古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

タッチでもマウスでも使える「スタート画面」 (2)

2014/09/19

慣れ親しんだ「デスクトップモード」は
好みや目的によって使い分け

Windowsの魅力のひとつが、過去のソフトウェアとの互換性です。デスクトップモードを利用すれば、以前のWindowsで使っていたソフトを利用でき、エクスプローラでのファイル操作も行えます。タスク バーもあり、複数のアプリを切り替えたり、アプリをタスク バーに固定したり、右下の通知エリアから音量変更やネットワークの設定を行うといった、Windows 7と同様の操作も可能です。

自分の好みに合わせて
スタート画面をカスタマイズ

スタート画面に並ぶタイルは、好きな位置に移動したり、使いやすいように並べ替えたりすることができます。情報を表示するライブタイルは、利用者の必要に応じて大きさの変更が可能です。また、タイルをグループ分けして、目的や種類ごとに分類することができます。背景の模様やカラーパターンも変更できるので、自分の好みに合わせた画面設定ができます。

 

よく使うアプリを
開きやすい位置へ

タイルの大きさを
使いやすいサイズに

好みに合わせた
背景と色に


NEXT>Windows 8新機能「チャーム」と「スナップ」

image beaconimage beaconimage beacon