古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

グザヴィエ・ドラン最新作『たかが世界の終わり』予告編、レア・セドゥが泣き叫ぶ

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/11/25 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 第69回カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作『たかが世界の終わり』より、予告編が公開された。 動画はこちら  本作は、『わたしはロランス』『Mommy/マミー』のグザヴィエ・ドラン監督最新作。12年ぶりに帰郷した劇作家ルイとその家族が愛し合い、傷つけ合う様子を描き出す。  公開された予告編は、主要キャストのギャスパー・ウリエル、レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、マリオン・コティヤール、ナタリー・バイが、ドラン監督とともに、グランプリを受賞したカンヌ国際映画祭のレッドカーペットを歩く様子から始まる。その後、自らの死を告げるために12年ぶりに帰郷したルイと家族の喜ばしい再会が描かれるほか、久しぶりの家族の団欒が次第に波乱に向かっていく様子が捉えられている。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon