古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

スコットランド民族党、大幅議席減で独立巡る国民投票に暗雲

Reuters のロゴ Reuters 2017/06/09

[エジンバラ/ロンドン 9日 ロイター] - 英スコットランド民族党(SNP)は8日の総選挙で56の現有勢力のうち21議席を失う敗北を喫した。スコットランド独立の是非を問う2度目の国民投票を目指す動きに水を差される結果となった。

2年前の総選挙で大躍進したSNPは今回ロバートソン副党首やサモンド前党首が落選した。

スコットランド民族党、大幅議席減で独立巡る国民投票に暗雲 © REUTERS スコットランド民族党、大幅議席減で独立巡る国民投票に暗雲

スタージョン党首は「残念な結果だった。英国のEU離脱と(スコットランドの)独立を巡る不確実性が要因」と総括し「SNPはいろいろ考えるべきことがある」と述べた。

スコットランド保守党のデービッドソン党首は20年ぶりの大勝利だと述べ「望まれていない2度目の国民投票にスタージョン氏が照準を合わせていなければ、SNPがこれほど議席を失うことはなかった」との見方を示した。

デービッドソン氏は「スコットランドの住民の多くはスタージョン氏に対して(国民投票への)反対を明確に表明した。スタージョン氏は主張を取り下げるべきだ」と述べた。

選挙の結果、SNPの議席は35、保守党は13議席となった。労働党は7議席、自由民主党は4議席を獲得した。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon