古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

アクターズスクールへの私怨? AKB48総選挙の沖縄開催の裏にあった、秋元康の“大失敗

サイゾー のロゴ サイゾー 2017/05/04
© Cyzo 提供

 毎年恒例となっているAKB48選抜総選挙。今年の開票イベントは6月17日、沖縄県豊見城市の豊崎海浜公園・豊崎美らSUNビーチで開催される。

 地方での開催は、前々回の福岡、前回の新潟に続いて3回目。過去2回はいずれも姉妹グループの本拠地だったが、どうして今回、姉妹グループが存在しない沖縄での開催となったのだろうか──。

 そもそも、沖縄県や豊見城市からの強いオファーもあり、開催することとなったという今回の開票イベント。確かに、イベントのために日本全国からファンが押し寄せることで、経済効果も大きいだろう。さらには、その先に沖縄を拠点とする新しい姉妹グループの存在も垣間見える。AKB事情に詳しい業界関係者が明かす。

「沖縄の48グループの構想は以前からあったようです。地元企業を含めて強力なスポンサーが見つかれば、すぐにでも始動するでしょう。総合プロデューサーの秋元康さんも、かなり前向きのようですね」

 沖縄は秋元氏にとって因縁の地である。過去、秋元氏は沖縄でプロデュース業に失敗しているのだ。

「1980年代後半から90年代初頭にかけて、秋元さんは沖縄アクターズスクールに関わっていました。沖縄のローカル番組『沖縄クラブハートキャッチTV』に出演していたアクターズスクールの生徒をプロデュースしてデビューさせたのですが、大きな成功を得ることはできませんでした」(同)

 結局、秋元氏とアクターズスクールは決別。その後、同スクールからは、安室奈美恵やMAX、SPEED、三浦大知などのスターが輩出されることになる。

「アクターズスクールとしては、話題性重視の秋元さんから離れて、実力主義に移行した途端に結果が出たという印象。秋元さんにとって、この事実は屈辱だったようですね。そういう意味で、今回の総選挙沖縄開催の裏には、秋元さんの私怨があるといえるでしょう。アクターズスクールへのリベンジを果たすという意味でも、沖縄での48グループ誕生を実現したいようです」(同)

 ちなみに、沖縄といえば、ここ数年、吉本興業が「沖縄国際映画祭」を開催している。AKBグループとしてはNMB48が吉本興業の子会社に所属するなど、関係も深い。

「吉本は、沖縄カジノ構想に食い込むという目的もあって、沖縄国際映画祭を継続して開催しています。カジノは基本的に18禁となるので、若いアイドルとの連携は考えにくいのですが、秋元さんとしてはなんらかの形でカジノ構想に絡んでいきたいというもくろみはあると思います。たとえば、沖縄に20歳以上の大人のグループを作るとか、そういう可能性はありそうですね」(同)

 秋元氏の沖縄作戦は、これからが本番のようだ。(文=橋本ほのか)

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon