古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

アカデミー賞主演男優賞&脚本賞受賞、『マンチェスター・バイ・ザ・シー』予告編&ポスター

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/03/22 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 第89回アカデミー賞で主演男優賞と脚本賞を受賞した『マンチェスター・バイ・ザ・シー』より、予告編とポスタービジュアルが公開された。

 本作は、マット・デイモンがプロデュース、『マーガレット』のケネス・ロナーガンが監督・脚本を務めた人間ドラマ。ボストン郊外で便利屋として生計を立てるリー・チャンドラーが、兄の死をきっかけに故郷“マンチェスター・バイ・ザ・シー”へと戻り、16歳の甥の面倒を見ながら過去の悲劇と向き合っていく模様を描く。

 このたび公開された予告編は、アフレック演じる主人公リーが、突然の兄の訃報を受け、戻りたくなかった故郷マンチェスター・バイ・ザ・シーへと帰ってくるところから始まり、後見人になることになった甥のパトリックと過ごす日々や元妻のランディと再会する様子などが描かれている。

 あわせて公開されたポスタービジュアルには、“言えない傷も、忘れられない痛みも。その心ごと、生きていく。”というコピーとともに、悲しげな表情で向き合いながら海辺に佇む、アフレック演じるリーとウィリアムズ演じる元妻ランディの姿が捉えられている。

 当初は監督・主演も務める予定だったプロデューサーのデイモンは、「これは、人々の心にずっと残る映画だ。力ある役者と脚本、演出によって、この映画は忘れられないものになった。」と大絶賛。一方のアフレックは、主演男優賞を受賞した第89回アカデミー賞授賞式の壇上で「チャンスを与えてくれてありがとう」とデイモンへ心からの感謝を贈った。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon