスを提供する  充実のサービス内容もあってか、早期に10万回線を目指す計画も足元では好調に推移しており、1年前のサービス開始月に比べ20倍以上の申し込みにまで増えているという。現在は1周年記念のプレゼントキャンペーンを実施中だ(2014年5月31日まで)。  そこで今回は、NUROの事業責任者であり、ソネット取締役 執行役員専務の会田容弘氏に、立ち上げの意図とユーザーの反応、そして気になる今後の展開などについて広く語っていただいた。聞き手は角川アスキー総合研究所 取締役主席研究員の遠藤諭。 聞こえるのは「速さ!安さ!安定!」ユーザーの声はADSL勃興期から14年間、変わっていない 遠藤 「会田様はNUROの創設者と聞き及びました。まずは、NUROを立ち上げるきっかけや経緯を教えてください」 会田 「もともと私は、ADSLが始まったあたりからFTTHサービスの本格普及の頃までプロバイダー事業の責任者をやっていました。  プロバイダー事業の役割は、基本的に各社どこも大差ありません。通信事業者の回線を前提に、IPアドレスを振って、お客様をインターネットにつなげて、カスタマーサポートして、課金する……機能そのものには差はないんです。  一方で、お客様の声をずっと聞いていると、ADSLから光に世の中が変わってもニーズはあまり変わっていません。『もっと速いものが欲しい。もっと安いものが欲しい。もっと安定した回線が欲しい』――この3つに集約されるんですよ」 遠藤 「それって、あまりに基本ですよね。ずっと変わらないのですか?」 会田 「時代と共に技術は進化していくのですが、さらなる速度を求める声、価格の低減を求める声は相変わらず存在しているのです。  当然、僕らはお客様の声に応えたいのですが、プロバイダーの範囲でできることは限られているんですね。しかし、そういったお客様の本質的なニーズに応えるサービスを出したいという思いがずっとあったんです」 遠藤 「プロバイダーってユーザーのフロントエンドにいるにもかかわらず、ポータルサービス的なところではいろんなことができるけれど、サービスの一番本質的なところが変えられない、と」 ソネットが回線事業者になってまでNUROを立ち上げた理由 会田容弘氏。ソネット取締役 執行役員専務。NUROをゼロから立ち上げた事業責任者 会田容弘氏。ソネット取締役 執行役員専務。NUROをゼロから立ち上げた事業責任者 遠藤諭。角川アスキー総合研究所 取締役主席研究員。プログラマーを経験後、1985年アスキー入社。1991年より『月刊アスキー』編集長、アスキー取締役などを経て2013年2月より現職 遠藤諭。角川アスキー総合研究所 取締役主席研究員。プログラマーを経験後、1985年アスキー入社。1991年より『月刊アスキー』編集長、アスキー取締役などを経て2013年2月より現職 会田 「ソニーのDNAの影響もあり、『世の中にあったらいいなと思うものは、自分たちで作ればいいんじゃないか!』と(笑)。もしソネットがスペックや価格も含めてend to endでお客様に提供できる方法があるなら、チャレンジしない理由はないんじゃないか……という想いがそもそものスタートだったんです。  いったいどんなチャレンジだったかというと、通信事業者は通常局舎に置く設備と、お客様の家に置くONUという機械を使ってサービス提供をしています。  そこに僕らは『GPON』という通信規格の設備を導入することにしたのです。そして、それに対応するGPON規格のONUをメーカーさんに作ってもらいました。このGPONは規格上、下り最大2.5Gbpsまで出ます。  後発参入になりますので、競合相手と同じことをやっても仕方ありません。どうせやるなら世界で一番スピードが出せるものを、ということで、日本では導入事例があまりなかったGPONを持ってきたんです」 遠藤 「なるほど! 物理層の光ファイバーは一緒だけど、プロトコルというか、通信している規格と機材は違うと。では、ユーザー宅までのいわゆるラストワンマイルはどうなっているんですか?」 会田 「NURO用に通信事業者様から光ファイバーをお借りして、使わせていただいています。宅内工事も自社で担当させていただいています」 遠藤 「GPONってあまり聞かない言葉ですよね。他国では使われているんですか?」 会田 「じつはグローバルだと結構使われているんですよ。ヨーロッパやアメリカ。中国もそうですね。ところが面白いことに、GPONは下り最大2.5Gbpsまで出るのに、そんなスピードで使っている事業者はどこにもいないんですよ」 海外ではポピュラーな通信規格「GPON」の性能をめいっぱい使うことで、これまでの通信速度限界を超えたサービスの提供に成功した 海外ではポピュラーな通信規格「GPON」の性能をめいっぱい使うことで、これまでの通信速度限界を超えたサービスの提供に成功した 遠藤 「それはなぜ?」 会田 「みなさん、100Mbpsぐらいのスピードで使われています。理由は、日本以外の市場ではそこまでマーケットが求めていないからなのかもしれません」 コンテンツは日々大容量化している!エンタメを満喫したいなら通信速度アップが正解 遠藤 「ということは、世界で一番スピードを求めているのは日本のユーザーってことですか?」 会田 「そこがポイントでして。先ほど申し上げた通り、ADSLが2M、8Mから始まって最大50Mまでいき、さらに光になっても、お客様の……」 遠藤 「要求は無限大」 会田 「しかも、直近でも実感しているのですが、お客様がインターネットを使うということは、動画を見たり、ゲームのコンテンツをダウンロードしたりと、何か具体的な利用目的があるわけです。それらのコンテンツはどんどんリッチ化、同時に大容量化しています。音楽でもハイレゾになると一気にコンテンツの容量が跳ね上がりました。ハイレゾって、聞いた瞬間にもう戻れないクオリティーですよね。  世の中はどんどん進んでいて後戻りしない。現在は『2Gbpsのサービスなんて、誰がどんなニーズで使うの?』と仰る方もいらっしゃいますが、今後間違いなく必要とされる時代が来る、と。ソニーグループがさまざまなコンテンツビジネスを手がけていることもあり、その流れを実感することが多かったのも事実です」 遠藤 「もうちょっとすると4Kが出てきますよね。しかも4Kストリーミングが。今でもネットのほうが放送よりも4Kコンテンツをたくさん見られるぐらいですからね」 会田 「というわけで、ちょっと失礼な言い方になりますけれど時代のほうが後から追いかけてくるんじゃないかなと。そういう確信もありましたので、やらない手はないなと」 「クオリティーを求める層に『じつは光も横並びじゃなくて、世界最速サービスがあるんだよ』と訴えることは重要」(遠藤) 「クオリティーを求める層に『じつは光も横並びじゃなくて、世界最速サービスがあるんだよ』と訴えることは重要」(遠藤) 遠藤 「うちで以前、テレビに関する調査をしていたら、“(市場に存在するテレビのなかで)一番良いテレビが欲しい”と答えた人が10%いたんです。要するに、その人たちは(機能の)内容に関わらず、自宅の居間にはベストなテレビを置きたい。10%もいるんですよ。すごい国だなと。それに近いですよね。クオリティーを求める層が必ずいる」 会田 「モバイルもどんどん高速化していますが、4Kのコンテンツをフルスクリーンで常時カクカクさせずに同時に大勢の人が見られるかといったら相当厳しいわけです。コンテンツが大容量化するので、速い光に対するニーズは絶対になくならない、むしろ今より顕在化する。これは割と確信を持っていますね。  それが手の届かない料金であれば別ですけれど、今使っているFTTHサービスよりお手軽な価格で手に入る。しかも無線LANもセキュリティーも付いてこの料金ですよとなったら、お客様には前向きにご検討いただけるのではないかと」 アンケート結果に今まで見たことがない言葉が並んでいた 遠藤 「立ち上げから1年経ったわけですが、ユーザーの反応はいかがですか。『速いものを求めているに違いない!』という思いでバーンと参入したわけですが」 会田 「始めてみて1年経った感触としては、思った以上にご支持をいただいているという実感がありますね。特にテレビコマーシャルをやらせていただいて、NUROというサービスに関する認知が広がった後の、お申し込み数の跳ね上がり方が強烈でした。また、開通して実際に使っていただいているお客様方からのアンケート結果に、今まで見たことがないようなコメントがあるんですよ。  例えば、『速さに感動した』とか。あるいは『驚愕した』とか、従来そこまで言っていただいたことはなかった。『時代ってここまで変わったんだ』とシンプルな驚きでした。  そして、もともと僕らが狙っていた、“通信速度が速い”“コストパフォーマンスが高い”という理由で選んでくださっている比率が、他の光ファイバーのユーザーさんに比べて断トツに高いんです」 遠藤 「どんなユーザーさんが多いんですか?」 「NUROユーザーの声には、今まで聞いたことのない言葉が並んでいました」(会田) 「NUROユーザーの声には、今まで聞いたことのない言葉が並んでいました」(会田) 会田 「現在は、関東一都六県で、戸建てまたは2階建て以下の集合住宅が条件で、圧倒的に男性です。年代としては30代から上。どちらかというと40~60代の層で、当初はかなりネットを使い倒していらっしゃる方が多かったですね。やっぱりわかって選んでいらっしゃる。  また既にNUROを使っていただいている方に、サービスの推奨意向、つまり『他の方にNUROをお勧めいただけますか?』とお聞きさせていただくのですけれど、他のサービスに比べて、NUROの推奨意向は圧倒的に高いですね。これはユーザーさんが増えて実感したポイントですね」 遠藤 「年齢も結構高い人が多いということなんですけど、じつは50代、60代のネットユーザーって侮れないですよね。パソコン通信を結構嗜んでいた世代でもあるので。人口的にはもちろん若い人のほうがネットとの親和性が高いんですけど、リタイヤした方々とかものすごいですよ。コマースの利用金額とか」 会田 「お時間もありますし」 遠藤 「アマゾンの利用頻度とか見ると、若い人が多いんだけど、リタイヤした男性の年代でいきなりひゅっと上がるんですよ。この人たちは水から家電製品までなんでも買っているんです。一見、アマゾンで買うのは全世代のように見えるんだけど、そうじゃない。アマゾンのお得意さんは、オタクと60代くらいの方々なんです。  ちなみに、NUROユーザーが感じることができるメリットは何でしょうか。もちろん一番はスピードだと思うんですけど、他に挙げるとすれば」 NUROの接続は、ONUとPCをLANでつなぐだけのシンプルなもの。他社のような専用ソフトなどは必要としない。究極のプラグアンドプレイを実現したFTTHサービスだ NUROの接続は、ONUとPCをLANでつなぐだけのシンプルなもの。他社のような専用ソフトなどは必要としない。究極のプラグアンドプレイを実現したFTTHサービスだ 会田 「NUROユーザーには、『今までインターネット回線を引いていませんでした』という人はいません。基本的には今まで何らかの形でブロードバンドを使っていたお客様ですので、今まで別途構築していた無線LAN環境や、デバイスへのセキュリティー対策費用で節約できた分を他のものに回すことができます。  あとプラグアンドプレイはこだわりました。やはりPCにLANケーブルを挿したらそのまま使えるというのが一番わかりやすいですからね」 「好きな言葉は挑戦。ソニーが長いので、そのDNAかもしれないんですけど」(会田氏) 「好きな言葉は挑戦。ソニーが長いので、そのDNAかもしれないんですけど」(会田氏) NUROユーザーはとにかく機器をネットにつなぎまくる!?PCやゲーム機はもちろん、テレビの接続率まで高い! 遠藤 「加入数などは発表されているんですか?」 会田 「残念ながら。ただ、ぼやっとした言い方で恐縮ですが、昨年4月は発表会なども開催してローンチしたのでかなり良いスタートダッシュを切れたのですが、そのときと比べても、月々の加入者は20倍以上に増えています。  ローンチ時に加入者数の目標を聞かれて、できるだけ早いタイミングで10万加入を目指したいですとお答えしましたが、一応、想定以上のペースで来ている感じです。  ユーザー様の特徴といえば、ネットにつなげる機器の多さもありました。PCにタブレットのほか、意外にもテレビやゲーム機が高いんです。テレビをインターネットにつなげるユーザーはまだまだ少ないと思いますが、NUROは約40%と高い数字になっています」 遠藤 「テレビの接続率は相当高いですね。そしてゲーム機も高いと?」 会田 「先日、“ソネットのサービスを2年間使っていただけたら、PS4がほぼ無料で手に入ります!”というキャンペーンを展開し、それなりの数のお申し込みをいただいたのですが、地域限定のサービスであることを考えるとNUROの比率が圧倒的に多かったですね」 遠藤 「ということは、ある固有のユーザークラスタがいるわけですねえ。ゲームもやっているし、テレビはネットにつないでいるし、タブレットも買っている……名付けてもいいぐらいですね。NURO層とか(笑)」 アップロードが速いのはNUROの売り 会田 「PS4は、自分のプレイを他の人に見せられる“シェアボタン”が受けているのですが、あれはアップロードの機能を使います。NUROは上りもかなり速い(通信速度最大1Gbps)ので違いが出るのではないかと。キャンペーン時のNURO比率の高さには驚きました」 遠藤 「じゃあ、その人たち向けの商品をNUROを使って宣伝しちゃえばいいんだ」 会田 「プレイステーションチームともさまざまな協業の可能性をいろいろ話しています」 遠藤 「いや、もうクルマとか食べ物まで宣伝できると思うんです。例えば、クルマなら少なくともミニバンではなくてロードスターとか。“NUROユーザークラスタが欲しがっているものがある”と思うんですよ。ユーザーがハッピーになるような仕掛けを考えていければいいですよね」 会田 「4Kテレビやハイレゾのウォークマンかもしれませんし、ポテンシャルはソニーグループのなかにもいろいろあると思います。  そして我々は必ず宅内工事の部隊がお客様のご自宅まで行って工事させていただくのですが、例えばリビングルームのネット環境を拝見した上でアドバイスさせていただいたりなど、将来的な広がりは考えられますね」 ワンストップで提供するNUROの場合、ONUの設置まで自社で行なう ワンストップで提供するNUROの場合、ONUの設置まで自社で行なう 遠藤 「なるほど、いいですね! オーディオ雑誌だと、読者のオーディオルームに評論家がお邪魔して、『ああっ、このスピーカーの置き方はなってない!』とかいじりまくってビフォーアフターを見せるような記事があるじゃないですか。あれをAV全体、あるいはPCも含めて“AVi”(笑)。『AVはもう古い、AViだ!』みたいな感じで全部ケアしてあげる、総合ケア会社になっちゃってもいいかもしれないですね」 会田 「結局、リビングルームをどのようにしてさしあげられるかに将来のビジネスチャンスがあるような気がしますね。我々インフラ屋ですので、最終的にはお客様が実現したいいろいろなネットのニーズにできるだけお応えしたいです」 ネットサービスで“イメージカラーが黒”は前代未聞!? 遠藤 「NUROと名付けたところが特徴的だと思うんですよね。イメージカラーを黒にしたりとか」 会田 「NUROのネーミングは脳神経細胞“ニューロン”からなんですね。すごいスピードで細胞と細胞がつながって、信号になって、脳に信号を出したり、逆に脳から信号が出たりという。僕らは人と人、世界と世界、あるいはクリエイターとユーザーを、NUROという世界最速のスピードでつなげたいというのがNUROのネーミングにかけた思いです。  こういったIT系のサービスで良く使われる色はブルー系が結構多いんです。そこをあえてNUROは黒にしようと。ステータスや知性を表す黒。なのでテレビCMもモノクロの世界でいきました」 遠藤 「なるほど、黒がイメージカラーだからスペシャルサイトのテーマもデビルマンなんですね」 デザイン、内容共に先鋭的なNUROのスペシャルサイト「NURO DEVILMAN」。2013年度ニューヨークのADC広告賞にてブロンズを受賞(NURO DEVILMAN (C) GO NAGAI / DYNAMIC PLANNING) デザイン、内容共に先鋭的なNUROのスペシャルサイト「NURO DEVILMAN」。2013年度ニューヨークのADC広告賞にてブロンズを受賞(NURO DEVILMAN (C) GO NAGAI / DYNAMIC PLANNING) 会田 「おかげさまで一連のクリエイティブは広告賞もいただきました。ニューヨークのADC賞でブロンズを。クリエイターさんたちの頑張りのお陰です」 遠藤 「最後に。将来像というか、インターネットライフ、メディアライフはどんな風に変わっていくとご覧になっていますか?」 会田 「インターネットを使う人々の使い勝手がどんどん良い方向に変わるお手伝いをしていたいですね。例えば、ダウンロードが必要なくなる世の中が来るとか……。  高速回線が絶えず存在すれば、手元のデバイスがストレージを持っている必要はないわけです。そういった変化のお手伝いをNUROが提示し続けることができたら、インフラ事業者としてそれに勝る喜びはありません。  僕がソニーに入った頃、ベータカムという、取材者が肩に背負えるビデオカメラを世に出しました。  あれはエレクトリック・ニュース・ギャザリング(ニュースの現場にビデオカメラを持ち込んで撮影すること)といって、今まで現場に持ち込める代物じゃなかったものを、肩に背負えてテープに高画質で撮れるものにしたことで、現場にカメラマンが行って現場の様子を録ってくることによって、取材の在り方を変えるという新しい価値を作り出したのです。  僕らは通信事業者なので、通信という領域で今までになかった新しい価値を作り出していきたいと思っています」 遠藤 「文化を変える。変えるというか、ユーザーが変わることができる材料というか、フィールドというか。そういうものを会田さんは作っているんですね。本日はありがとうございました」 「ソネットさんといえば、幻のソネット端末ですよね。ポケットポストペットより前に試作だけされたはず。確か2種類。今思えば、あれはタブレットだったんですよ」(遠藤) 「えっ、そんな端末があったのですか!(笑)」(会田氏) 「ソネットさんといえば、幻のソネット端末ですよね。ポケットポストペットより前に試作だけされたはず。確か2種類。今思えば、あれはタブレットだったんですよ」(遠藤) 「えっ、そんな端末があったのですか!(笑)」(会田氏) 5月31日まで! NURO1周年ありがとうプレゼントキャンペーン  現在、NUROの公式サイト上にて「NURO1周年ありがとうプレゼントキャンペーン」が実施中。キャンペーンページから応募すると、抽選で「ハイレゾ対応ウォークマン+ワイヤレスステレオヘッドセット」「モンブラン万年筆」「NURO DEVILMANオリジナルトランプ」が当たる。いずれもNUROのイメージカラー黒を基調としたシックなデザインだ。 キャンペーンページから応募すると、抽選でハイレゾ対応ウォークマン+ワイヤレスステレオヘッドセットなどが当たる! キャンペーンページから応募すると、抽選でハイレゾ対応ウォークマン+ワイヤレスステレオヘッドセットなどが当たる! ■関連サイト NURO NURO1周年ありがとうプレゼントキャンペーン

なぜ世界最速サービス「NURO」を作ったのか?

なぜ世界最速サービス「NURO」を作ったのか?
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon