古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

オバマケア改廃法案、副大統領が支持呼び掛け 時間切れ迫る

Reuters のロゴ Reuters 2017/09/20
オバマケア改廃法案、副大統領が支持呼び掛け 時間切れ迫る © REUTERS オバマケア改廃法案、副大統領が支持呼び掛け 時間切れ迫る

[ワシントン 19日 ロイター] - 米国のペンス副大統領は19日、共和党議員と昼食会を開き、同党のグラム、カシディ両上院議員が先週提出した医療保険制度改革(オバマケア)改廃法案への支持を呼び掛けた。

ただ、時間切れが迫っており、法案可決に必要な賛成票が得られるかは、依然として不透明な状況だ。

ペンス氏は、トランプ大統領が法案を支持していると表明。あと「12日以内」に可決する必要があるとの認識を示した。

上院のオバマケア改廃法案は、今月中は単純過半数で可決できるが、現行の手続きが失効する10月1日以降は60票の賛成票が必要になる。

共和党のマコネル上院院内総務もこの日、同法案に「非常に多くの支持が集まっている」とコメントしたが、上院本会議での採決を確約するには至らなかった。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon