古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ソフトバンク快勝

毎日新聞 のロゴ 毎日新聞 2014/05/01 21:24 毎日新聞

 ○ソフトバンク4−0オリックス●(1日・ほっともっと神戸)

 ソフトバンクが一発攻勢で快勝。二回、細川のソロで先制し、三回は内川の2ランで加点。六回は李大浩がソロを放った。先発・帆足は六回途中無失点で今季初勝利。オリックスは打線がつながらず、連勝は5で止まった。

 ◇帆足きっちり仕事

 今季初登板でベテラン左腕がきっちり仕事を果たした。ソフトバンクの先発・帆足が六回途中無失点で初勝利。5試合連続2桁安打を放っていた好調のオリックス打線を止め、「3連敗するわけにはいかなかった」と顔をほころばせた。

 強気に直球で押す投球を見せたことで、得意球の緩いパームが一層光った。三回に2死から連打を浴び一、二塁とされたが、続く平野恵には直球を見せてから外のパームで中飛に打ち取る。被安打4で三塁を踏ませぬ内容に、帆足は「去年は真っすぐが少なかったので、内角にしっかり放ろうと思った」と納得の表情を浮かべた。

 今季は開幕前から先発ローテーションの6番目の枠を東浜らと争っていたが、2軍スタート。ただ、ウエスタン・リーグでは5試合に登板し、トップの防御率1.17をマークしている。「2軍の時と変わらず、(直球が)走っていた」と帆足。首位奪回を目指すチームに、頼もしい34歳が戻ってきた。【細谷拓海】

毎日新聞の関連記事

image beaconimage beaconimage beacon