古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

もうデジカメはいらない!? ライカの高級レンズを採用した「HUAWEI P10 Plus」を衝動買い!

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/07/26
もうデジカメはいらない!? ライカの高級レンズを採用した「HUAWEI P10 Plus」を衝動買い! © KADOKAWA CORPORATION 提供 もうデジカメはいらない!? ライカの高級レンズを採用した「HUAWEI P10 Plus」を衝動買い!

Leicaレンズの歴史的名器である「SUMMILUX」を冠した世界初のスマホ「HUAWEI P10 Plus」 Leicaレンズの歴史的名器である「SUMMILUX」を冠した世界初のスマホ「HUAWEI P10 Plus」  発売日に「HUAWEI P10 Plus」を衝動買いした。そう言えば、なぜかHUAWEI製品に関しては、最初の「P9」、その次の「mate9」のいずれも商品発売日にヨドバシ・ドット・コムで衝動買いしている。今は、すでに手元にないP9もmate9も筆者の友人の元で大活躍中だ。 ライカレンズを搭載する最新スマホ「HUAWEI P10 Plus」  今回紹介するP10 Plusは、ちょうど1年前の2016年6月に出荷のはじまったP9の後継機種だが、スペック的にもかなりの進化が見られる。  プロセッサーは「HUAWEI Kirin 960 オクタコア」(4×2.4GHz A73+4×1.8GHz A53)、RAM 4GB、ストレージ 64GB、microSDカード最大容量は256GBとなっている。  またバッテリー容量は3750mAh、画面サイズも5.5インチ(1440×2560ドット)となった。ライカとの共同開発が話題になったデュアルレンズも第二世代となり、モノクロセンサーの画素数が1200万画素から、2016年末に発売されたmate9と同じ2000万画素に向上。  さらに2000万画素の画像を1200万画素に切り出すことで2倍ズームができる「2倍ハイブリッドズーム」機能も搭載された。  P10 PlusはF1.8の明るい「SUMMILUX-H1:1.8/27 ASPH」レンズを搭載し、薄暗い場所でもよりノイズの少ない撮影が可能となった。 まだ2回しか買っていないけど、Pシリーズは筆者の知る限りいつも白箱 観音開きのパッケージは初めて体験した まだ2回しか買っていないけど、Pシリーズは筆者の知る限りいつも白箱 観音開きのパッケージは初めて体験した  発売されたばかりの白箱に入ったP10 Plus (Greenery)が届いたのは先月の6月13日だった。確かP9の時もパッケージは白箱だった。対してmate9は黒箱だった。  どうもHUAWEIはライカとの共同開発のカメラを搭載したPシリーズとmateシリーズの2つのスマホを毎年6月と12月に発売するつもりのようだ。  最初のP9は2016年6月。続いて筆者が購入したmate9は2016年12月。この順番で行くと、2017年の年末にはmate10が発売され、2018年6月にはP11とP11 Plusが発売される予想だ。  年末に登場したmateのいいとこ取りをしたPモデルが翌年の6月に発売になるのではないだろうか。 純正ケースが付属するも……ありがたいが使わず HUAWEIのスマホは、毎回専用ケースがバンドルされていていいのだが、筆者の好みの手触りではないので、いつも宝の持ち腐れになってしまっている HUAWEIのスマホは、毎回専用ケースがバンドルされていていいのだが、筆者の好みの手触りではないので、いつも宝の持ち腐れになってしまっている  今回のP10 Plusも同様だが、筆者がこれまでに買ったP9、mate9、P10 Plusにはなぜか毎回純正のカバーが標準付属している。  P10 Plusも最初は純正の付属ケースを使用していたが、どうしても多少硬くて滑りやすいので、いつものTPU(ウレタン樹脂)系の滑りにくい柔らかいタイプを超安価で購入して交換してしまった。  他の付属品は、ACアダプターやType-Cケーブル、イヤフォン、取説だ。 筆者好みの安物のTPU製の柔軟なカバーを被せた、今年のトレンドカラー「グリーナリー」モデル 筆者好みの安物のTPU製の柔軟なカバーを被せた、今年のトレンドカラー「グリーナリー」モデル  過去、スマホの本体カラーに関しては、まずは黒かシルバー、たまにゴールド、いずれもがなければホワイト系を購入するのが筆者のパターンなのだが、今回はミーハーにも、米国パントンが2016年に発表した2017年のトレンドカラーでもある「グリーナリー」(イエロー・グリーン)のP10 Plus用を間違ってクリックしてしまった。  しかし、よく似たデザインばかりになってきた昨今だが、明確に自分のスマホが遠くからでも区別つくので結果的には満足している。 昨年末からつい先日まで愛用していた一回り大きなmate9(左)。搭載レンズは「、Leica SUMMARIT H1:2.2/27 ASPH」 昨年末からつい先日まで愛用していた一回り大きなmate9(左)。搭載レンズは「、Leica SUMMARIT H1:2.2/27 ASPH」  これまで使っていたmate9の液晶サイズは5.9インチ(1080×1920ドット)と大きく、それに比例して本体サイズも多少大きいが、解像度の観点からはP10 Plusは進化している。  ほぼ同時期に筆者は「Samsung Galaxy S8 Plus」を購入しているが、スマホ本体、そしてカメラとしての相対的な性能や機能は明らかにGalaxy S8 Plusが先を行っている。  しかし、進化が早急すぎるのか、いろいろトラブルの種も多そうだと言うのが筆者の印象だ。今も、筆者のGalaxy S8 Plusは修理のために戻っている。 左から、筆者愛用の「iPhone 7 Plus」「HUAWEI P10 Plus」「Galaxy s8 Plus」。トータルパフォーマンスはGalaxyが群を抜いているが、今はトラブルで修理中 左から、筆者愛用の「iPhone 7 Plus」「HUAWEI P10 Plus」「Galaxy s8 Plus」。トータルパフォーマンスはGalaxyが群を抜いているが、今はトラブルで修理中  現在、筆者が愛用しているプラスシリーズの特徴をそれぞれ一言で言うなら、「ひとまず安定のiPhone 7 Plus」「Leicaとの共同開発のカメラ機能が光るP10 Plus」「最先端で圧倒的だがトラブルの種の多いGalaxy S8 Plus」という感じになる。 撮った後でピントや絞りを調整できる「ワイドアパチャー」を使ってみる  P10 Plusのスマホとしての概要や使い勝手はすでに多くのメディアに紹介されているので、ここではライカと共同開発された第2世代のSUMMILUX-H1:1.8/27 ASPHの撮影結果や先進の「後からピント」や「後から絞り」の「ワイドアパチャー効果」、そして今後の課題を考えてみたい。  ワイドアパチャー効果に関しては、以前、本連載で紹介した「HUAWEI P9」の内容も参照していただきたいが、。2016年6月のP9と年末のmate9では「Leica SUMMARIT H1:2.2/27 ASPH」とスマホカメラの側に記述されていたレンズ名が、P10 Plusでは「SUMMILUX-H1:1.8/27 ASPH」という表記に変更されている。  「SUMMARIT」から「SUMMILUX」に名称が変わり、レンズの明るさも2.2から1.8に向上している。値段がレンズのすべてではなく、実際のLeicaカメラ用のレンズのラインナップと直接関係はないと思うが、より高級なSUMMILUXという名を冠した限り、何か違いがあるのかもしれないという期待感が否が応でもP10 Plusの商品価値を高めていることは確かだろう。  P9登場時から話題のワイドアパチャー効果は、一言で言ってしまえば、前述した「後からピント」「後から絞り」の変更ができるというのが一番的確な表現だ。  P10 Plusを使用して写真を撮る際に、「ワイドアパチャーモード」を選択してから撮影することで、撮影後のギャラリーに入っている写真にもその効果を後から利用できる。 P10 Plusのワイドアパチャーモードで撮影した写真は、撮影後でもワイドアパチャー効果を使って、「後からピント」と「後から絞り」を自由自在に実現できる P10 Plusのワイドアパチャーモードで撮影した写真は、撮影後でもワイドアパチャー効果を使って、「後からピント」と「後から絞り」を自由自在に実現できる  撮影後、ワイドアパチャーモードで撮影した写真に触れると、最上段にカメラの絞りのマークの形をした“絞りアイコン”が表示される。  そのアイコンをタップすることで、すでに規定のピント位置、絞りで撮影した写真のピント位置や絞り値を自由に変更できるのだ。 撮影時はワンコの鼻先にフォーカス。絞り値は4.0だった 撮影時はワンコの鼻先にフォーカス。絞り値は4.0だった  まず上段の絞りアイコンにタップした時に表示されるのは、フォーカス位置を示す黄色い円とその中にレンズ絞りのアイコン、写真の欄外下には絞り値を0.95~16まで切り替えられるスライドバーだ。  実際にスライドバーをスライドしてみると、写真上の絞りアイコンがアニメーションして開閉するのが分かる。  この“フォーカス位置”と“絞り値”の2つの要素を利用して、すでに撮影済みの写真の見栄えを自由自在に変更できるのだ。 絞り値を0.95にしてみた、背景もワンコの輪郭までキレイにボケが効いてきた 絞り値を0.95にしてみた、背景もワンコの輪郭までキレイにボケが効いてきた  まず最初はフォーカス位置を我が家の愛犬「ボビー」の鼻先に設定して、絞り値のスライドバーを左一杯までスライドさせて絞り値0.95に設定すると、ボビーのフォーカス位置である鼻の周囲を除いて、背景はもちろんのこと、顔の輪郭までもが綺麗にボケているのが分かるだろう。 絞り値を16にしてみたところ、普通のスマホ写真のように全ポイントにピントの合ったパンフォーカス写真になった 絞り値を16にしてみたところ、普通のスマホ写真のように全ポイントにピントの合ったパンフォーカス写真になった  続いて、フォーカス位置は鼻のまま、絞り値を右側一杯の16まで絞ると、パンフォーカスになり、写真全体にピントの合った典型的なスマホ型の写真を表示できる。もちろん、気に入った写真ができ上がればいつでも保管できる。  では、フォーカス位置による写真の変化を見てみよう。まず、フォーカス位置を鼻から少し下の胸の辺りに移動し、絞り値を2.8くらいに設定。 フォーカスポイントをワンコの鼻先から胸のあたりに変えてみたが、この程度ではあまり変化はない。絞り値を被写界深度の比較的浅い2.8にしたので、背景と手前がキレイにボケている フォーカスポイントをワンコの鼻先から胸のあたりに変えてみたが、この程度ではあまり変化はない。絞り値を被写界深度の比較的浅い2.8にしたので、背景と手前がキレイにボケている  しかし、この程度ではほとんどフォーカス位置による画像の変化は見られないが、背景のボケ方が自然な雰囲気となった フォーカスポイントをワンコのはるか手前のフローリングの床にしてみた。ワンコも背景の扉も床も壁も段階的にボケている フォーカスポイントをワンコのはるか手前のフローリングの床にしてみた。ワンコも背景の扉も床も壁も段階的にボケている  続いて絞り値は同じで、フォーカス位置をボビーの揃えた両手の延長上の手前一杯まで移動すると、ボビーも背景も柔らかくボケた写真を作り出すことが可能だ。  最後に、絞り値は同じで、フォーカス位置を背景の扉の横、廊下の壁辺りに移動する。 フォーカスポイントを背景の壁紙に合わせてみた。当然、もっとも手前のフローリングの床が大きくボケた写真になる。壁に近い背景の扉はちょっとゆるいフォーカスで期待通りの結果だった フォーカスポイントを背景の壁紙に合わせてみた。当然、もっとも手前のフローリングの床が大きくボケた写真になる。壁に近い背景の扉はちょっとゆるいフォーカスで期待通りの結果だった  フォーカスポイントから少し離れた扉、中間にいるボビーだが、手前のフローリングの床の順番でボケ度が高くなっていくのが分かる。  このように、ワイドアパチャー効果を利用することで、撮影済みの写真のピント位置や絞り値を事後に自由に変更して、最適の写真ができ上がったら、画面の右上にあるフロッピーディスクアイコンをタップして、ピント、絞り値を調整済みのベストな写真をメモリーに書き出す事ができる。 面白いワイドアパチャーだが抜けの認識が甘いという欠点も……  筆者はHUAWEI P10 Plusと同時に、iPhone 7 Plusも使用している。両者のカメラ機能で実際にできることを見てみると、P10 Plusのワイドアパチャーモードの方が、iPhone 7 Plusのポートレートモードよりも機能的にもエンターテイメント的にも一歩も二歩も先を行っていることが分かる。  しかし、ワイドアパチャーモードも今の時点で、完璧で何も問題ない……と言えば明らかに嘘になる。さまざまなシーンで沢山のワイドアパチャーモードの写真を撮影すれば、結構な確率で不都合な事も起こってしまう。 背景の建物にフォーカスしたが、一番左の鉄格子の周囲の背景建物のフォーカスが甘くなっている。左端の鉄格子の下半分になぜかピントが…… 今度は逆に、手前の鉄格子にフォーカスしてみたが、先ほどとは逆に左端の鉄格子のフォーカスが甘い(当然の成り行きだが) 背景の建物にフォーカスしたが、一番左の鉄格子の周囲の背景建物のフォーカスが甘くなっている。左端の鉄格子の下半分になぜかピントが…… 今度は逆に、手前の鉄格子にフォーカスしてみたが、先ほどとは逆に左端の鉄格子のフォーカスが甘い(当然の成り行きだが)  たとえば大きな枠組の鉄格子を通して遠方を撮影する時など、遠方の景色にフォーカスを合わせて、手前の鉄格子をボケさせるのはよくある手段だが、遠方の景色にフォーカスした場合にも、鉄格子と接した遠方の景色が変にボケたり、逆にフォーカスを合わせたい鉄格子が均等にフォーカスしないなどの問題が発生する。 バスの標識が人だと思えば、基本的にはポートレートモードで撮影したのと類似した処理を行なう。人の体や顔に背景が透けて見える隙間などはある訳がないので、このように「22」の数字の左上の細い隙間は背景だと認識しておらず、ピントがバッチリ。ある程度の面積のある下の凹型の空間は遠景だと理解し処理したようだ バスの標識が人だと思えば、基本的にはポートレートモードで撮影したのと類似した処理を行なう。人の体や顔に背景が透けて見える隙間などはある訳がないので、このように「22」の数字の左上の細い隙間は背景だと認識しておらず、ピントがバッチリ。ある程度の面積のある下の凹型の空間は遠景だと理解し処理したようだ  この現象は基本的に、近接するフォーカスエリアにある物の中の一部が抜けていたり、極めて細いスリットがあり、遠景がその隙間から見える場合には100%発生する。  近所のバス停の標識をワイドアパチャーモードで撮影すると、フォーカスポイントである標識のそばにある大きな抜けは、システムが明快に判断して遠景だとしてボケの処理をぬかることはないが、細い隙間はフォーカスエリアの一部だと思ってピントをしっかりと合わせてしまう。 こういう被写体は支柱にフォーカスして撮影しても、当然のようにシステムは混乱する はじめから撮影が完璧にできていないのだから、フォーカスポイントを背景に移動しても逆の不具合が発生するだけとなる こういう被写体は支柱にフォーカスして撮影しても、当然のようにシステムは混乱する はじめから撮影が完璧にできていないのだから、フォーカスポイントを背景に移動しても逆の不具合が発生するだけとなる  これらとよく似た不都合は、たとえば近接する金網越しに遠景をワイドアパチャーモードで撮影する場合にも当然のように起こってしまう。  これらは将来的にワイドアパチャーモードの撮影・再生システムの改善で補正できるものなのか、ここらあたりがソフトウェアの限界なのか、筆者にはよく分からない。  もちろん、この手の現象は撮影者側が少し注意することで全面的に回避できる可能性も高い。こういう現象を踏まえても、現在のHUAWEI P10 Plusの撮影機能は、多くのスマホカメラの中でも群を抜いて素晴らしいことは間違いないだろう。 ライカのデジカメ「Leica Q」と画質を比較…やっぱりデジカメのほうが高画質 名前を聞くだけでもワクワクしてくるSUMMILUX。初心者がSUMMILUXを搭載している「Leica Q」とP10 Plusを感覚的に比べてみた 名前を聞くだけでもワクワクしてくるSUMMILUX。初心者がSUMMILUXを搭載している「Leica Q」とP10 Plusを感覚的に比べてみた  さて最後に、ワイドアパチャーモードで撮影したSUMMILUX-H1:1.8/27 ASPH搭載のP10 Plusの写真と、同じブランド名の「SUMMILUX 1:1.7/28 ASPH」レンズを搭載したフルサイズデジカメ「Leica Q」の写真を比べてみた。  Leica M+初代のSUMMILUX-M 1:1.4/50mmや、最新のSUMMILUX-M 1:1.2/50mm ASPHで比較するのもいいとは思ったが、カメラ素人の判断で画角の近いLeica Qの28mmで撮影したサイズ調整した画像と比べてみた。  どちらがLeica QでどちらがHUAWEI P10 Plus with SUMMILUX-H1:1.8/27 ASPHかはおわかりだと思う。  自転車の画像では、HUAWEI P10 Plusは手前の葉の隙間から見える遠景に、前述したボケ処理の不都合が少し発生。  路地の写真では、ネットリとした油絵的なLeica本来の味を出している写真と、あっさりとした雰囲気の写真になっているHUAWEI P10 Plusの違いがわかってなかなか楽しい。 「HUAWEI-P10」のオリジナル写真 「HUAWEI-P10」のオリジナル写真 「LEICA-Q」オリジナル写真 「LEICA-Q」オリジナル写真  しかし、たかだか7万円前後のスマートフォンに搭載されたカメラの写真としては驚きに値する。 撮影旅行でない限りは写真はHUAWEI P10 Plusで十分!  先月末に友人家族と5日間ほど台北~台中を旅行したが、人生で初めてスマホ(HUAWEI P10 Plus)以外のカメラを持っていかなかった。  スマホに内蔵のカメラの画期的進化とデジイチのサイズや重さ、登場の機会などを総合的に考えての判断だった。  今後も、明快な“写真撮影旅行”などではない限り、出張や友人や家族旅行では、従来型カメラの出番はますます減少すると感じた次第だ。  旅行から帰ってP10 Plusで撮影した写真を改めて見て、ますますその気持は強まった。 今回の衝動買い アイテム:HUAWEI P10 Plus 価格:ヨドバシ・ドット・コムにて7万7550円で購入 T教授  日本IBMから某国立大芸術学部教授になるも、1年で迷走開始。今はプロのマルチ・パートタイマーで、衝動買いの達人。 T教授も関わるKOROBOCLで文具活用による「他力創発」を実験中。

もうデジカメはいらない!? ライカの高級レンズを採用した「HUAWEI P10 Plus」を衝動買い!

もうデジカメはいらない!? ライカの高級レンズを採用した「HUAWEI P10 Plus」を衝動買い!
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon