古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

より広いユーザー層を想定した日本産スマホ「arrows Be F-05J」登場 6月1日発売

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/05/24
より広いユーザー層を想定した日本産スマホ「arrows Be F-05J」登場 6月上旬発売予定: arrows Be F-05J。左からRed、Black、White © ITmedia Mobile 提供 arrows Be F-05J。左からRed、Black、White

 NTTドコモは5月24日、富士通コネクテッドテクノロジーズ製Androidスマートフォン「arrows Be F-05J」を6月1日に発売することを発表した。

 F-05Jは2016年夏モデルの「arrows SV F-03H」をベースに、ボディーデザインの一部とOSを変更したモデルとなる。米軍の物資調達基準である「MIL規格」をクリアしたボディーは、2016年冬モデルの「arrows NX F-01J」で追加された1.5mの高さからコンクリートの床に落下させるメーカー独自試験にもパスしている。

 プロセッサはQualcommの「Snapdragon 410」(CPU部は1.2GHz×4コア)を採用。メインメモリは2GB、内蔵ストレージは16GBで、外部ストレージは最大256GBのmicroSDXCに対応する。ディスプレイは約5型でHD(720×1280ピクセル)解像度のIPS液晶を搭載する。バッテリー容量は2580mAhで、ユーザーによる交換には対応していない。アウトカメラは約1310万画素、インカメラには約500万画素のセンサーを採用している。OSはAndroid 7.1をプリインストールする。

 モバイル通信では、ドコモのLTE-Advancedサービス「PREMIUM 4G」には対応せず、下りの最大通信速度は150Mbps(理論値)となる。無線LAN(Wi-Fi)はIEEE 802.11a/b/g/n(2.4GHz帯・5GHz帯)に対応している。

 テレビはワンセグの受信に対応し、本体内に受信用ホイップアンテナを内蔵している。おサイフケータイ(モバイルFeliCa)にも対応する。生体認証機能は搭載していない。

 ボディーはIPX5/8等級の防水性能とIP6X等級の防じん性能を備え、MIL規格のうち14項目に準拠している。カラーは「より広いユーザー層を想定して」(関係者)Red、Black、Whiteの3色をそろえた。

●実機画像(Red)

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon