古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

イライラしても、落ち込んでも大丈夫。心がフラットに戻る5つの方法 #まとめ

MYLOHAS のロゴMYLOHAS 2017/04/04 23:15 MYLOHAS編集部
イライラしても、落ち込んでも大丈夫。心がフラットに戻る5つの方法 #まとめ © MEDIAGENE INC 提供 イライラしても、落ち込んでも大丈夫。心がフラットに戻る5つの方法 #まとめ

新年度のはじまり。新しい空気や習慣になじむまでには、しばらく時間がかかるかもしれません。いつもより揺らぎやすい春の心におすすめのコントロール方法を、マイロハスの記事のなかから集めました。

ため息、からの深呼吸

まずは、お腹にたまったモヤモヤを全部吐き出すくらいの気持ちで、大きくため息をつくのがポイント。吐き出した後は、自然と深く呼吸が入るので頭もからだもリラックス。その後はそのまま深い呼吸をくり返して、自分の中の空気を入れ替えましょう。>>ため息をついて心のデトックスを。感情をコントロールする呼吸法

体を上に向かせる

気分が「落ちる」という通り、重力と関係がありそうだと考えた心理学者による対処療法。つま先立ちで歩いたり、ジャンプしたり、無理やりにも顔を上にあげたり、口角を上げることで心も引っぱられて上を向きだすようです。>>ヘコんだ心を膨らます、5つの体の動かし方

© MEDIAGENE INC 提供

6秒を乗り切る

怒りの感情がピークにあるのは、6秒程度なのだとか。イラッとするような出来事にあったら、頭のなかでストップボタンを押して「6秒思考停止」、あるいは「6秒カウント」「6秒グーパー」などで乗り切りましょう。その都度クリアしていけば、ストレスを溜め込んでしまうこともなさそう。>>怒りを感じたとき、たった6秒でイライラをしずめる方法

思いっきり泣く

涙がストレス解消に効果的なのは、医学的にも認められているようです。涙の量は関係なく、少しでも流れたら副交感神経にスイッチされてリラックスモードに。ただし、まわりの人を不快にさせないように気を配って。週末の夜がおすすめです。>>すっきり涙活。ストレス解消になる上手な涙の流し方、5つのポイント

© MEDIAGENE INC 提供

即席瞑想

瞑想というと、静かな環境のなか、リラックスした服装で座禅を組んで......というイメージですが、実はいつでもどこでもできる方法があります。たとえば「慈悲の瞑想」と呼ばれるものは、大切な人を想うことで感じる暖かい気持ちに注目。次にその感情を、人生で出会うさまざまな人、否定的な感情を持っている人にも広げていくと、優しい気持ちが生まれるのだとか。人間関係が原因のストレスに効きそう。>>難しくない、すぐできる、4種類の瞑想法とそのメリットは?

心がユラユラしているままでは、予期せず感情がこぼれ出してしまいます。心の波をコントロールする方法を知っていれば、どんなストレスも怖くなくなりそう。

image via shutterstock

MYLOHASの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon