古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ウェブページやウェブサイト全体をPDFに変換してみる

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/05/24
ウェブページやウェブサイト全体をPDFに変換してみる © KADOKAWA CORPORATION 提供 ウェブページやウェブサイト全体をPDFに変換してみる

本連載は、Adobe Acrobat DCを使いこなすための使い方やTIPSを紹介する。第9回は、ウェブページやウェブサイト全体をPDFに変換してみる。 ウェブページをPDFに変換する方法 ウェブページやオフィス文書をPDFファイルに変換しておくと、保存や管理、共有などがしやすくなる。「Adobe Acrobat DC」がインストールされている環境なら、とても簡単にさまざまな方法でPDFにできる。 資料になりそうだったり、デザインがよかったりするウェブページを見つけても、いつなくなってしまうかわからない。そんな時は、PDFファイルにして保存しておくのも手だ。Internet ExplorerやGoogle Chrome、Firefoxなどのブラウザーであれば、「Adobe PDF ツールバー」のボタンをクリック。とても簡単にPDFファイルを作成できる。 ツールバーが表示されていない場合、IEならタイトルバーを右クリックして、「Adobe Acrobat Create PDF Toolbar」にチェックを入れる。ChromeやFirefoxでは、拡張機能の設定画面で「Adobe Acrobat」を有効にすればいい。IEのツールバーにある「変換」をクリックするIEのツールバーにある「変換」をクリックするファイル名や保存先を指定して「保存」をクリックファイル名や保存先を指定して「保存」をクリック変換が終わったら「閉じる」をクリック変換が終わったら「閉じる」をクリックAcrobat DCで作成されたPDFファイルが開くAcrobat DCで作成されたPDFファイルが開く初期設定ではA4サイズ文書になり、ヘッダーとフッターが付いている初期設定ではA4サイズ文書になり、ヘッダーとフッターが付いている「変換」の横にある「▼」をクリックして「環境設定」を開ける「変換」の横にある「▼」をクリックして「環境設定」を開ける「▼」のメニューから既存のPDFにウェブページを追加することもできる「▼」のメニューから既存のPDFにウェブページを追加することもできる追加するPDFファイルを指定する追加するPDFファイルを指定する表示中のウェブページが追加された。しおりも自動的に作成されているので便利だ表示中のウェブページが追加された。しおりも自動的に作成されているので便利だGoogle ChromeブラウザーでもUIは異なるが同じ機能を利用できるGoogle ChromeブラウザーでもUIは異なるが同じ機能を利用できる欲しい部分だけPDF化するには ウェブページ全体をPDF化すると、たとえばトップメニューやサイドバーなど不要な部分が含まれてしまうことがある。IEのみの機能ではあるが、欲しい部分だけをPDF化したいのであれば表示領域を選択することもできる。 「選択」ボタンを押して、PDFにしたい部分をクリックするとその領域全体が黒線で囲まれる。問題ないようであれば、「変換」をクリックしてPDFファイルを作成しよう。ツールバーの「選択」をクリックし、PDFにしたいエリアをクリックするツールバーの「選択」をクリックし、PDFにしたいエリアをクリックする「変換」ボタンをクリックすれば、選択部分のみをPDFファイルにできる「変換」ボタンをクリックすれば、選択部分のみをPDFファイルにできる印刷メニューからPDFファイルを作成してみる Windows 10の標準ブラウザーであるEdgeにはツールバーが用意されていないので、印刷メニューからPDFファイルを作成する。この方法はブラウザーに限らず、印刷可能などんなアプリでも利用できるので覚えておこう。Windows 10のEdgeブラウザーでは「印刷」機能を利用するWindows 10のEdgeブラウザーでは「印刷」機能を利用する「プリンター」で「Adobe PDF」を選択する「プリンター」で「Adobe PDF」を選択するPDFが作成され、Acrobat DCで開くPDFが作成され、Acrobat DCで開くウェブサイト全体をPDF化する方法 ウェブサイト全体を保存したい場合は、Acrobat DCから操作する。URLを指定し、リンク先を片っ端からPDFに追加してくれるのだ。手動でページを追加していくよりはずっと楽にPDFファイルを作成できる。ただし、ウェブサイトによっては数百ページ、数千ページになる可能性もある。そんな時は、「レベル数を指定」で1レベルにしておくといいだろう。 Acrobat DCの「PDFを作成」から「Webページ」を開き、「複数レベルをキャプチャ」にチェックを入れる。保存したいウェブサイトのURLを入力し、「作成」をクリックすればいい。レベル数を指定する場合は、オプションを利用できる。「同じパスのページだけを取得」にチェックを入れると入力したURLよりも下位のウェブページのみを保存する。「同一サーバーを使用」にチェックすると同じサーバーを使っているウェブページのみを保存してくれる。Acrobat DCの「PDFを作成」から「Webページ」を開きURLを入力するAcrobat DCの「PDFを作成」から「Webページ」を開きURLを入力する「作成」をクリックするとPDFが作成され始める。複数のページがあると時間がかかる「作成」をクリックするとPDFが作成され始める。複数のページがあると時間がかかるウェブサイトをまとめてPDFファイルにできた。自動的にしおりが作成されているのがわかるウェブサイトをまとめてPDFファイルにできた。自動的にしおりが作成されているのがわかる■関連サイトAcrobat DC

ウェブページやウェブサイト全体をPDFに変換してみる

ウェブページやウェブサイト全体をPDFに変換してみる
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon