古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

カラバリ豊富でインカメラも「ライカ」に! 写真で見る「HUAWEI P10」「HUAWEI P10 Plus」

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/02/28
カラバリ豊富でインカメラも「ライカ」に! 写真で見る「HUAWEI P10」「HUAWEI P10 Plus」 © ITmedia Mobile 提供 HUAWEI P10

 全世界で1000万台の出荷を記録した、2016年のHuaweiのフラッグシップスマートフォン「HUAWEI P9」「HUAWEI P9 Plus(日本未発売)」。その後継モデルとなる「HUAWEI P10」「HUAWEI P10 Plus」が、「Mobile World Congress 2017」に合わせて発表された。

 先代のP9はITmedia Mobileの「スマートフォン・オブ・ザ・イヤー2016」を獲得したSIMフリースマホで、ユーザーからの支持も高い。残念ながら、日本はP10シリーズの最初の発売国に含まれていないが、今後日本でも発売される可能性も大いにある。それを期待して、P10を中心に2モデルの特徴を写真で紹介していく。

●女性の手でも持ちやすい

 P10は、P9よりもやや小さい5.1型のフルHD(1080×1920ピクセル)IPS液晶を搭載する。ピクセル密度は432ppiで、表示は鮮明だ。また、左右の額縁が非常に狭く、幅69.3mmに抑えられているため、女性の手でも持ちやすい。

 一方、5.5型IPS液晶(ピクセル密度540ppi)を搭載するP10 Plusは、当然P10よりも大きいが、手に余る感じはしない。

●指紋センサーは「ナビゲーションキー」として本体正面に

 P9とのデザイン上の大きな違いは、P9では背面にあった指紋センサーがディスプレイ下部に移動した点にある。このセンサーは非常に高精度で、スリープ中にタッチするとスリープ解除とロック解除を一瞬で行える。

 この指紋センサーは「ナビゲーションキー」と呼ばれており、ロック解除以外の機能も割り当てられている。短く押すと「戻る」キー、長押しすると「ホーム」キー、左右にフリックすると「アプリの履歴(起動中のタスク)」キーと同じような働きをする。このキーはiPhone 7/7 Plusのホームボタンと同じようにボディーと一体化していてクリック感はない。慣れるまで戸惑いそうだが、反応は良好だ。

 どうしても慣れない場合は、従来と同じナビゲーションバーをディスプレイに表示することもできる。

●豊富なボディーカラーのバリエーション

 ボディーのカラーバリエーションが多いのも、P10とP10 Plusの特徴の1つ。2機種で共通の色はCeramic White、Dazzling Blue、Dazzling Gold、Graphite Black、Mystic Silver、Rose Gold、Greeneryの7色。P10には他にPrestige Goldがある。ちなみに、Dazzling BlueとGreeneryはPANTONEとのコラボモデルだ。ボディーの表面仕上げは色によって異なっており、Ceramic Whiteは光沢、Dazzling Blue、Dazzling Goldはハイパーダイヤモンドカット仕上げ、Graphite Black、Mystic Silver、Rose Gold、Greenery、Prestige Goldはサンドブラスト加工となっている。

●インカメラも「ライカ」 しかし……

 P10とP10 Plusのアウトカメラは、P9に引き続きLeica(ライカ)と共同開発したものを搭載している。2000万画素のモノクロセンサーと1200万画素のRGB(カラー)センサーを採用したデュアルカメラ構成だ。メインカメラのレンズはP10がF2.2の「SUMMARIT-H」レンズ、P10 PlusがF1.8の「SUMMILUX-H」レンズで、光学手ブレ補正も搭載している。

 インカメラもLeicaレンズになったことも、P10・P10 Plusの大きな特徴だ。センサーは800万画素、レンズはF1.9と明るい。自撮りの際には、大人数になると自動でワイドアングルになるソフト面での工夫もなされている。

 カメラアプリには「Standard」「Vivid colours」「Smooth colours」の3タイプのフィルムモード、人物を撮る際に3Dで顔を検出し、自然に人物を強調する「ポートレートモード」などが用意された。ただし、P9において年齢が高めの女子ユーザーに大好評だった「ビューティモード」は省かれてしまった。ポートレートモードについても、P9のそれよりもかなり現実に近い写真となる。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon