古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ジェフ・ミルズ、来春再来日公演決定 東阪で東京フィルコラボコンサート

Real Sound のロゴ Real Sound 2016/12/08 株式会社サイゾー
© Real Sound 提供

 ジェフ・ミルズが、コラボレーションコンサート『爆クラ!presents ジェフ・ミルズ×東京フィルハーモ二交響楽団×バッティストーニ クラシック体感系Ⅱ -宇宙と時間編』を2017年2月22日に大阪・フェスティバルホール、25日に東京・Bunkamura オーチャードホールにて開催することが決定した。

(関連:ジェフ・ミルズメッセージ動画はこちら)

 今年3月に開催した来日公演は開催告知のアナウンスと同時にチケットが完売。2月の公演では、宇宙をテーマに2月22日発売の新アルバム『Planets』を初披露するとのこと。今回の指揮を担当するのは、2012年ミラノ・スカラ座歌劇場に史上最年少でデビューを果たした東京フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者であるアンドレア・バッティストーニ。

 同公演は、著述家、プロデューサーの湯山玲子が2011年より主宰するクラシック音楽のトーク&リスニング・イベント『爆クラ!』の一環として発信するものとなる。当日のナビゲーションも担当する湯山は、「クラシック音楽をより自由にするこの試みを通して、みなさまと音楽の間にのっぴきならぬ絆ができることを切に祈っています!」とコメント。

 なお両公演のチケットは、2017年1月14日の一般発売に先駆けた先行抽選の受付をスタート。詳細はイベント公式サイトにて発表している。(リアルサウンド編集部)

Real Soundの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon