古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

セイコーの通ったルートを3Dで記録する「ランドトレーサー」がおもしろかった

ザテレビジョン のロゴ ザテレビジョン 2017/09/27
セイコーの通ったルートを3Dで記録する「ランドトレーサー」がおもしろかった © KADOKAWA CORPORATION 提供 セイコーの通ったルートを3Dで記録する「ランドトレーサー」がおもしろかった

「気圧」「温度」「方位」3つのセンサー機能をもつFIELDSENSORを搭載し、「高度」「気圧」「温度」「方位」の計測が可能。登高スピードの表示機能があり、ペース配分の計画にも役立ちそうだ 「気圧」「温度」「方位」3つのセンサー機能をもつFIELDSENSORを搭載し、「高度」「気圧」「温度」「方位」の計測が可能。登高スピードの表示機能があり、ペース配分の計画にも役立ちそうだ  ここ数年、登山ブームが続いている。秋は、紅葉で彩られた景色が広がり、山歩きに最高の季節だ。しかし、登山やハイキングの初心者にありがちなのが、ひたすらリーダーの後ろについて歩くばかりで、自分が今どこを通っているのかわからない、というパターン。ペース配分しづらく、記憶にも記録にも残らないのでは、イマイチ楽しめない。 外側に6つのボタンを搭載。左下のボタンを押すと、天気/高度計/気圧・温度計/方位計の4つのモードが切り替わる。この画面は天気 続いて高度 外側に6つのボタンを搭載。左下のボタンを押すと、天気/高度計/気圧・温度計/方位計の4つのモードが切り替わる。この画面は天気 続いて高度  そんな登山ビギナーの助けになりそうなのが、セイコー プロスペックの登山用ソーラーウオッチ「ランドトレーサー」だ。高度、気圧、温度、方位の計測機能に加え、独自の「フィールドログ」機能を搭載。スマホ専用アプリ「LAND TRACER」と連携して、登山ルートを3D記録し、Googleマップに重ねて表示できる。今回は、登山ビギナーの筆者がフィールドログ機能でハイキングを記録してみた。 気圧 コンパス 気圧 コンパス  ソーラー駆動なので、電池切れを心配しなくてもいいのがうれしい。まったく光の当たらない場所に閉まっておいても約4ヵ月はもつそうだ(※フル充電の場合)。 時計の高度情報とスマホの位置情報から3Dログを記録  スマホとは、Bluetoothで接続する。はじめて使う際は、ペアリングが必要だ。スマホの専用アプリを起動して下のボタンを長押しすると、時計と接続する。同期が完了すると、時計側に天気情報が表示されるようになる。 アプリを起動して下のボタンを長押しすると、ペアリングと同期が始まる 一度ペアリングすれば、あとは自動的に接続されるが、すぐにデータを同期させたいときは、随時6時位置のボタンを長押しすればいい アプリを起動して下のボタンを長押しすると、ペアリングと同期が始まる 一度ペアリングすれば、あとは自動的に接続されるが、すぐにデータを同期させたいときは、随時6時位置のボタンを長押しすればいい  なお、高度は計測した気圧データを基に算出しているため、天候によっては誤差が生じる場合がある。登山中に標識と計測データのズレを見かけたら、高度を補正するのがおすすめだ。現在地の目安となる高度は、標高を記載した案内のほか、地図情報サービスなどで補正しよう(参考:地図蔵 https://japonyol.net/latlng.html)。  フィールドログの記録は、左下のボタンを押してフィールドモードに切り替えてから、右下のボタンを長押しして、スマホと接続してRECと表示されると記録開始だ。 写真入りの登山ルートが簡単に作れる  フィールドログは、移動の軌跡をとるだけではなく、タイムラインに写真やコメントを入れて残せる。歩きながらアプリで写真を撮ると、次々とタイムラインに登録されていく。自動的に登山ガイドブックのようなルートが作れるのは楽しい。  分岐点や休憩地点では、ログポイントとして記録しておくと、距離やペースなどをあとで振り返りやすい。ログポイントごとに、緯度、経度、高度、天気の情報が登録できる。  記録したフィールドログは、日付順にリスト化される。登山ルートや写真をゆっくりと振り返ることができ、次回、登山計画を立てるときの参考にもなる。 3Dトレースログの動画をSNSシェア  フィールドログの上部には、移動した軌跡が表示され、今どこにいるのか、どれだけ歩いたのか一目瞭然だ。3Dグラフ表示にも切り替えられ、スナップショットやムービーに出力できる。 軌跡マップには移動時間と距離も表示されるので、ペース配分の確認にも役立つ 軌跡マップには移動時間と距離も表示されるので、ペース配分の確認にも役立つ 移動経路を高度情報と合せた3Dグラフに表示 移動経路を高度情報と合せた3Dグラフに表示 アプリ上では3Dグラフを360度、グルグルと自分で好きな方向に回転させることができる!  こうしたスマホ連携ガジェットの使い心地は、アプリの出来次第だ。専用アプリ「LAND TRACER」は、フィールドログ、カメラにトップ画面からワンタップでアクセスでき、お出かけに必須の地図や天気、カメラといった複数のアプリをいちいち切り替えなくても済むのはスマートだ。フィールドログは見やすく、写真がタイムラインに記録できるので、ふだんならスルーしそうな草花や案内板をじゃんじゃん撮影して、予想以上に楽しめた。登山に限らず、日頃のウォーキングや、旅行の街歩きにも使いたくなる。  唯一残念なのは、このタイムラインのログをそのまま保存・シェアできないことだ。つまり、アプリを削除するとログが消えてしまう。撮影した写真はスマホ内に保存されているので、フィールドログの距離データをもとにブログやSNSに残しておくといいだろう。将来、HTMLなどへの書き出しやクラウド共有機能などのサービスが追加されることを期待したい。 3Dグラフは、スナップショットや動画に出力してSNSでシェアできる 3Dグラフは、スナップショットや動画に出力してSNSでシェアできる 製品名 セイコー プロスペックスランドトレーサー ダウンヒラー限定モデル セイコー プロスペックスランドトレーサー レギュラーモデル 商品番号 SBEM005(井本はじめ選手コラボカラー) SBEM001(レッド) SBEM003(ブラック) キャリバー クオーツムーブメントS833 駆動形式 ソーラー発電 ケース径/厚み 49.5mm/12.4mm(ともに設計値) ケース素材/バンド素材 プラスチック+一部アルミ/ブラックシリコン 主な仕様 Bluetooth通信機能、通信オフ機能(機内モード)、フィールドログ、天気予報表示、こよみ情報表示、高度計測機能(登高スピード、高度)、気圧計測機能(気圧傾向グラフィック、気圧)、温度計測機能、方位計測機能、発電レベル、電池残量表示、ストップウォッチ、アラーム、フルオートカレンダー、LEDライト 防水性能 20気圧防水 発売 2017年6月9日 本数 限定1000本 数量制限なし 実売価格 4万3310円 3万7770円 ■関連サイト ニュースリリース ランドトレーサー特設サイト セイコーウオッチ

セイコーの通ったルートを3Dで記録する「ランドトレーサー」がおもしろかった

セイコーの通ったルートを3Dで記録する「ランドトレーサー」がおもしろかった
© KADOKAWA CORPORATION 提供

ザテレビジョンの関連リンク

ザテレビジョン
ザテレビジョン
image beaconimage beaconimage beacon