古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

サウジ、ムハンマド副皇太子が皇太子に昇格 米英が祝意

Reuters のロゴ Reuters 2017/06/21

[ドバイ 21日 ロイター] - サウジアラビアのサルマン国王は21日、息子のムハンマド・ビン・サルマン副皇太子兼国防相(31)を皇太子に昇格させた。これにより、同氏は王位継承第1位となり、強大な実権を手中に収めることになる。

国王のおいであるムハンマド・ビン・ナエフ皇太子は、全職務を解任される。同氏は長年にわたりサウジのテロ対策を統括してきた。同氏が兼任していた副首相職は、ムハンマド新皇太子に移譲される。

ムハンマド・ビン・サルマン氏の昇格は、王位継承を協議する「忠誠委員会」のメンバー34人のうち31人の賛成で承認された。

同氏は、イエメンでの戦闘、エネルギー政策、サウジ経済の脱石油依存を目指す取り組みなどで指揮をとってきた。今後も国防相を兼任し、同国の石油・経済政策を担う。

アナリストらは、同氏の皇太子昇格によって、中東地域の覇権を巡りサウジが敵対するイランやカタールなどに対してより強硬な政策を取り、中東地域のさらなる不安定化を引き起こす可能性があるとみている。

サウジ、ムハンマド副皇太子が皇太子に昇格 米英が祝意 © REUTERS サウジ、ムハンマド副皇太子が皇太子に昇格 米英が祝意

スイスのコンサルタント会社ペトロマトリックスのオリバー・ジェイコブ氏は、「(ムハンマド・ビン・サルマン氏の)監視の下、サウジはこれまで強硬な外交政策を展開しており、同氏はイランに対して強気な発言をためらうことなく行ってきた」と指摘。「イランと再び緊張が高まるのはほぼ確実で、それがいつになるかが問題」という。

トランプ米大統領はムハンマド新皇太子と電話で会談し、昇格に祝意を伝えた。ホワイトハウスの声明によると、会談ではテロリストや過激派へのあらゆる支援の阻止やサウジなど中東主要国がカタールとの国交を断絶した問題を協議した。

国営カタール通信(QNA)によると、同国のタミム首長はムハンマド新皇太子に祝意のメッセージを送った。英国のメイ首相もまた、皇太子人事を歓迎。

一方、イランは皇太子交代を「穏健なクーデター」と批判した。

経済面での影響についてアナリストらは、今回の決定で王位継承を巡る不透明感が払しょくされ、ムハンマド新皇太子は、石油依存度の高い経済の改革を迅速に進めることが可能になるとみている。

サウジの政府高官によると、ムハンマド・ビン・ナエフ氏は、国王に宛てた書簡で、この決定を支持すると表明した。

新皇太子の発表を受けて国内株式市場は前日比5%以上値を上げこの日の取引を終えた。

*内容を追加しました。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon