古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

タイ産米9割の泡盛、沖縄米使いブランド化へ

読売新聞 のロゴ 読売新聞 2019/01/12 15:39 読売新聞
(写真:読売新聞) © 読売新聞 (写真:読売新聞)

 政府が沖縄県産米を使った特産の「泡盛」の生産を後押しする。現在、ほとんどの銘柄の原料がタイ産米だ。「国産泡盛」は2020年の出荷が目標で、将来はブランド化し海外での販売も目指す。

 蒸留酒の泡盛は、琉球王国時代の15世紀後半頃から、地元産の粒が短い「短粒種米」を使って生産が始まったとされ、明治時代頃まで続いた。だが、コクが深く芳醇(ほうじゅん)な香りが特徴の泡盛には、粒が長い「長粒種米」の方が適している。大正時代には長粒のタイ産米の輸入が始まり、昭和時代以降は主流となった。現在、1000種超ある泡盛の銘柄の9割以上が原料はタイ産米だ。

 政府は沖縄県の農業振興の一環として、18年度の沖縄振興予算を活用し、泡盛に適した長粒種米「夢十色(ゆめといろ)」について、沖縄の気候に合うかどうかの試験栽培を開始。昨年12月から県内の泡盛メーカーで試験醸造に着手した。今夏から一般農家での栽培を始めたい考えで、宮腰沖縄相が近く、同県を訪れ、農協や酒造組合、市町村に協力を求める。

読売新聞の関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon