古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ソニーモバイル、スペックを抑えた「Xperia L1」をラインアップに追加

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/03/27
ソニーモバイル、スペックを抑えた「Xperia L1」をラインアップに追加 © ITmedia Mobile 提供 「Xperia L1」

 ソニーモバイルコミュニケーションズは、Xperiaスマートフォンのラインアップに「Xperia L1」を追加した。

 同社が2017年に発表したスマートフォンはいずれも「Xperia X」シリーズだが、そこに属さないLシリーズということで、スペックは抑えられている。カラーはブラック、ホワイト、ピンクの3色。OSはAndroid N(7.0)を採用している。

 Xperia XZなどでおなじみ、表と裏の側面に丸みを持たせたループ形状のボディーに、5.5型HD(720×1280ピクセル)ディスプレイを搭載。左右の縁を極力狭めた設計により、幅は74mmに抑えた。

 プロセッサはMediaTekの「MT6737T」(1.45GHz×4コア)を採用。メインメモリは2GB、内蔵ストレージは16GBで、最大256GBのmicroSDXCを利用できる。Xシリーズの中でもスペックの低いXperia XA1(3GBメモリ、32GBストレージ、MediaTek Helio P20 8コア)よりもL1の方がスペックは低い。

 カメラはアウトが1300万画素、インが500万画素。バッテリー容量は2620mAhで、Qnovoとの協業による、バッテリーの状態に応じて最適に充電をする技術が採用されている。LTEは下り最大150MbpsのCategory4をサポートしている。

 仮に日本で発売されれば1万円台ほどの価格が期待できそうだが、これまで日本で発売されたXperiaは大半が高スペックの機種なので、日本で発売する可能性は低そうだ。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon