古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

より薄くなったモトローラの「Moto Z2 Play」、6月29日発売 Moto Modsの新製品も

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/06/20
より薄くなったモトローラの「Moto Z2 Play」、6月29日発売 Moto Modsの新製品も: 「Moto Z2 Play」のルナグレー © ITmedia Mobile 提供 「Moto Z2 Play」のルナグレー

 モトローラ・モビリティ・ジャパンは、SIMロックフリースマートフォンの新製品「Moto Z2 Play」を6月29日に発売する。価格は5万3800円(税別、以下同)。カラーはルナグレー、ファインゴールド、ニンバスの3色展開。

 Moto Z2 Playは、厚さ5.99mm(最薄部)のスリムなボディーが特徴のAndroidスマートフォン。前モデルの「Moto Z Play」から厚さは1mm薄く、重さは20g軽くなった。ディスプレイは5.5型フルHD(1080×1920ピクセル)のSuper AMOLEDを搭載しており、撥水(はっすい)性のナノコーティングを施した。

 メインメモリは4GB、内蔵ストレージは64GB。バッテリーは3000mAhで、約15分の充電で最長8時間の駆動が可能になる充電器が付属する。3GとLTEのデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)にも対応している。

 Motorola独自の操作法として、端末を持ちながら手首をひねるとカメラが起動、手を振り下ろしてライトが点灯といった操作が可能。ディスプレイ下のボタンには指紋センサーを搭載しているほか、ホームボタンとしても利用でき、左スワイプで戻る、右スワイプで最近使ったアプリの確認ができる。指紋を登録していれば、ホームボタンの長押しでスリープ状態にもできる。画面下部のナビゲーションキーをなくし、画面いっぱいに表示できるようになった。夜間になると、目に優しい暖色系の画面に自動で変更する「ナイトディスプレイ」も採用した。

 アウトカメラにはF1.7、1200万画素カメラを搭載。暗い場所でも素早くピントを合わせられるよう、レーザーAFにも対応させた。

 背面にさまざまなモジュールを接続して機能を拡張できる「Moto Mods」にも対応し「JBL Sound Boost Speaker」や「Hasselblad True Zoom」など既存の製品も利用できる。

 Moto Modsの新製品として、3490mAhのバッテリーを搭載した「Turbo Powerパック」、ワイヤレス充電(Qi規格)が可能な背面カバー「ワイヤレス充電キャップ」を発売する。Turbo Powerパックは7月1日発売で9800円、ワイヤレス充電キャップは7月中旬発売で4680円。

 さらに、モトローラ・モビリティ・ジャパンのダニー・アダモポウロス社長が、「GAMEPAD(ゲームパッド)」のMoto Modsを2017年夏の終わり頃に発売する計画であることを明かした。スマホに装着すると左右にコントローラーが現れ、画面を横向きにして操作できる。2本のコントロールスティック、Dパッド、4つのアクションボタンが付いている。バッテリーも内蔵している。

 既存のMoto Modsでは、10倍光学ズーム付きのカメラユニット「Hasselblad True Zoom」が特に人気で、32.2%のユーザーが使用しているという。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon