古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

アメリカ・インディー映画の祭典はどこに行く? 岐路に立つサンダンス映画祭を徹底検証

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/02/05 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 2月はハリウッドが最も活気に湧く月だろう。何故なら、いつの年も激動を呈するアメリカ映画界の総決算となるアカデミー賞が開催される月だからだ。一方で、アカデミー賞のノミネートが発表されるのと同時期である1月下旬、ユタ州でアカデミー賞と同じくらい、ある意味ではそれ以上の活気に包まれるイベントが開催される。それこそがアメリカ・インディー映画の祭典サンダンス映画祭だ。 参考:NetflixはSFファンにとって「希望の光」だ!  超常現象ドラマ『The OA』に驚愕せよ  サンダンス映画祭はユタ州パークシティで毎年1月中旬に行われる映画祭で、主にアメリカのインディー映画を中心として200本にも渡る長編・短編が上映される。過去には『ブラッド・シンプル』のコーエン兄弟や『レザボア・ドッグス』のクエンティン・タランティーノを輩出し、最近では『フルートベール駅で』のライアン・クーグラーや『セッション』のデイミアン・チャゼルがここから巣立っていき、チャゼルにいたっては新作『ラ・ラ・ランド』が今年のアカデミー賞最有力候補ともなるなど、新人作家の登竜門的な映画祭としても存在感を誇っている。  振り返ると、2016年はサンダンスにとって波乱の年だった。語るべき点は多いが、最も話題を集めた作品はネイト・パーカー監督作『バース・オブ・ネイション』をおいて他にはないだろう。黒人差別に反旗を翻した指導者ナット・ターナーの生涯を描いた本作は、熱狂と共に迎えられた後に作品賞を獲得。2017年のアカデミー賞で白人中心主義を打破するだろう1作として祭り上げられることとなる。さらに、NetflixやAmazonなどの配信サービスが配給権争奪戦に本格参入し、その勢いが激化する中、NetflixとFox Searchlightが配給を巡って争った作品こそが『バース~』だった。その末に、Fox Searchlightが1750万ドルで配給権を獲得。この額はサンダンス史上最高の取引額となる。  だがこの一件はサンダンスの存在意義それ自体に波紋を投げかける。映画祭はインディペンデントな魂を持つ作品を掘り出しサポートするものだったはずが、今や最もメジャー志向な映画祭となってしまっているというのだ。配給会社はオスカー候補となるポテンシャルを持った作品探しに躍起となり、さらにメジャースタジオが大作映画のために新人作家を青田買いする……。いわゆるインディー映画界のマイナーリーグ化は今に始まった問題ではないが、一連の経緯は他ならぬサンダンスがその陣頭指揮を取るようになった証明として見なされることとなる。  こうして、“サンダンスはこれからどういう道を歩めばいいか?”という問いは、問いを生んだ張本人『バース・オブ・ネイション』に託されることとなるが、ここで事件が起こる。監督のパーカーが大学時代、レイプ事件に関与していたのが発覚したのだ(パーカーは裁判で無罪判決)。さらに、被害者が自殺したという事実やパーカーの対応が問題となり、『バース~』の興行は不振を極め、オスカー戦線からも早々に離脱してしまう。そして熱狂も最後には夢のように掻き消えてしまい、サンダンスとしては存在意義への問いなどがうやむやになるという結果に終わることとなった。  ここからはそんな波乱の後に開催された2017年度サンダンス映画祭の動向を見ていこう。ドナルド・トランプの大統領就任式の翌日、サンダンスの幕を開いた作品はオスカーを獲得したドキュメンタリー『不都合な真実』の続編『An Inconvenient Sequel』だった。あの頃からさらに深刻さを増した末期的な環境破壊を描き出す本作は、トランプに対して世界が抱く不安と共鳴するような作品だが、今回のドキュメンタリー作品はよりいっそう世界情勢の深刻さを反映したものが多く見られた。ワールド部門の作品賞に選ばれた『Last Men in Aleppo』もそんな1作だった。内戦中のシリアで救助活動を続ける団体ホワイト・ヘルメットの姿を描き出した作品に賞が与えられた事実は、授賞式当日に施行されたシリア含むムスリム国家7ヶ国に対する入国禁止令への、サンダンスからの痛烈な批判と読むことができるだろう。  フィクションの部門にも目を向けよう。まず特徴的なのは、SNS時代の不安を描き出す作品の存在感だ。USドラマ部門の脚本賞を獲得した『Ingrid Goes West』は、心を病んだ主人公がInstagramで有名になったセレブ女性と友達になろうとするあまり、自意識が暴走する様を描いたブラックコメディだ。USドラマ部門監督賞を獲得したエリザ・ヒットマンの第2長編『Beach Rats』は、1人の少女に惹かれながら、ネットの出会い系サイトで知り合った年上男性にも惹かれ始める少年の姿を描く作品で、どちらもSNSによって変わっていく人間と人間の関係性というものに焦点が置かれており、サンダンスの関心の高さが伺える。  そして『Beach Rats』も含めてだが、LGBTいわゆるセクシャル・マイノリティの人々を描いたクィア映画、もしくは自身がセクシャル・マイノリティであるクィア作家の躍進も注目すべき点だ。ワールド・ドラマ部門の監督賞を獲得したフランシス・リーの『God's Own Country』は、イングランドの田舎町を舞台に羊飼いの青年と移民労働者の男が惹かれあう姿を描いたラブロマンスだった。賞には絡んでいないが、ルカ・グァダニーノの新作『Call Me by Your Name』も、主人公の少年が父の教え子である男性と恋に落ちるという内容で、批評家の絶賛を浴びた。そして詳しくは後述するが、今年のサンダンスで最も話題になった『Mudbound』もクィア作家であるディー・リースが監督した1作である。  賞と関連して、配信サイトが更なる躍進を果たした事実も見逃せない。去年の事件があり二の足を踏む配給会社を尻目に、まずAmazonがコメディアンであるクメイル・ナンジアニの実体験が元となったドラメディ『The Big Sick』の配給権を1200万ドル(日本円で約13億5000万)で獲得した。続いて20年もの間無実の罪で刑務所に入っていたアフリカ系青年の姿を描くドキュドラマ『Crown Heights』を獲得、今作は後にUSドラマ部門の観客賞に輝くことにもなる。  だが、NetflixはAmazonを越える存在感を見せつけた。総勢10本の配給権もしくはストリーミング権を獲得したというのも圧倒的だが、さらに驚くべきは賞に絡んだ作品の多さだ。『Joshua: Teenager vs Superpower』と『Icarus』、『Chasing Coral』がそれぞれドキュメンタリー部門で賞を勝ち取り、そしてダメ押しの一手とばかりに、映画祭開催前に配給権を獲得した『この世に私の居場所なんてない』がUSドラマ部門の作品賞、つまり『セッション』などが受賞したサンダンスで最も重要な賞を勝ち取る。これはNetflixがサンダンスで天下を獲ったと言っていいくらい革命的であると筆者は考えているが、それについては後に記したい。  ここからは賞には関わらなかったが、重要な映画を何本か紹介していこう。まず1本目がディー・リースの『Mudbound』だ。第二次世界大戦終結後のミシシッピ州、その田舎町へ2人の青年が帰ってくる。2人は白人/アフリカ系という人種を越え、戦場で絆を深めた友人同士だったが、彼らは自分たちの家族が土地を巡って対立し、泥沼の状況に陥っていることを知る……。サンダンスの恒例行事として”来年のアカデミー賞有力候補は一体どの作品だ?”という話題が毎年持ち上がるが、そこで最も有力視されているのがこの『Mudbound』だった。そしてもうひとつ注目すべきなのは監督ディー・リースの存在だ。リースはアフリカ系/女性/オープンリー・レズビアンであり、つまり彼女が授賞した暁には異性愛者の白人男性中心であるアカデミー賞の歴史が完全に塗り替えられるということになる。というか多様性を謳うのだから、いい加減この歴史は塗り替えられるべきだろう。そういった意味で、今作と彼女の存在は大きな希望として語られている。  映画祭開催前から一部で話題となっていた作品が、あのフライング・ロータスが本名のSteve名義で監督した初の長編映画『KUSO』だ。『KUSO』は大地震によって終末を迎えたロサンゼルスを舞台に狂人共が暴れまわるという一応のあらすじはあるが、勃起したぺニスがスクリーンに大写しとなるのを皮切りに吐瀉物、胎児、エイリアン、ぺニス、そして題名通り糞、糞、糞の噴水がブチ撒かれ、途中退出者続出の有り様だという。米『The Verge』誌の記者は今作を“史上最もグロテスクな映画”と表現し、超絶ドープな『KUSO』にノックアウト状態。“今作は文字通りクソの山みたいな映画だ、それでも世界が炎に包まれている時代には安らぎを覚えるほど率直だ”と賛辞を送っている。  今までサンダンス映画祭のアレコレについて紹介してきたが、こんなことを思う人もいるかもしれない。サンダンス映画祭が凄いとは聞くけど、日本に来るとしても公開はいつも1年2年先だし、所詮サンダンスなんて遠い世界の出来事だよ……と。しかし配信サービス、特にNetflixが映画祭と観客の遠すぎる距離を一気に狭めてくれていると断言していい。  例えば、チャーリー・マクダウェル監督作『ザ・ディスカバリー』は、来世の存在が証明され“こんなクソな人生生きるくらいなら来世に賭ける!”と自殺者が多発している末期的な近未来で、とある男女が運命の出会いを果たしたことから巻き起こる事件を描き出すという内容だ。今作は既に3月31日の全世界配信が決定している。そしてメイコン・ブレア監督作『この世に私の居場所なんてない』は強盗によって家を滅茶苦茶にされ、”これ以上クソどもがのさばるのは許せない!”と怒りを爆発させる孤独な女性の暴走を描くバイオレンス・コメディなのだが、今作に至ってはなんと2月24日に全世界配信が決定している。そんな状況で『この世に~』がドラマ部門で作品賞を獲得した。これが意味するのはつまりサンダンス大賞作が1ヶ月も経たないうちに観られるということだ。今まで作品賞の日本公開はアメリカの半年後以降が普通であり、1年待たされた後ソフトスルーという扱いだった作品も存在する。それを考えるとこの状況は正に革命的としか言い様がない。本当に、Netflixの存在は映画を観ることの意味を全く変えてしまった……。  1月22日、Amazonがサンダンスで配給権を獲得した『マンチェスター・バイ・ザ・シー』がアカデミー作品賞にノミネートされた。今までNetflixの配給作がドキュメンタリー部門の候補になったことは数回あったが、作品賞というのはない。つまりAmazonは配信サイトとして初の快挙を成し遂げた訳である。だがNetflixも負けてはいない。彼らは先述した『Mudbound』の配給権を1250万ドル(日本円で約14億)で獲得。今作でアカデミー賞に殴り込みをかける気満々だ。  “サンダンスはこれからどういう道を歩めばいいのか?”再びこの問いに立ち返ろう。激しいうねりの中でサンダンス映画祭はもはや変化から逃れられないだろう。映画祭はインディペンデント魂だけを追い求める場所では既にもうない。だが見方を変えるなら、これほどインディーとメジャーの存在が混ざりあっている場所は存在しないと言える。どちらかだけを選びとる必要はない。“インディペンデント魂を持つ映画を発掘する”と“インディーとメジャーの架け橋となる”という2つを両立する道を模索するべきなのだ。それはもちろん難しいだろう。しかし、サンダンスはこの30年間、アメリカがどんな状態にあろうとも難局を乗り越えてきた。今回もサンダンスは自身が歩むべき道をきっと見つけ出すはずだ。(済藤鉄腸)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon