古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

シャープの「AQUOS R」がソフトバンクから登場 5.3型WQHD液晶、下り最大612Mbps通信

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/05/11
シャープの「AQUOS R」がソフトバンクから登場 5.3型WQHD液晶、下り最大612Mbps通信: 「AQUOS R」のマーキュリーブラック © ITmedia Mobile 提供 「AQUOS R」のマーキュリーブラック

 ソフトバンクが、シャープのスマートフォン「AQUOS R」を7月上旬以降に発売する。発売に先駆け、6月16日に予約を受け付ける。カラーはマーキュリーブラック、ジルコニアホワイト、ブレイズオレンジの3色。

 AQUOS Rは、シャープが投入する新しいフラグシップスマートフォン。これまでのスマートフォンAQUOSは、納入するキャリアごとに製品名を変えていたが、今後、フラグシップ機は「AQUOS R」で統一する。

 ディスプレイの解像度は従来のフルHD(1080×1920ピクセル)からWQHD(1440×2560ピクセル)に向上したほか、通常の2倍となる、1秒間に120回の更新(120Hz駆動)が可能な「ハイスピードIGZO」を採用。AQUOS Xx3との比較で、液晶の応答速度が約1.5倍向上した。

 液晶テレビ「AQUOS」の技術をモバイル向けに最適化した「リッチカラーテクノロジーモバイル」を搭載し、デジタルシネマの標準規格「DCI」に対応した広色域の表示が可能に。白飛びや黒つぶれを抑えた鮮やかな表示が可能なHDR(ハイダイナミックレンジ)表示にも対応し、「Amazonプライムビデオ」などHDR対応コンテンツを視聴できる。さらに、標準画質の動画をHDR画質に変換する「バーチャルHDR」にも対応する。

 2260万画素のアウトカメラは22mm相当(35mmフィルム換算)、1630万画素のインカメラは23mm相当(35mmフィルム換算)の広角撮影が可能だ。手ブレ補正は、従来の静止画、動画撮影での光学式手ブレ補正に加え、アウトカメラとインカメラでの動画撮影時に電子式手ブレ補正にも新たに対応した。

 AI機能「エモパー」がさらに進化。ユーザーの行動や習慣を学習し、未来の予定や時期に合わせて「やるべきこと(ToDo)」を提案してくれる。また天気や占いなどの情報をすぐに知りたいときは、「ハロー、エモパー」と声で呼び出して質問できるようになる。

 動く充電台「ロボクル」を付属しており、AQUOS Rをセットすると、電話着信時やアラーム鳴動時、メールの新着通知や不在着信が来ているときなどにユーザーを探し、振り向いて知らせてくれる。

 プロセッサはQualcommのSnapdragon 835、内蔵ストレージは64GB、メインメモリは4GBを搭載した。バッテリー容量は3160mAh。防水(IPX5/8)と防塵(じん)(IP6X)、ワンセグ/フルセグにも対応する。

 キャリアアグリゲーション、4×4 MIMO、256QAMといった技術により、通信速度は理論値で下り最大612Mbpsに対応(上りは最大37.5Mbps)。612Mbpsの通信は札幌や名古屋など一部エリアからスタートし、全国都市に順次拡大する。対応エリアはWebサイトから地域ごとに確認できる。

※初出時に上り速度を「75Mbps」としていましたが、ソフトバンクのリリースの記載が誤っており、正しくは「37.5Mbps」のため、訂正いたしました(5/11 23:00)。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon