古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ウィル・スミス演じる広告マンが人生論を熱弁 『素晴らしきかな、人生』本編映像

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/02/08 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 『プラダを着た悪魔』のデヴィッド・フランケル監督最新作『素晴らしきかな、人生』より、本編映像が公開された。 動画はこちら  本作は、かつて広告代理店代表として成功を収めたハワードが、愛娘の死により人生の意義を見失ってしまったことを契機に、3人の奇妙な舞台俳優と出会い、もう一度自分の人生を見つめなおす姿を描いた人間ドラマ。主演を『スーサイド・スクワッド』のウィル・スミスが務めるほか、『スティーブ・ジョブズ』のケイト・ウィンスレット、『はじまりのうた』のキーラ・ナイトレイ、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のエドワード・ノートン、『クィーン』のヘレン・ミレン、『アントマン』のマイケル・ペーニャらが出演する。  公開された本編映像が映し出すのは、自社の従業員を前に力強い演説を行うハワードの姿。映像には、「広告は人に伝えることがすべて。愛を渇望し、時間を惜しみ、死を恐れる。それこそが人々を繋ぐ要素である」と自身の人生論を展開する彼の自信に満ちた表情も収められている。  また、スミスは自らが演じたハワードについて「彼は、自分の人生プランを完璧に立てていた男。知るべきことはすべて把握しているんだ。彼は自分を指導者、マーケティングの達人だと考えている。すごい男ですよ。愛情があり、必要な助言をし、どの友人にも力になろうとした。彼は人生の勝ち方を知っていました」と語っている。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon