古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

タブレットと一緒に!2014年話題のスポット巡り

2014/09/19

スポット1:京王多摩川 アンジェ BBQ-VILLEGE

これからのシーズン、毎月でもバーベキューしたいという人にぴったりのレジャースポットが「京王多摩川 アンジェ BBQ-VILLEGE」。
新宿から電車で最短20分弱という近場ながら、本格的な施設を手軽に利用できる。まだオープンして3年程度なのだが、近隣住民を中心に知る人ぞ知る人気スポットに。その最大の売りは、手ぶらでバーベキューを楽しめること。グリルはもちろん、食材からドリンク、食器などまで全てが用意されているので、その日になって急に行きたくなっても大丈夫。もちろん後片付けもおまかせだ。

そんなお手軽なバーベキュー会場をさらに盛り上げるのが、1台で何役もこなしてくれるタブレット。敷地内に咲き乱れる花の名前を調べたり、みんなでゲームに興じたり、内蔵スピーカーで音楽を楽しむなんて楽しみ方ができそうだ。

※「京王多摩川 アンジェ BBQ-VILLEGE」での音楽の再生は禁止されています。

→ミュージックアプリの使い方はこちら
→最新タブレットはこちら

― 1 回だけでは食べきれないほど多彩なメニューでおなかいっぱいに

用意される食材の多彩さも「京王多摩川 アンジェ BBQ-VILLEGE」の売りの1つ。定番食材をひとまとめにしたグリルセット (250円~) を多数用意するほか(肉多め、野菜多めなど、多彩なプランを提供)、おにぎりや焼きそば、ビビンバ、ホットサンドなど、さまざまなオプションメニューもある。ダッチオーブン料理やスモークなど、自宅では難しい料理を手軽に楽しめるだけではなく、なんと石窯を使った本格ピザ作りなども体験できる。もちろん、飲み放題ドリンクフリーサービスも利用可能。提供されるグリルには排煙機能も付いているので、臭いの気になる女性にも喜ばれそう。

タブレットのインカメラで参加者全員が入った写真をパシャリ!

バーベキューの楽しい思い出は、写真に撮ってしっかり残こしたい。Surface のようなスタンド付きタブレットなら、テーブルの上に立てかけて参加者全員の記念撮影ができる。もちろん、動画撮影もOK。撮った写真/動画をアルバムサイトなどにアップロードして皆でコメントを付けられるようにしておけば、楽しい思い出を共有できる。参加できなかった友達に写真をメールして悔しがらせるなんて使い方も!? そして、お腹がいっぱいになったら、庭園内をゆっくり散歩。ここは、欧風庭園「京王フローラルガーデン」内に設置されたスポットなので、その美しい自然も楽しめる。“花よりお肉”かもしれないが、きれいな風景もしっかり写真におさめてみては。
→最新のスタンド付きタブレットはこちら

 


京王多摩川 アンジェ BBQ - VILLEGE
京王線「京王多摩川」駅隣の欧風庭園「京王フローラルガーデン アンジェ」に併設されたバーベキュー場 (駅から徒歩 0 分!) 。全 370 席と広く、団体利用にも対応できるが、これからの行楽シーズンに向けて混雑が予想されるので予約はお早めに。

 

 

スポット2:阿佐ヶ谷アニメストリート

あの人気キャラのコスプレができる!コスプレ専門店「COSMENIA」

アニメ制作会社が多いことでも知られる杉並区。この地にクリエイターとファンを繋ぐ“聖地”として作られたのが「阿佐ヶ谷アニメストリート」。高架下に多種多様なアニメ関連スポットが並ぶ、アニメ好きにとっては夢のような場所だ。

中でもとりわけ目を引くのがコスプレ衣装&ウィッグのレンタルショップ「COSMENIA (コスメニア) 」。ここでは1時間 3000円 ~ (現在はキャンペーン期間中で 1時間1000円~) で、人気アニメのコスプレが楽しめる。しかも、それを着たままストリート内を散歩でき、もちろん撮影も OK。タブレットで記念写真を撮影し、SNSで共有したら大ウケすること間違いナシ!? たくさんの衣装が展示されているだけでなく、コスプレ大好きな店員さんが思い思いのキャラに扮しているので“見る派”の人も楽しめる。
→最新の高画質カメラ搭載タブレットはこちら

3Dプリンターで自分フィギュアを作って、ガチャガチャに!?

コスプレ衣装に着替えたら、その足で「阿佐ヶ谷駐屯地」へ向かってみよう。ここは人気アニメのガチャガチャを中心に取りそろえた遊戯屋さん。その最大の目玉は、自分の姿を 10 cm 程度のフィギュアにしてくれるという 3Dスキャン &プリントサービス!専用ブースに用意された3Dスキャナーで自分の姿を 3Dデータ化し、それを3Dプリンターで出力してくれる。できあがりまで1ヶ月ほどかかるのだが、これ以上の記念品はないだろう。もちろんコスプレ衣装もOK(ただし衣装サイズ、形状によっては難しいものもある) 。気になる料金は1万9800円~。できあがったフィギュアはガチャガチャ屋さんらしく、球形カプセルに入れてのお届けとなる。ちょっとお高めなのだが、3Dデータをスマホアプリで楽しめるようにするだけならなんと 3500 円で利用できる。

「サテライト」プロデュースのアニメ空間カフェでまったり

いろいろなスポットを巡ってちょっと疲れてしまったらストリート内のカフェ「SHIROBACO」で休憩しよう。ここは有名アニメ制作会社サテライトのプロデュースするお店。期間限定で様々なアニメ作品とコラボしたメニューが用意されているほか、その関連イベントも盛りだくさん。もちろん PC 利用可なので (カウンター席には電源も用意) 、気になるアニメを Windows タブレットで即チェックできる。ちなみに「SHIROBACO」の店員さんは皆、声優を目指して勉強中の人たちばかり。彼女たちのおすすめメニューは目玉のラテアートが施された「朝の完徹ラテ (HOT) 」。こちら、ストロベリージャムで真っ赤に充血させてもらうなんていう悲壮なオプションも用意されている。
→アプリ「アニメ一覧」で気になるアニメをチェック!

 


阿佐ヶ谷アニメストリート
JR 中央線阿佐ヶ谷駅~高円寺駅高架下に誕生した“アニメファンの交流スポット” (2014 年3 月末にオープン)。各種ショップを中心に、カフェやイベントスペースなど、全 15 店舗が営業中。ここだけでしか体験できないアクティビティや、ここでしか買えないグッズも多数用意されている。

スポット3:世界で最も電車に近い カフェ&バー 「N3331」

JR 中央線「御茶ノ水」駅と「神田」駅中間の高架下、旧「万世橋」駅ホーム跡地にオープンした、“世界で最も電車に近い? カフェ & バー”こと、「N3331」は、電車好きにはたまらないスポット。「mAAch ecute (マーチエキュート) 」という総合商業施設の 1 店舗なのだが、普段であれば入れない、“高架上”にスペースを構えるのはここだけ。日中は電車大好きの子どもをつれたお母さんが、夜間は電車大好きのお父さん達が集まる(「万世橋」駅関係者の送別会に使われることも珍しくないそうだ) 。かつてターミナル駅だったことを由来にしたご当地フード & ドリンク目当ての女性客も多い。

Windows タブレットの高性能カメラで電車と記念撮影も

中央線の上り下り路線に挟まれた電車好きでなくとも大興奮のシチュエーションは一件の価値アリ。店長曰く「中央線上り下りと、その奥にある総武線が同時に通過する奇跡のタイミングを見てほしい」とのこと。写真撮影は特に禁止されていないということなので (もちろん、ほかのお客さんの迷惑にならない範囲で)、Windows タブレットで写真や動画を撮りまくろう。平日日中ともなれば、数分おきに電車が通過するのでシャッターチャンスには事欠かない。撮った写真をどんどん OneDrive にアップロードしてしまえば、ストレージ容量の心配も不要だ。そこから友達と共有するのも楽しい。
→ OneDrive について詳しくはこちら

 

70年ぶりに一般公開される歴史的「階段」でお店に向かおう

「N3331」に向かうには「mAAch ecute」施設内のエレベーターを使うのが便利だが、電車好きには、施設外れにある「1912 階段」の利用を強くおすすめしたい。実はこの階段、1912 年の「万世橋」駅開業時に作られたものを一部修復して再利用したもの。1943 年に「万世橋」駅が休止して以降、約 70 年間一般公開されていなかった貴重な歴史的建造物なのだ。ほか、鉄道博物館(後の交通博物館。2006 年に閉館)新館建設時に作られた「1935 階段」も 70 年ぶりに一般公開。「mAAch ecute」自体も高架下の雰囲気を残したまま再構成されているので、こちらをぶらつくのも楽しそうだ。「万世橋」駅が現役だったころの大ジオラマも見応えがある。

 


「N3331
「N3331」の「N」は、Nippon、New、Nextの「N」。これに、江戸一本締めのリズム=3331を加えたのが名前の由来。昼はお洒落なセレクトランチ、夜は本格的な酒と肴(日本酒のほか、日本人職人の手によるクラフトビールも提供)が楽しめる。運営母体を同じくする秋葉原「3331 Arts Chiyoda」とのコラボレーション経験を活かしたアート展示も多数。

image beaconimage beaconimage beacon