古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ゲーム入門なら10万円台とお手頃で取り回しやすい15.6型ゲーミングノート

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/08/21
ゲーム入門なら10万円台とお手頃で取り回しやすい15.6型ゲーミングノート © KADOKAWA CORPORATION 提供 ゲーム入門なら10万円台とお手頃で取り回しやすい15.6型ゲーミングノート

「LEVEL-15FH060-i7-LSS」 「LEVEL-15FH060-i7-LSS」  ゲーミングパソコンながら、およそ幅380×奥行270×高さ36mmとスタンダードな15.6型ノートパソコン並みのサイズを実現している「LEVEL-15FH060-i7-LSS」。スタイリッシュな筐体にCore i7-7700HQ(2.8GHz)、GeForce GTX 950M、8GBメモリー、240GB SSDを搭載し、今なら10万7978円で購入できる(8月29日14時まで)コスパの高さも魅力だ。  前回は、LEVEL-15FH060-i7-LSSの外観や使い勝手について紹介した。今回は、実際にどれくらいの性能を持っているのか、ベンチマークを見ていこう。  まずは、パソコンの総合的なパフォーマンスをチェックする「PCMark 8」と「PCMark 10」から。「Home Accelerated」が3210、「Creative accelerated」が4771、PCMark 10が3864という結果だった。ウェブブラウジングや動画閲覧はもちろん、写真や動画の編集などクリエイティブな作業もある程度ならこなせそうだ。 PCMark 8のHome Acceleratedの結果 PCMark 8のHome Acceleratedの結果 Creative acceleratedの結果 Creative acceleratedの結果 PCMark 10の結果 PCMark 10の結果  CPUの性能をチェックする「CINEBENCH」では、マルチスレッドが686cb、シングルコアで153cbという値になった。デスクトップ向けのCore i7-7700と比べると劣るが、デュアルコアのCore i7-7500Uと比べると大分高スコアだ。 CINEBENCHの結果 CINEBENCHの結果  ゲーム性能をチェックする3DMarkでは、「Tyme Spy」が1117、Fire Strikeが3461、Sky Diverが11494という結果に。Steamで配信している大作ゲームをすべて快適にとまではいかないが、MMORPGであれば快適にプレーできそうだ。 Time Spyの結果 Time Spyの結果 Fire Strikeの結果 Fire Strikeの結果 Sky Diverの結果 Sky Diverの結果  ゲーム系のベンチマークとして、「ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4k」と「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」をチェックした。  ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4kは、最高品質、1920×1080ドット、フルスクリーンに設定して、10426(すごく快適)という結果だった。ドラゴンクエストXであれば、フルHDで何の問題もなく遊べる。 ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4kの結果 ドラゴンクエストX ベンチマークソフト Ver1.4kの結果  ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマークは、高品質ノート(ノートPC)、1920×1080ドットという設定で5823(とても快適)という結果だった。デスクトップ向けのCPUやGPUを搭載しているマシンと比べるとスコアは低めだが、評価がとても快適なのでこちらも快適に遊べるだろう。 ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマークの結果 ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマークの結果  LEVEL-15FH060-i7-LSSは240GB SSDを搭載しているので、ストレージの速度を計測する「CrystalDiskMark」も計測。シーケンシャルリードが530.4/秒という結果だった。実際にWindowsの起動などもキビキビしていて好印象だ。ゲームなどを多数インストールしておきたいから240GBだとちょっと……という人は、BTOカスタマイズで500GB SSDまで搭載できるほか、M.2 SSDも増設可能だ。 普段作業&ゲーミング用途やPCゲーム初心者にオススメ!  LEVEL-15FH060-i7-LSSは、スタイリッシュな筐体でゲームもある程度しっかりプレーできる性能を持っているゲーミングノートパソコンだ。自宅で普段作業をするメインマシンとして使いつつ、ゲームもプレーしたいという人は、ぜひ検討してみてほしい。また、10万7978円からと価格もお手頃なので、これからPCゲームを始めるためのゲーミングノートパソコンを探している人にもピッタリなマシンだろう。 試用機の主なスペック 機種名 LEVEL-15FH060-i7-LSS CPU Core i7-7700HQ(2.8GHz) グラフィックス GeForce GTX 950M メモリー 8GB ストレージ 240GB SSD ディスプレー 15.6型(1920×1080ドット)、ノングレア 内蔵ドライブ ー 通信規格 有線LAN(1000BASE-T)、無線LAN(IEEE 802.11a/b/g/n/ac)、Bluetooth 4.2 インターフェース USB 3.0端子×2、USB 3.1(Type-C)端子、USB 2.0端子、HDMI端子、ミニD-sub 15ピン、ヘッドフォン/スピーカー出力端子、マルチメディアスロットなど サイズ/重量 およそ幅380×奥行270×高さ36mm/約2.3kg ■関連サイト 製品情報 パソコン工房

ゲーム入門なら10万円台とお手頃で取り回しやすい15.6型ゲーミングノート

ゲーム入門なら10万円台とお手頃で取り回しやすい15.6型ゲーミングノート
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon