古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

エレカシ 宮本浩次、“今”の自身のパフォーマンスを分析「ちゃんと伝えることに重点が置かれてた」

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/04/26 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 古舘伊知郎がメインMCを務める『トーキングフルーツ』(フジテレビ系)の4月25日放送回に、エレファントカシマシの宮本浩次が出演。エレカシのデビュー30周年を振り返り、バンドの現在と過去、急性感音難聴を患った際のエピソードなどを披露した。 (関連:エレファントカシマシ、15年ぶりMステ出演! 全力パフォーマンス&トークに注目)  今回の収録はエレファントカシマシのプライベートスタジオで行われた。宮本は当時を振り返り、若い頃は経験値でものを言う人が苦手だったと告白。「“なんだ経験値がないのに”って、僕は若かったし経験値でものを言われるとそれで終わっちゃうから」と語り、そのまま話題はエレファントカシマシの初期楽曲「ファイティングマン」へ。古館が曲名を聞き「あれは始まりですもんね」とコメントすると、宮本は「そうなんです。で、そういう古い曲を今歌った時に、やっぱじゃあ今は新しいね」と、技術的にパフォーマンスは進化しているとしながらも「やっぱり初期のものっていうのは、やっぱり成長なんかしないんだなって思う部分は一方である。『ファイティングマン』を歌うと、そりゃあドーンと言ってるわけですね、ロマンが。やっぱり若い時のロマン」と、楽曲が持つ不変的なパワーについて語った。  続けて宮本は「自分でこないだ(ライブの)ビデオを観て思ったのは、その経験値によって、どっからでもかかってこいじゃないけど、中々動じない堂々と歌っている。必死にこう、若い時は同じ『ファイティングマン』でも、届けなきゃいけないから、どうしていいのかわからないから全力で歌うだけ。でも今の『ファイティングマン』とか、今のステージはちゃんと伝えることに重点が置かれてたし、歌をしっかり届けるっていう」と、自身の経験値が楽曲を届ける上でのパフォーマンスに表れていると分析しながら、「優れた楽曲を作る能力が18歳と今で比較して上がっているとはまったく思わないんですよね」と冷静にコメントする一面も見せた。  その後は、最近増えている自身のバラエティ番組への出演を振り返るが、「まずいっすよね」とそのまとまりのないトークに苦笑い。そんな宮本の熱量に対して古館は「まとめ下手じゃないですか、トーク。自分の湧き上がる思いをそのまま吐き出している感じが、これがかっこいいよ」と称賛の言葉を贈った。  古館は「2年前の雑誌かなんかで、“僕は黒白でやってきたけど洋服を買いに行くことによって初めて自由を得た”と」と、宮本の印象的な発言を伝えた。それは、宮本が急性感音難聴を患った際、音楽活動から離れ、自分の時間を過ごしていた中でユニクロで白と黒以外の服を買ったというエピソードだったことが明かされた。その経験をきっかけに、自分のことは自分で考えないといけないと気づいたという宮本。「がんじがらめで白と黒のシャツで閉じこもっていたのを、ユニクロで洋服買うの? ってみんなびっくりしちゃうと思うんですけど、自分にとってはユニクロで、ふらっと行って、ふらっと買って、自分のものを買って着てっていうのは本当に快感っていうか、本当に嬉しかったんですよね」と振り返る。すると古館は「やっぱり宮本さんって、自分とはこういうものであると一回黒と白で作っちゃったから、一旦自分から家出する感じってのは感動的だったのかもしれませんね」とコメントした。  それに対し、宮本は「これってみんなそうなんだと思うんだけど、自分のことは自分で考えなければいけないってちょっと思えることがあって。これ40、50を前にした大人の発言じゃないかもしれないけど、僕はそん時にやっぱり思って。(中略)みなさんからしたら幼稚な話からもしれないけど、そうやって自分の力で洋服を買う、タバコも自分で節制して、自分が調子が悪い時は人に八つ当たりしているってことが判明したんですよね。なんでもかんでも自分ではできないけど、歌を歌うこととか、あたりまえだけど責任を持つべきなんだなってようやく気づいた」と、しみじみ語った。  次回は、タブラ奏者のU-zhaanをゲストに迎えたトークがオンエアされる。(向原康太)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon