古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ギリシャ、国際債権団と改革案で合意=財務相

Reuters のロゴ Reuters 2017/05/02

[アテネ/ワシントン 2日 ロイター] - ギリシャのチャカロトス財務相は、同国と国際債権団が2日、金融支援を巡る改革案で合意したと発表した。これにより、新たな融資の確保に向けて道が開けたことになる。

財務相は記者団に対し「合意に達した」とし、「技術的な交渉はすべての分野で終了した。債務軽減協議への道が開けた」と述べた。

同案には、労働・エネルギー分野の改革のほか、年金削減や増税が含まれる。改革状況の審査の一環となる協議は昨年10月に開始し、昨年末に終了することが見込まれていた。

ギリシャは、7月期限の75億ユーロにのぼる債務支払いについて、ユーロ圏財務相らが同意する前に、新たな改革案を法制化しなければならない。次回予定されているユーロ圏財務相会合(ユーログループ)は5月22日。引き続きギリシャの債務削減について協議されるとみられている。

改革案では、ギリシャ政府が2019年の年金削減と20年の非課税限度額の引き下げを確約した。これにより、国内総生産(GDP)の2%相当を削減する。

この目標を上回れば、減税など、追加の緊縮策による影響を相殺するような一連の措置を始動させることが認められる見通し。

2日の改革案合意後、債権団は、一段の債務救済措置を認めるうえで重要な要素となるギリシャの中期的な基礎的財政収支の黒字目標を内々に決定したもよう。

IMFはギリシャに対し、緊縮策をさらに導入し、欧州連合(EU)による一段の債務救済措置が認められない限り、高水準の基礎的財政収支黒字を維持できないとの見方を示している。

ロイターが確認した草案文書によると、IMFは、ギリシャが債権団と合意した改革案を実行に移せば、基礎的財政収支が18年に2.2%の黒字に達し、19─21年には3.5%の黒字に向かうと予想。それ以降は基礎的財政収支の対GDP比目標を1.5%の黒字に引き下げると提案している。

ギリシャ政府報道間は今後の日程について、ユーロ圏財務相会合が開かれる5月22日、もしくはその数日後までに債権団と中期的な債務減免を含む包括的な合意を得たいと述べた。

ギリシャ、国際債権団と改革案で合意=財務相 © REUTERS ギリシャ、国際債権団と改革案で合意=財務相

ユーロ加盟国側は債務減免についてこれまでも条件が満たされれば交渉を開始する用意があるとの姿勢を示してきたが、ギリシャ側が示した日程に合意しているかは現時点では不明。

IMF報道官は今回の合意について、IMFによるギリシャ支援の関与を妨げてきた要因が1つ解消されたと指摘。ただIMFはこれまでもギリシャ支援に関与するには改革実施と債務減免の双方が必要との立場を示してきたとし、債務減免をめぐる項目がまだ残っていると述べた。

*内容を追加して再送します。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon