古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ソニーモバイル、新フラグシップ「Xperia XZ1」、プレミアムコンパクト「Xperia XZ1 Compact」など3機種を発表

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/08/31
ソニーモバイル、新フラグシップ「Xperia XZ1」、プレミアムコンパクト「Xperia XZ1 Compact」など3機種を発表 © ITmedia Mobile 提供 「Xperia XZ1」

 ソニーモバイルコミュニケーションズが8月31日、ドイツ・ベルリンで開催される「IFA 2017」に先駆けて、Xperiaスマートフォンの新機種「Xperia XZ1」「Xperia XZ1 Compact」「Xperia XA1 Plus」を発表した。

 Xperia XZ1は9月4日週、Xperia XZ1 Compactは9月に発売する。日本での発売は現時点ではアナウンスされていない。Xperia XZ1とXperia XZ1 Compactは最新OSの「Android O(8.0)」を採用している。

●新フラグシップの「Xperia XZ1」

 Xperia XZ1は、Xperiaの新たなフラグシップスマートフォン。ソニーが培ったディスプレイ、カメラ、オーディオの技術をふんだんに盛り込んだ。ボディーカラーはBlack、Warm Silver、Moonlit Blue、Venus Pinkの4色。

 5.2型のフルHD(1080×1920ピクセル)液晶は従来機と同じだが、今回はBRAVIAで培ったHDR技術を注入しており、「Amazonプライムビデオ」や「Netflix」のHDR対応動画コンテンツを視聴できる。ディスプレイ面には強化ガラスの「Corning Gorilla Glass 5」を採用した。

 メタルボディーの本体は、背面から側面にかけて継ぎ目のないデザインを実現している。金属部分をバスタブ構造の1パーツで成形したことで、Xperia XZ/XZs比で1.5倍〜1.8倍強度がアップ。Xperia史上最高の曲げ・ねじれ強度を実現したという。なおXZ/XZsで採用した神戸製鋼の「アルカレイド(ALKALEIDO)」は本機では採用していない。

 本体はIP65/68の防水・防塵(じん)性能も確保している。その他のデザインは前モデルの「Xperia XZ」を踏襲しており、右側面にの電源キーに指紋センサーを備えた点も変わらない。

 カメラはソニーのメモリ積層型CMOSセンサー(Exmor RS for mobile)を用いた「Motion Eyeカメラシステム」を継承し、有効約1900万画素のアウトカメラを搭載。1秒960コマのスーパースローモーション撮影や、シャッターを押す前後の写真を最大4枚記録する「先読み撮影」を利用できる。

 Xperia XZ1では先読み撮影を強化し、XZで対応していた「被写体が動いたこと」に加え、「人間が笑顔になったこと」を検知したときにもメモリに画像を一次保存し(その後、シャッターを切ると4枚を記録)、笑顔を逃さずにとらえられる。また、動いている被写体にフォーカスを合わせ続けながら連写ができる「オートフォーカス連写」も追加した。

 新機能として「3Dクリエーター」を搭載。Xperia XZ1のカメラで人間の顔を3Dスキャンしたデータからアバターを作り、カメラのARエフェクトやSNS用のスタンプとして活用したり、3Dプリントを発注したりできる。3Dプリントの発注は外部パートナーと連携することで対応する。

 インカメラは1300万画素CMOSで、焦点距離22mmの広角レンズを搭載する。

 オーディオ面では、前面のステレオスピーカーを強化。高出力のアンプを内蔵することで、Xperia XZ/XZs比で約50%音量がアップし、ソニーモバイルは「Xperia史上最高の音圧」と説明している。

 プロセッサはSnapdragon 835(8コアCPU)を搭載。内蔵ストレージは64GB、メインメモリは4GB、バッテリー容量は2700mAh。通信規格はLTE Category16に対応し、4つのキャリアアグリゲーションと4×4 MIMOによって、理論値で最大1Gbpsの通信速度をサポートする。

●プレミアムコンパクトの「Xperia XZ1 Compact」

 Xperia XZ1 Compactは、4.6型のボディーにXperia XZ1相当の機能を詰め込んだモデル。ソニーモバイルは本機のコンセプトを“プレミアムコンパクト”とうたっている。ボディーカラーはBlack、White Silver、Horizon Blue、Twilight Pinkの4色。

 ディスプレイは4.6型HD(720×1280ピクセル)液晶で、HDR対応動画コンテンツの再生には対応していない。表面の2.5Dガラスには「Corning Gorilla Glass 5」を採用した。

 背面にはグラスファイバー強化プラスチックを採用しており、XZ1と同じくバスタブ構造にしたことで、曲げに強く高い強度を確保した。上下にはダイヤモンドカットのメタルパーツを配置してデザインのアクセントにしたほか、アンテナとしても機能する。本体はIP65/68の防水・防塵(じん)性能にも対応する。

 アウトカメラはXperia XZ1と同等のものを搭載しており、3Dクリエーターも利用可能。インカメラは800万画素CMOSでXZ1よりも画素は低いが、焦点距離が18mmと短く、XZ1よりもワイドな撮影ができる。フロントステレオスピーカーもXperia XZ1と同様に強化し、Xperia X Compact比で約50%音量が増している。

 プロセッサはSnapdragon 835(8コアCPU)を搭載。内蔵ストレージは32GB、メインメモリは4GB、バッテリー容量は2700mAh。側面の電源キーには指紋センサーを搭載する。

●5.5型のミッドレンジ「Xperia XA1 Plus」

 Xperia XA1 Plusは、5.5型フルHD(1080×1920ピクセル)ディスプレイを搭載するミッドレンジモデル。カラーはBlack、Blue、Goldの3色。

 アウトカメラはMotion Eyeカメラシステムではない有効2300万画素CMOSを搭載し、5倍までの高画質ズームや手ブレ補正に対応する。800万画素CMOSのインカメラはレンズのF値が2.0で、焦点距離は23mm。

 プロセッサはMediaTekの「helio P20」(8コアCPU)を搭載。内蔵ストレージは32GB、メインメモリは3GBまたは4GB。側面の電源キーには指紋センサーを搭載する。バッテリー容量は今回の新機種では最も容量の大きい3430mAh。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon