古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

アングル:「一帯一路」効果、中国企業の海外金融買収が活発化

Reuters のロゴ Reuters 2017/09/12

[香港 12日 ロイター] - 中国の現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」に関連し、中国企業が事業会社だけでなく銀行や保険、資産運用会社の買収にも目を向け始めた。資金を呼び込むとともに、金融の専門性を確保するのが狙いだ。

関係筋が先週明らかにしたところでは、中国で最も海外買収に積極的な海航集団(HNAグループ)と安邦保険集団はそれぞれ、独保険大手アリアンツ(ALVG.DE)への買収提案を検討していた。

いずれも実現には至らなかったが、アリアンツといえば業界大手で、中国側の野心の大きさを印象付ける出来事だ。

業界関係者らによると、中国人寿保険(2628.HK)や中国光大控股(チャイナ・エバーブライト)などの大手を筆頭に、今後も海外買収の動きは続きそうだ。

アングル:「一帯一路」効果、中国企業の海外金融買収が活発化 © REUTERS アングル:「一帯一路」効果、中国企業の海外金融買収が活発化

中国規制当局や企業と仕事をしているグローバル銀行の買収アドバイザーは「規制当局のメッセージは明確だ。これらの企業に海外進出し、巨額の資金と技術を手に入れてほしがっている。中国は金融の体力を高める必要があるため、一帯一路構想に何らかの関係がある買収には好意的だ」と語った。

このグローバル行は現在、「中規模ないし大規模な」海外金融機関の買収案件を複数抱えているという。

中国では過去2年、借金による海外買収が活発化したため、当局は過熱を抑える措置に乗り出している。しかし一帯一路絡みの案件は例外だ。

トムソン・ロイターのデータによると、中国企業による海外の金融機関の合併・買収(M&A)は、年初から先週までで90億ドル近くと、昨年1年間の120億ドルに手が届く規模となった。昨年を超えれば少なくとも2008年以来で最大となる。

パソコン(PC)大手レノボ・グループ(聯想集団)の親会社、中国の聯想控股(レジェンド・ホールディングス)(3396.HK)は今月、ルクセンブルクの銀行大手バンク・インターナショナル・ア・ルクセンブルク(BIL)の株式90%を14億8000万ユーロ(17億6000万ドル)で買収すると発表した。聯想控股によると、これは一帯一路に絡んだ買収だ。

中国は海外買収を通じて金融の専門性を高めることで、事業契約の保証や資金調達、保険を確保しやすくなるという利点がある。

中国商務省傘下のシンクタンク、中国世界貿易組織研究会のHuo Jianguo副会長は「中国は(一帯一路プロジェクトに)国際的な機関に参加してもらうのに苦心している。このままだと一人芝居になってしまい、長くは持たない」と述べ、海外の金融機関買収によって「わが国の銀行資産を拡大し、わが国の海外プロジェクトに対する外国企業の参加に弾みをつける」狙いがあると説明した。

海外銀行への出資や買収は、海外の規制当局が目を光らせているため、おいそれと実施できるわけではない。しかし銀行がだめなら資産運用会社や保険会社、ウェルスマネジャー(富裕層向け資産運用会社)を狙えば良い。

中国光大は海外で資産運用会社やプライベートバンク、保険会社の買収を計画しており、関係筋によると招商銀行(600036.SS)は欧州でウェルスマネジャーの買収を熱心に検討している。

法律事務所ベーカー・マッケンジー(香港)のパートナー、クリスティーナ・リー氏は「中国の金融機関は概して国内に特化している。M&Aは国際金融の舞台でエクスポージャーと専門性を広げる手っ取り早い手段だ」と述べた。

(Julie Zhu記者 Sumeet Chatterjee記者)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon