古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

カメラを強化した4.7型コンパクトスマホ――「AQUOS SERIE mini SHV38」

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/01/11
カメラを強化した4.7型コンパクトスマホ――「AQUOS SERIE mini SHV38」 © ITmedia Mobile 提供 「AQUOS SERIE mini SHV38」

 KDDIが、シャープ製のスマートフォン「AQUOS SERIE mini SHV38」を2月上旬に発売する。カラーはネイビー、ホワイト、ピンクの3色。

 AQUOS SERIE miniは幅67mmのボディーに4.7型ディスプレイを搭載したコンパクトスマホ。2016年11月に発売した「AQUOS U SHV37」同様、丸みを帯びたデザインとなっているが、ディスプレイ解像度やカメラなどのスペックはSERIE miniの方が高い。なおソフトバンクの「AQUOS Xx3 mini」とハードウェアは同じ。

 4.7型フルHD(1080×1920ピクセル)ディスプレイには、カーブの掛かった2.5Dガラスと強化ガラスを採用。もちろんシャープのスマホではおなじみの技術「IGZO」も搭載している。ディスプレイ下のLEDと画面が連動して、着信時やロック解除時などにさまざまな動きを表現する「ヒカリエモーション」を搭載する。

 2100万画素のアウトカメラは、リコーの画質認証プログラム「GR certified」を取得。側面にはシャッターキーを備えたほか、光学式手ブレ補正にも対応した。800万画素のインカメラは画角が約100度と広角になり、インカメラ専用のフォトライトも搭載した。肌を滑らかに見せる「美肌補正」、自然に小顔に見せる「セルフィー小顔モード」も用意した。

 シャープ独自のAI機能「エモパー」は最新の「5.0」をプリセット。音声によるアラーム&タイマーの設定、ロック画面を2回タップして話すだけでメモを残せる機能などを利用できる。

 目を識別することでロックを解除できる「見るだけ解除」、画面の上端をなぞってスクリーンショットが撮れる「Clip Now」、本体を持ったまま手首をひねると1つ前のアプリに戻れる「ツイストマジック」などの便利機能も用意。IPX5/8の防水性能はバスルームでの使用もサポートする。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon