古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ガル・ガドット主演のDC映画『ワンダーウーマン』、日本公開日が8月25日に決定

Real Sound のロゴ Real Sound 2017/02/03 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 ガル・ガドット主演映画『ワンダーウーマン』の日本公開日が8月25日に決定した。 参考:2017年アメコミ映画のテーマは“多様性”? 杉山すぴ豊が“ヒーローと時代のシンクロ”を考察  本作は、『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』『スーサイド・スクワッド』に続く、DCコミックス原作のDCエクステンディッド・ユニバースに属するアクション映画。人間社会から孤立した女性だけの一族のプリンセスで、誰よりも優しく育った最強の女戦士ワンダーウーマン(ダイアナ・プリンス)の活躍を描く。  シャーリーズ・セロン主演映画『モンスター』のパティ・ジェンキンス監督がメガホンを取り、ワンダーウーマン役のガドットのほかに、『スター・トレック BEYOND』のクリス・パインが出演する。  数多くの女性スタッフによって製作された本作について、ジェンキンス監督は「『ほら、女だってこんな事ができるのよ!』って必死に売り込む必要がない。ワンダーウーマンはそんな時代を体現するキャラクターだと思う」と語る。ガドットは「かつて少女だった女性こそ、この物語を正しく描ける」と女性監督のジェンキンスへ絶大な信頼を寄せている。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon