古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

アンダー3万円でも充実! 2万円台のSIMフリースマホはDSDS機が狙い目だ

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/04/28
アンダー3万円でも充実! 2万円台のSIMフリースマホはDSDS機が狙い目だ © KADOKAWA CORPORATION 提供 アンダー3万円でも充実! 2万円台のSIMフリースマホはDSDS機が狙い目だ

 日々変化しているスマートフォンの世界。少し前ならSIMフリー、つまり単体で販売されているスマートフォンにはあまり注目がされなかった。  キャリアブランドで販売されるAndroidスマートフォンに比べると、全体的に見劣りする性能や機能など、積極的に選びたくなるものではなかったからだ。  ところが、最近ではSIMフリースマートフォンしかない機能、具体的には「DSDS」(2枚のSIMを使用して同時に待ち受けが可能になる機能)をはじめ、特徴あるカメラ、特徴あるスタイリングなどで注目を集めるほか、気軽に購入できる1~3万円までの機種が一気に充実したことから、注目度が高くなってきた。  格安SIMも通話定額がスタートするなど普及が進み、通話が多い人にもメリットが多くなってきたことも理由のひとつだ。  そこで、3万円以下のスマートフォンを選ぶ際の注意点を紹介していく。大雑把にまとめると以下のとおり。 3大キャリア以外のスマートフォンを使うデメリットを理解する 国内正規品かどうかを確認する DSDSやカメラ性能など、特徴的な機能をよく確認する 3大キャリアと比べて、デメリットが多い 格安SIMの「LINEモバイル」に契約すれば、LINEの年齢認証が可能。しかし、普通は年齢認証ができない 格安SIMの「LINEモバイル」に契約すれば、LINEの年齢認証が可能。しかし、普通は年齢認証ができない  デメリットと言ってしまうと言い過ぎかもしれないが、3大キャリアのスマートフォンとは異なる点が多いのも単体売りのSIMフリースマートフォンの特徴。後々トラブルにならないためにも、十分に理解してからの購入が第一条件だ。  格安SIMを使う上での異なる点は、キャリアメールがない、年齢認証が一部を除いてない、サポートが異なる、など。この点については別の記事で解説したが、よく確認して加入したあとでシマッタ! ということのないように注意してほしい。  SIMフリースマートフォンに3大キャリアのSIMを挿入して使う方法もあるが、これはおすすめしない。  ドコモやソフトバンクでは、設定だけで通話やインターネット接続ができるほか、一部機種でauも利用可能。ただし、問題は費用面でメリットがまったくないほか、3大キャリアはキャリアブランドのスマートフォンを使うことで、統合的にサービスを受けられるが、SIMフリースマートフォンにしてしまうと一部のサービスが受けられなくなる。 大手キャリアのSIM+スマホなら、手厚いサービスを受けられるが…… 大手キャリアのSIM+スマホなら、手厚いサービスを受けられるが……  具体的には、キャリアでスマートフォンを購入すれば受けられる月々の割引を逃すことにはじまり、本来なら端末セットでサポートを受けられるキャリア専売ショップでのサポートも怪しくなるなど。  キャリアメールなど、キャリアが提供するサービスもSIMフリースマートフォンでは対応しない場合がある。 プロセッサーや液晶、メモリーなどスペックをよく確認しよう  SIMフリースマートフォンは、キャリアが販売するスマートフォンと違って月々の通信費と絡めて本体価格がうやむやになることはない。  スマートフォン単体の価格が機能のすべてを賄うという当たり前かつシンプルな価格設定。そのため、価格が機能や性能にほぼ比例しており、高い性能は高いお金を出さないと手に入らず、安い機種はそれなりのスペックとなることが前提となる。  1万円台の機種であれば、エントリーグレードのプロセッサー、あまり精細でないディスプレー、少ないRAMやストレージ、ジャイロセンサー未装備、貧弱なカメラ性能ということが多くなってくる。 Wikoの「Tommy」 Wikoの「Tommy」 FREETEL「Priori 4」 FREETEL「Priori 4」  しかし、コストにあまり響かないところで特徴を持たせているものもある。たとえばフランスのWikoのスマートフォン「Tommy」は実売が1万6000円程度だが、フランスらしい明るいカラーリングが特徴だ。  また、FREETELの「Priori 4」は同じ1万6000円程度だが、驚くことに裏ブタが6色(6枚)付属しており、毎日カラーを変えて楽しむことまで可能だ。 ファーウェイ「nova lite」 ファーウェイ「nova lite」 モトローラ「Moto G5」 モトローラ「Moto G5」 「VAIO Phone A」 「VAIO Phone A」  一方、2万円台となるともう少しスペックは良くなってくる。モトローラの「Moto G5」はワンランク上のプロッサーを内蔵。フルHD解像度の液晶画面を持ち、そしてDSDS対応だ。  また、ファーウェイの「HUAWEI nova lite」は格安SIMとのセット販売のみだが、2万円前後ながらフルHD液晶や指紋センサーを搭載。カメラは上位機種譲りの高画質機能を備えている。  Androidが搭載されて話題になったVAIOのスマートフォン「VAIO Phone A」もこの価格帯で購入できる。 ファーウェイ「nova」 ファーウェイ「nova」 ASUS「ZenFone 3 Max」 ASUS「ZenFone 3 Max」 モトローラ「Moto G5 Plus」 モトローラ「Moto G5 Plus」  さらに3万円台となると、ぴったり3万円程度のASUS「ZenFone 3 Max」(5.5インチ)は4100mAhの大容量バッテリーにフルHD液晶、3GBのRAMなどこのクラスでは余裕を持ったスペックなのが特徴。  その上はファーウェイの「HUAWEI nova」やモトローラの「Moto G5 Plus」も余裕のあるスペックで、快適にスマートフォン利用ができるものとなっている。 DSDSなど特徴的な機能を搭載しているお得機種も見逃せない 2枚のSIMを利用できるDSDS機。microSDカードと排他仕様のものもあるので注意 2枚のSIMを利用できるDSDS機。microSDカードと排他仕様のものもあるので注意  キャリアブランドにない特徴として、SIMフリースマートフォンにはDSDS機能が付いたものがある。SIMを2枚挿し、切り替えではなく同時両面待受が可能な機能だ。  2016年は4万円前後のミドルクラスに搭載がはじまったが、今や1万円台のコヴィア・ネットワークス「g07」にも搭載されている。 DSDS対応の5.5型スマホ「g07」。CDMA2000に対応した「g07+」もある DSDS対応の5.5型スマホ「g07」。CDMA2000に対応した「g07+」もある  2つの電話番号(SIM)を同時に待ち受けしたいという希望のほか、例えば3大キャリアの通話の完全定額の契約のSIMで音声通話、データは格安SIMで安く済ますということを1台で済ませたいということにも使える。  また、auネットワーク対応のDSDS機種では、ドコモとauのSIMを挿して、一部組み合わせに制限があるが、両方同時に使えるようにしてエリア最強! ということも可能だ。  DSDS機種は少しづつだが増えている。DSDSのほかにも特徴的な機能を持ったスマートフォンが低価格で現れる可能性もある。必要な機能を中心に選ぶ方法もありだろう。 ゲームをやりたいなら特にスペックをチェックしよう  スマートフォンとして通話やウェブブラウズや標準的なアプリを使う程度なら、多少の動作の遅さを我慢すれば、1万円台でも十分に利用できるが、使うアプリによっては必要なスペックが変わってくる。  例えば、2016年夏に大ブレークした「ポケモンGo」は2GB以上のメモリー(RAM)を要求し、ARモードを使うためにはジャイロセンサー搭載が必要ということが記憶に新しい。  2GB RAMという要件は最近の製品ならほぼ満たしているが、ジャイロセンサーとなると3万円以下の機種では搭載していないものが多くある。  特にゲームアプリを中心に、アプリによって必要スペックが異なることも頭に入れておいてほしい。  2017年の春は、思いのほかアンダー3万円台のSIMフリースマートフォンが充実している。格安SIMの普及によって、今後も書いやすいこの価格帯に特徴的な新機種が投入される可能性がある。  価格、スペック、スタイリングや、特徴的な機能が今後も搭載されてくる可能性もあり、自分が必要な機能と照らし合わせ、ちょうどいいスマートフォンを選んでほしい。

アンダー3万円でも充実! 2万円台のSIMフリースマホはDSDS機が狙い目だ

アンダー3万円でも充実! 2万円台のSIMフリースマホはDSDS機が狙い目だ
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon