古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

クソリプが集まると3Dプリンタで「ウンコ」を出力する装置をつくった

エキサイト Bit のロゴ エキサイト Bit 2016/12/08
© Excite Bit 提供

「クソリプ」という言葉をご存知だろうか? 

クソリプとは、Twitterの投稿に寄せられる、ひとりよがりなリプライ(クソのような返信)を指す。ツイート内容に関係ない唐突な自分語りや、上から目線の知識自慢、会話への割り込みがクソリプと言われる。

アイドルやモデル、一般の女性にもこうしたリプライをしては無視される男性たち、通称「クソリプおじさん」は、本人に自覚がないせいか投稿を改める気配がない。年末も迫るなか、クソリプの”クソ具合”を視覚化して「供養」するため、ある装置を作ることにした。今年のクソリプ供養は今年のうちにである。

クソリプの実体化に挑む

© Excite Bit 提供

クソリプの問題点は本人に自覚がないこと。だったらクソリプを実体化して、その酷さが見えるようになればいいのでは。という安易な発想で考えてみたのが、「クソリプ3D供養」装置。Twitter上にクソリプが一定数集まったら、3Dプリンタでリアルな「ウンコ」が自動で印刷されるというものだ。

簡単にイラストにするとこうなる。3Dプリンタから排出された物体が、ベルトコンベア的な装置に乗って便器に流れ込んでいく。

© Excite Bit 提供

こんな装置を作ってみたいけれど、筆者にはその技術がない。そこで製作を依頼したのがこの二人だ。

© Excite Bit 提供

宮元直也さんと山岸昂介さんは普段IT企業でエンジニアをしながら、「illmatic工業」というユニットで、ものづくりイベント「メーカーフェア」に出展するなどしている。自宅に保有する3Dプリンタを電子レンジのように楽々と使いこなす。

イラストを見せてみる

「あの、クソリプを3Dプリンタで実体化したいんですけど」

(何言ってんだコイツという間)

「クソリプってあのTwitterのクソリプですよね?」

「そうそうネットでクソリプが溜まると、3Dプリンタがガーッと動いて、ウンコをプリント! ベルトコンベアでそのまま便器のところまで運ばれるんですよ!!」

「・・・」

© Excite Bit 提供

クソリプ実体化装置の仕組み

なんとか話がまとまり制作に協力してもらえることになった。装置の仕組みとしてはこうだ。

(1)Twitterのハッシュタグに投稿されたツイート数を集計

(2)一定数を超えたらプログラムで3Dプリンタに命令を送信

(3)ウンコのモデルを印刷する。

作成しながら「クソの色はどうしようか?」「ピンクが可愛らしくて良い」「やっぱりリアルな茶色がいいのでは」「巻きの回数は2巻き?それとも3巻き?」といった会話が交わされる。発する言葉が無意識に大腸へ刺激を与えたのだろうか、作業中にトイレへ行く回数が心なしか増えた。

順調に作業は進んでいたが、想定外の事態が発生した。

クソリプの集計から3Dプリントまでは全自動だが、印刷されたウンコはわざわざ人間がベルトコンベアに手で乗せて便器に移すしかないらしい。近代工業社会を風刺する映画のような設定である。

3Dプリンタでウンコを実際に印刷してみる

© Excite Bit 提供 © Excite Bit 提供

まずはウンコを印刷してみる。茶色っぽいフィラメント(素材)が取り寄せ中のため白いウンコで試し刷りをする。

土台部分からジワリジワリと形状ができていき、40分ぐらいでオシャレな「巻きグソ」ができあがった。組み上げたベルトコンベア的な装置に乗せると、自動で白ウンコが輸送される。

© Excite Bit 提供

クソリプ集計アカウントとハッシュタグ

© Excite Bit 提供 © Excite Bit 提供

クソリプを集計するにあたり今回は専用のハッシュタグ「#クソリプ3D供養」を作成。このハッシュタグに集まった投稿数が一定数を超えると、3Dプリンタが稼働してウンコが出てくる。稼働と同時にカメラが3Dプリンタ内を撮影し、写真をクソリプ供養専用アカウント(@kusoripu_kuyou)にアップ。クソリプ実体化の完了後も、写真付きツイートで印刷完了を教えてくれる。なんとも便利な仕組みだ。

© Excite Bit 提供 © Excite Bit 提供

みなさんのクソリプを供養します

© Excite Bit 提供

せっかく作った「クソリプ3D供養」マシン。われわれだけで使うのはもったいない。有効活用するため、みなさんのクソリプを集めて供養したい。そこで、12月9日に、年末クソリプ供養キャンペーンを実施します。「こんなひどいクソリプをされた」「このクソリプを供養しないと今年を終えられない」「元彼に送られた実録クソリプ」など、自身に関するクソリプを募集します。ハッシュタグ「#クソリプ3D供養」をつけてツイートすると、3Dプリンタが稼働して実際にウンコとして供養される。以下クソリプ3D供養の募集概要だ。

○供養期間:2016年12月9日 ※状況により期間を延長する場合があります

◯投稿方法:以下例のように「#クソリプ3D供養」を付けてツイートしてください。

クソリプを具現化! #クソリプ3D供養 を付けてつぶやくと3Dプリンタでウンコが生成されます。 できたてホカホカの写真は @kusoripu_kuyou で順次掲載していきます。 pic.twitter.com/HmPX7xs4vj

— エキサイトニュース (@ExciteJapan) 2016年12月8日

自動的に「クソリプ供養アカウント(@kusoripu_kuyou)」にて集計の上、3Dウンコとして供養致します。

◯確認方法:クソリプ供養(@kusoripu_kuyou)の公式ツイッターにて供養完了(プリントアウト)時の3Dウンコの写真を投稿致します。

皆さんの投稿お待ちしております。(エキサイトニュース編集部)

© Excite Bit 提供

エキサイトBitの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon