古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

まさに近未来デバイス! Xperia TouchはただのAndroid内蔵プロジェクターじゃなかった

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/05/31
まさに近未来デバイス! Xperia TouchはただのAndroid内蔵プロジェクターじゃなかった © KADOKAWA CORPORATION 提供 まさに近未来デバイス! Xperia TouchはただのAndroid内蔵プロジェクターじゃなかった

 世の中にはたまに思いがけず欲しくなるアイテムというものがあります。自分にとっては、それが去年(2016年)に「MWC 2016」で見たコンセプトモデルの「Xperia Projector」であり、待たされること1年、ついに製品化された「Xperia Touch」です。  「Xperia Touch」というのは、見た目はプロジェクターのようなもので、その映し出したスクリーンにそのまま触れたり、声で操作することで、ひとりはもちろん、家族や友人と一緒に楽しみながらコミュニケーションをとれるXperiaスマートプロダクトの最新モデルです。  コンセプトに惚れて、これは家にあったらかなりおもしろそう! と思いながらもお値段約15万円。さすがに、プロジェクターとスマホが合体したというだけあってなかなかにいい値段です。  価格のハードルを超えてまでも欲しいと思えるかどうか、悩ましいところですが、そのガジェットとしてのおもしろさをまずはじっくりと味わってみたいと思います。 「映し出された映像にタッチできる」単純だけどいままでになかった体験  すでにソニーからは、すぐそばに映像を映し出せるポータブル超短焦点プロジェクター 「LSPX-P1」というものを発売されています。  確かに 「LSPX-P1」を使いながら映し出された画面に触れて操作できればもっと楽しいだろうに! と思っていたこともあり、まさにそれが具現化されたものが「Xperia Touch」というわけです。  しかも、ただ触って操作できるというだけではなく、Androidを内蔵しているので、自分の好きなアプリをインストールして、さまざまな機能を追加できるという点が最大の魅力です。  「Xperia Touch」の本体は四角い箱です。サイズは約69×134×143mm、重さが約932gと非常にコンパクト。従来のプロジェクターのように電源を確保して設置してこともできれば、約1200mAhのリチウムバッテリーを内蔵しているので、大きなタブレットのような感覚で持ち運んで使うこともできます。  電源を入れると、プロジェクター部分から映像がババーンと投射されます。技術的には、ソニーの独自液晶ディスプレイデバイス「SXRD(Silicon X-tal Reflective Display)」と超短焦点レンズが備わっており、床や壁にピッタリくっついた状態では約23型のスクリーンが目の前に現れます。  プロジェクターの性能は、画面解像度が1366×768、明るさは100ルーメン、電動のフォーカス調整(オートフォーカス) 付きです。  100ルーメンというと、さすがに日中の太陽光が差し込むような明るい部屋では見えづらさもあるものの、一般的な家庭の照明であれば十分に見えるレベルです。意図的に少し暗めな環境をつくってあげれば、随分とクッキリハッキリと見えます。  そして、映し出されている映像はAndroidのホーム画面と何らかわりなく、その画面に触れて操作できます。しかも、タッチの感度は想像しているよりも反応がとてもよく、ストレスなく操作できます。  投射されている場所はあくまでも床や机。それをわかっていても、目の前にあるスクリーンが自分のタッチ操作で思い通りに動くということがとても新鮮です。  昔、小さい頃にアニメやSF映画にあったような、あの世界観が手元にあるようで相当にテンションがあがります。 Android 7.0を搭載だけど並みのAndroid端末とは全然違う!  メニューをみてもわかるとおり、できることはAndroid端末そのもの。「Xperia Touch」には、Android 7.0がそのまま備わっているので、巨大なAndroid端末を使っている気分と言ったらいいでしょうか。  アプリをインストールするも、設定を変更するも、これらもすべていつものAndroidスマホを使っている感覚と何ら変わりありません。ただし、プロジェクターである分、感動具合は別物です。  「なんだそんなことか」と思う人もいるかもしれません。ところが、これがアプリを使ってみると、「スマホと一緒」程度では済まないことがわかります。  たとえば、飛んでくるフルーツを指でフリックして切ってプレイするゲームアプリ「Fruit Ninja」を遊んでみても、目の前にある大きな画面に飛び交うフルーツと爆弾、触れちゃいけない爆弾をよけながらフルーツをスパっと切り落とす感覚がなんと楽しいこと。  いつも片手に収まるスマホの小さな画面でチョイチョイと操作するのとは違い、本当にフルーツをぶった切る振り抜きった時の気持ちよさ! 日頃のうっぷんをはらすごとく、コノ! コノ! コノーー!!! とムキになってフルーツ切りおとしてストレス発散できます。  どうして投射された画面に指で触れて動くのか? というと、「Xperia Touch」本体から赤外線とカメラを組み合わせて毎秒60フレームのリアルタイム検出をして指でタッチした操作を認識するという仕組み。  この認識レスポンスのよさもさることながら、最大10点のマルチタッチの認識もできるのですが、このスゴさは音楽打楽器アプリで実感します。  ピアノアプリは、投射されている大きさ的に、本物のサイズ感と似ていて、指でダララララランと流れるように鍵盤を流して弾いたり、同時に鍵盤をたたいて和音を出したり。当然打鍵感があるわけではありませんが、ピアノを弾いているような感覚に近く楽しさ倍増です。  ドラムアプリも同じく、スチャスチャドコドンドコドン♪と、ノリノリで叩いている自分がいます。実際は机の上を……。いやいや、音ゲーもパズルゲームも楽しさがスマホと別次元の楽しさがあります。 多彩な各種ワイヤレスやセンサーを搭載microSDカードトレイには気になる箇所が  Android端末としてのスペックはCPUがSnapdragon 650、メモリーが3GBで、ストレージが32GB。Snapdragon 650は、ミドルレンジ向けのプロセッサーとなりますが、極度に重いアプリでなければ問題なく動きます。実際にアプリをいじくり回してみたところでもストレスはまずありませんでした。  通信系はBluetooth 4.2やIEEE 802.11a/b/g/n/ac、NFCが利用可能。約1300万画素のカメラや2WAYスピーカーも搭載しています。  センサー類は、マイク、加速度、地磁気、GPS、ジャイロ、照度、気圧、気温、湿度、人感までを備えているので、もう立派なAndroid端末です。  底面には、USB Type-C(PD対応)を備えており、ここから給電・データの転送も可能です。このUSBポートは15Vの電圧に対応するようになっています。  後述しますが、入力用のmicroHDMI端子も備えているので、Androidとしてだけではなく、別の再生機器からの映像を出せるという、一般的なプロジェクターのような使い方もできるのも魅力のひとつです。  背面の上部分に見えるのが、トレイ式のmicroSDカードスロットです。形状としては「Xperia XZ」などのものとよく似ています。ここに載せられる外部メモリはmicroSDで、最大256GBのmicroSDXCまで対応しています。  ものすごく気になったところが、トレイにあるnanoSIMがピッタリ載せられる部分です。もちろん切り抜かれておらずダミー的な切り欠きとも言えるのですが、万が一にも将来的にSIMが載せられたりするモデルがあると、外に持ち出して使える「Xperia Touch」なんてのもありえそうです。プロジェクターを外でという時点で相当無理がありますが……。 最大80型の巨大スクリーンに圧倒離して使うときはBluetooth機器があると便利  今度は「Xperia Touch」を壁面にむけてみます。壁に投射する場合は、壁面から置く位置を離して25cmくらいのところで最大の80型で投影できます。  大画面にする場合は光量が弱くなるため、より部屋を暗くすることを意識する必要があります。しかも、大きく引き伸ばすとタッチの検出もできなくなるため、操作をしようとするとかなり戸惑います。  いくらプロジェクターとはいえ、あくまでもAndroidですので、画面を操作しなければならなりません。そのたびに、本体を動かし、ディスプレーを小さくしてタッチして、また大画面にするために位置を置き換えるというのは非常に面倒です。  MWCでのデモンストレーションではジェスチャー操作でコントロールもできるようでしたが、「Xperia Touch」の製品版にはその機能は搭載されていないようです。  どうすればベターなのか? と少し悩みましたが、よくよく考えればBluetoothのコントローラーやキーボード、マウスなどを使えば一発解決です。仮に80型で使うとなれば、画面から離れて視聴することがあたりまえなので、こうした周辺機器といっしょに使えば快適そのもの。 参考Xperia周辺機器記事 ・Bluetooth携帯リモコンはXperiaで便利に使える?:Xperia周辺機器 ・スマホとセットで持ち歩けるキーボード「IC-RF03」:Xperia周辺機器 ・薄く軽く入力しやすいモバイルキーボード「BSKBB500BK」:Xperia周辺機器  「PlayStation 4 Remote Play」もプレイしてみました。こちらはもともと「ワイヤレスコントローラー (DUALSHOCK 4) 」をBluetoothで使える仕様になっているのでまるで困ることもありません。  感想はひと言「これはヤバイ」です。PlayStation 4からネットワークを経由して大画面に出力してプレイできると、これがまた感動モノです。  普段はリビングのテレビにつないでいるPlayStation 4が、突如寝室で巨大なスクリーンとなってゲームできると考えてみるこの体験は、まずいままでにはそうそうに実現できなかったシチュエーションで、それが「Xperia Touch」ひとつで(厳密にはコントローラも)可能になります。  テスト中に接続する相手がいなくてものすごく寂しい絵になっていますが、Skypeについてはビデオチャットする相手の姿がスクリーンにバーンと映し出されながら会話できます。これもよくSF映画でみたワンシーンのようで、ウキウキします。 HDMI入力でカメラからすぐに映像を出せるのもうれしい音声アシスタントは「Xperia Ear」ゆずりの萌える声  さらに、「大画面楽しい!」を活かせるところがHDMI入力端子からの再生です。何しろバッテリーを備えた「Xperia Touch」だけに、使用する場所を問いません。カメラやビデオカメラで撮った写真や動画を、持ち出した親戚や友人の家で大画面にして見る。なんてことがいともカンタンにできてしまいます。  しかも、スリープ復帰までの待ち時間もほぼ皆無で。一般のプロジェクターでありがちな妙な待たされる「間」がないということは、プレゼンテーションをする際の興味を削がないようにできます。  ほかにも「Xperia Touch」独自の機能として、ボイスコントロールがあります。「Hi Xperia(ハイ エクスペリア)」と話しかけると音声認識を開始して、「今日の天気は?」や「ニュース教えて?」などと問いかけるとと、音声とスクリーンとのダブルで情報を教えてくれます。  日時確認、アラーム、ルート検索、スケジュール確認、今日の予定などの情報検索をしたり、音楽再生やアプリケーションの起動もできます。  声の主は「Xperia Ear」と同じく声優の寿美菜子さんで、情報を読み上げてくれながら、投射されたスクリーンには項目も現れて、目と耳の両方から今日1日のニュースなど知りたい情報をチェックできるあたりかなり至福の時だったりします。  ちなみに、Googleアプリの音声検索(OK Google)にも反応してくれるので、状況によって使いわけもできます。 投影スペースの確保が大きな課題バッテリーはもう少しもってほしい  ただ、実際はいいところばかりではなく、使っていてのあえての難点をあげるとすれば、たしかにタッチ感度は良いもののその映し出したところにモノが置いてあったり、障害物が入っていると思いっきり誤動作を起こします。  これは認識方法からすればごく当たり前のことなのですが、「Xperia Touch」を置いたところから投射されるまでそこそこのスペースを必要とするため、広いテーブルや床であれば問題ないものの、意外と自宅ではそのスペースを確保することに苦労しました。  それから、バッテリー駆動できる時間がやや短いこと。公称値通り、およそ1時間程度の連続使用は大丈夫なのですが、やはり使って夢中になっていると1時間はあっという間で、せめて2~3時間、映画1本分くらいはもってくれるともう少しゆとりがあるのになと感じました。  あとは要望ですが、Wi-Fiだけでなくモバイル通信もできればということです。外で使ってみたいということもあれば、たとえば自宅でもWi-Fiルーターから離れた場所では電波がギリギリ入らないなんてことも考えられるので、そういった時の補助的な役割としてもモバイル通信があればより安定して使えます。 楽しすぎる近未来デバイス「Xperia Touch」で感動せよ!  最後は好き勝手に書いてしまいましたが、使う前に一番心配していたタッチ精度は予想外にレスポンス良く、新しいXperiaタブレットが出ないいま、近未来的な大画面スクリーンで操作できる楽しさは他に代替えが見当たりません。  大画面に2次元嫁を映し出すもよし、プラネタリウムにして彼女とイチャつくもよし、あとはアプリや使う側のアイデア次第でもっと楽しいアイテムにかわることは間違いないと思われます。  予約販売は6月9日より、ソニーストアならびに一部家電量販店で開始予定!  この感動をキミに!! ■関連サイト ソニーモバイル ソニーが基本的に好き。 Xperia on ASCII

まさに近未来デバイス! Xperia TouchはただのAndroid内蔵プロジェクターじゃなかった

まさに近未来デバイス! Xperia TouchはただのAndroid内蔵プロジェクターじゃなかった
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon