古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

オンキヨーのSIMフリーハイレゾスマホ「GRANBEAT」詳報 DSDS対応で8万円台半ば

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/01/26
オンキヨーのSIMフリーハイレゾスマホ「GRANBEAT」詳報 DSDS対応で8万円台半ば © ITmedia NEWS 提供 GRANBEAT

 オンキヨー&パイオニアイノベーションズは1月26日、オンキヨーブランドのSIMロックフリーAndroidスマートフォン「GRANBEAT(グランビート) DP-CMX1(B)」を発表した。想定販売価格は8万4800円(税別)で、オンキヨーのWeb直販「ONKYO DIRECT」のほか、オンキヨー取扱店や「楽天モバイル」を始めとする一部のMVNOを通して2月下旬に発売する予定だ。

 この記事では、発表会での発表内容や展示された実機画像を交えて同機種の詳細な仕様をお伝えする。

●「デジタルオーディオプレーヤー」としてハイエンド

 GRANBEATは、ハイエンドのデジタルオーディオプレーヤー(DAP)の設計理念をそのままスマホに落とし込んだことが大きな特徴だ。

 オーディオ基板はスマホ基板とは分離して設置し、DAC「ES9018C2M」とアンプ「SABRE 9601K」をそれぞれ2基搭載するフルバランス回路とした。それを生かすために、A.C.GモードとBTLモードに対応した2.5mmのバランス出力端子を搭載している。フルバランス回路とバランス出力の搭載は、スマホとしては世界初となる。なお、イヤフォンマイクの利用を想定して、通常のスマホと同様の3.5mmイヤフォンマイク端子(アンバランス)も搭載している。

 再生可能なファイル形式はDSD(最大11.2MHz) 、DSF、DSD、DSD-IFF、MQA、FLAC、ALAC、WAV、AIFF、Ogg-Vorbis、MP3、AACで、再生時に192kHz/24bitのPCMに変換される。サードパーティー製のアプリでも「24bitパス」が利用できるので、ストリーミング音楽アプリや動画アプリの音声もより高品質に出力できる。ちなみに、本体スピーカーは1つ(モノラル)となる。

 本体下部のMicro USB端子はUSBホスト機能(USB On-The-Go)に対応している。もしもDSD形式のハイレゾ音源をネイティブ再生したい場合は、Micro USB端子を介して対応するUSB DACを接続しよう。なお、USBホスト機能は、384kHz/24bitのPCM出力にも対応している。

 Bluetoothを使った音声出力時には、Qualcommが開発した高音質CODEC「aptX HD」を利用可能で、対応機器ではCD音質を超える48kHz/24bit再生が可能だ。

 DAPとしての利便性にも配慮している。本体の音量調整は左側面に付いたロータリーノブで行うようになっている。また、右側面にはオーディオコントロールキーと誤操作防止用の「HOLDスイッチ」も付いている。

 標準ホームアプリや通知パネルのユーザーインタフェース(UI)は、搭載するAndroid 6.0の標準に近い。ただし、ナビゲーションバーのデザインやUIの配色などはGRANBEATのイメージに合わせたカスタマイズが施されている。また、DAPとしての側面を反映して、「音と通知」の設定は一般的なAndroidスマホよりも項目が多くなっている。

●大容量な内蔵ストレージ バッテリーも大容量

 ハイレゾ音源はファイルサイズが大きい。そこで、GRANBEATはAndroidスマホとしては大容量な128GBの内蔵ストレージを備えている。発表会の展示機では、ユーザーが利用可能な領域が108GB確保されており、利用済み容量も200MBを切っていた。プリインストールアプリが必要最小限になっていることもあり、最初からハイレゾ音源をたっぷり置けるようになっている。

 それでも足りない場合に備えて、外部ストレージは最大256GBのmicroSDXCに対応している。GRANBEATは「デュアルSIM」に対応しているが(詳しくは後述)、microSDスロットはSIMカードスロットとは別に設置されている。デュアルSIMのメリットを生かしつつ、よりたっぷりハイレゾ音源を楽しめるように配慮した結果だ。

 より長時間の音楽再生に対応すべく、バッテリー容量は3000mAhとした。これにより、スマホとしての連続通話時間は約22時間(W-CDMA)、連続待受時間は約480時間(LTE)を確保。ハイレゾ音源(96kHz/24bit FLAC形式)の連続再生時間は約25時間(アンバランス再生時)を確保した。

 それでもバッテリーが足りない時に備えて、Qualcommの急速充電規格「Quick Charge 3.0」に対応した。同規格対応の充電器を使えば、より短時間で充電することが可能だ。

●デュアルSIM×DSDS

 GRANBEATはNano SIMカードを2枚同時に搭載できる「デュアルSIM」に対応している。2つのSIMスロットが同時に通話・SMS(ショートメッセージ)を待ち受けできる「Dual SIM Dual Standby(DSDS)」に対応しているため、2枚のSIMカードを入れ替えることなく「データ通信用」「通話用」といった使い分けできるようになっている。

 GRANBEATのDSDSでは、モバイルデータ通信に利用するSIMスロットがLTE・W-CDMA・GSM、データ通信に利用しないSIMスロットがW-CDMA・GSMを待ち受けするようになっている。ただし、どちらかのSIMカードで通話中の場合、もう片方のSIMカードはその間利用できないので注意しよう。モバイル通信の対応周波数帯(Band)は、LTEがBand 1/3/7/8/19/26、W-CDMAがBand 1/5/6/8/19、GSMが850/900/1800/1900MHzとなる。

 無線LAN(Wi-Fi)は、IEEE 802.11ac/a/b/g/n(2.4GHz帯・5GHz帯)に対応している。

●プロセッサはミドルハイ カメラは4K動画に対応

 スマホとしてのGRANBEATは、ミドルハイ(中の上)レンジのスペックを備えている。プロセッサはQualcommの「Snapdragon 650」(CPU部は1.8GHz 4コア+1.4GHz 4コア)、メインメモリは3GBを備えている。ディスプレイはフルHD(1080×1920ピクセル)の5型IPS液晶で、画面ガラスに耐傷性に定評のあるCorningの「Gorilla Glass 3」を採用している。

 アウトカメラには1600万画素のソニー製センサー「Exmor RS」(IMX298)を採用している。動画撮影時の最大解像度は4K(3840×2160ピクセル)となる。インカメラには約800万画素のセンサーを搭載している。

●関連イベント・キャンペーン

 GRANBEATの発売を前に、同社は「CAFE SALVADOR BUSINESS SALON」(東京都中央区)において「ONKYO GRANBEAT CAFE」というイベントを開催する。このイベントでは、ハイレゾ音源の試聴を含むGRANBEATの実機体験ができるので、GRANBEATのDAPとしての実力を確かめたい人は、ぜひ足を運んでみてほしい。

 期間は1月27日と1月29日から2月28日までで、営業時間は平日が7時から22時まで、土日祝日が9時から20時までとなる。

 また、同社はGRANBEAT購入者を対象とする「発売記念キャンペーン」も実施する。

 このキャンペーンでは、3月31日までに購入証明書類(レシートなど)とGRANBEATのシリアル番号を添えて特設サイトで応募すると、応募者全員に「e-onkyo music」のダウンロードクーポンが20曲分プレゼントされるほか、抽選で以下のいずれかの商品がプレゼントされる。

・1等:e-onkyo music ダウンロードクーポン(3人)

・2等:ONKYO インナーイヤーヘッドフォン 「E900M」(10人)

・3等:ONKYO アウトドア用ヘッドフォン 「H500MB」(50人)

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon