古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

カシューナッツの殻からプラスチック生成 日本の研究チームが開発成功

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/06/07
カシューナッツの殻からプラスチック生成 日本の研究チームが開発成功: 画像:ITmedia © ITmedia NEWS 提供 画像:ITmedia

 東京農工大学と明治大学の共同研究チームは6月7日、カシューナッツの殻に含まれる天然の植物油(カシューオイル)からグリーンプラスチックの開発に成功したと発表した。このプラスチック材は、フィルムや樹脂としてパッケージングやコーティング材料に使用できるほか、自動車や電子材料などへの応用も期待できるとしている。

 開発したグリーンプラスチックは、摂氏300度近くまで安定を保ち、酸、アルカリ、有機溶媒に対する化学的耐久性に優れる研究結果も。黄色ブドウ球菌や大腸菌に対する抗菌特性も持つことも明らかになったという。

 また、ホルムアルデヒドや揮発性有機化合物など人体に有害な化合物を使用せずに室温下で成形加工できるため、応用シーンが幅広いほか、化石資源に依存しない再生可能資源としての利用が期待できるとしている。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon