古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ジャニーズ事務所に“分社化”の噂! 圧倒的な嫌われ者の存在が原因か?

TOCANA のロゴ TOCANA 2017/06/26 株式会社サイゾー

 SMAPというグループを失い、9月には元メンバーのうち3人が退所することが決まったジャニーズ事務所。今後は嵐を主軸に事務所運営を行っていくといわれているが、実はまったく別の見方をしている業界人が多いという。

「ジャニーズ事務所は将来的に分社化するのではないかといわれています」(プロダクション関係者)

 分社化とは驚きだが、そのような声が続々と発せられているという。

「SMAP騒動以降、ほかのタレントからも事務所に対する不満が続出しています。特に裏方でありながら事務所やタレントのイメージをガタ落ちさせているメリー喜多川副社長に対する不満は根強く、番組スタッフがいるような場所で公然と口撃する所属タレントもいるほどなんです」(同)

 たしかに本来はイメージを守るべき人間が事務所の信頼を失墜させているのだから、内部の人間が怒るのも当然といえるだろう。

「こうした不満はただの愚痴レベルで終わらず、中には信頼が厚いジャニーさんやジュリーさん、そのほかの幹部に別事務所を立ち上げてほしいと提案するタレントもいるほどです。そして、こうした声に賛同するスタッフもいるそうです」(同)

 賛同するスタッフがいるということは、将来的に分社化があってもおかしくないということになる。

© TOCANA 提供

「もちろん、メリーさんを追い出すならば事務所に残るでしょうが、それができないなら別会社を立ち上げてほしいと懇願するタレントもいるんです。つまり、メリーさんのいるジャニーズ事務所には所属したくないということです」(同)

 タレントからも三下り半を突き付けられた格好だが、メリー副社長が自ら辞めるとは思えない。そのため、分社するのではないかといわれている。

「ただ、分社化したとしても、将来的にはまた合流したいという思いもあるようです。SMAPの元メンバーも女性マネージャーIさんが立ち上げる新事務所に移籍するといわれていますが、結局はメリーさんのいない事務所にみんな行きたいんですよ。なので彼女を排除してから再合流するのではないかといわれているんです」(同)

 このような未来を見据えているからこそ、SMAPの元メンバーも温かく見送られるといわれているそうだ。いずれにしても、ここまで嫌われ者となったメリー副社長にはなにかしらの決断が求められるはずなのだが……。(文=吉沢ひかる)

※画像は、Thinkstockより

TOCANAの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon