古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ダウンタウンの出演料は1本1,000万円!? 降板もウワサされる大物司会者9人たちのギャラは?

TOCANA のロゴ TOCANA 2017/07/24 株式会社サイゾー

 新社長就任となったフジテレビ。それに伴い、現在同局でメインのレギュラー番組を持ち、高額ギャランティが支払われている大物芸能人たちにも大ナタが振るわれるといわれている。

 しかしそもそも論として、大物MCと呼ばれる人々は一体どの程度の金銭を受け取っているのか。関係者から、フジテレビでレギュラー番組を持つ芸能人たちのギャラ事情を聞いた。

「SMAPがなくなった今、フジでレギュラー番組を持っている大物で最高額はダウンタウンでしょうね。その額はコンビそろっての出演ならば、1本1,000万円が相場といわれています」(テレビ番組制作会社プロデューサー)

 フジでは『ダウンタウンなう』などの番組を持つ彼らが最高額だという。SMAPがこれ以上だったとは驚きだが、SMAPは5人で1,000万円以上であり、ひとりあたりの金額を考えれば今も昔もダウンタウンが断トツだというからさすがだ。

「あとは、1本800万円といわれるのがとんねるずです。かつてはダウンタウン同様にひとり500万円が相場でしたが、ジワジワと下がってきているようです」(同)

 長寿番組のひとつである『とんねるずのみなさんのおかげでした』は幾度となく打ち切りが囁かれてはいるものの、下がってもこの金額とは長年の功績の賜物か。

 さらに、そのほかの大物芸人も負けず劣らずの高額ギャラだった。

© TOCANA 提供

「ナインティナインは1本600万円が相場です。1人300万円ということになります」(放送作家)

 とんねるずの番組同様、打ち切りが取り沙汰されるも放送が継続されている『めちゃ×2イケてるッ!』でメインを張るふたり。こちらも相応の高額ギャラといえるだろう。

 お笑い界のトップスリーの名前がここまで出ていないが、彼らの名前も当然あった。

「300万円のギャラを受け取っている大御所はたくさんいますが、ここにビートたけし、明石家さんま、ウッチャンナンチャンの内村光良が入ります。ビートたけしは拘束時間1時間でこのギャラを受け取ることもあるので、さすがですよね」(同)

 ビートたけしとナインティナインが同額とは驚きだが、拘束時間の差を考えればこれが相場なのかもしれない。

 また、ビートたけしとの絡みでよく見る所ジョージはいくらなのか。

「所さんは150万円から250万円が相場といわれています。幅があるのは、内容によっては安いギャラでも引き受けるからです。多趣味な方なので、自身が楽しいと感じる番組ならばギャラの額は二の次という考えのようです」(テレビ局関係者)

 自分が楽しめる仕事で150万円とはうらやましい限りだ。さらに、朝の情報番組で見かける顔ぶれも聞いた。

「『とくダネ』の小倉智昭さんは1本150万円といわれ、『ノンストップ』の設楽統さんは1本90万円といわれます。1本あたりの単価は低いですが、週に5日間も放送があり、それが4週間あるわけですから、1カ月総額で見れば相当な額になります」(同)

 仮に1カ月の放送が20日だとすれば小倉智昭は月に3,000万円、設楽統は月に1,800万円ということになる。ビートたけしの番組が月に4回放送されたとしても1,200万円のため、稼働時間の違いはあれども、やはり帯番組のギャラはケタ違いという話は本当のようだ。

 一般的なサラリーマンからすれば想像を絶する高額ギャラを受け取る芸能人がフジテレビの番組には山ほどいる。果たしてここに今後どのような大ナタが振るわれるのだろうか。(文=吉沢ひかる)

※イメージ画像:『クイック・ジャパン 104』(太田出版)

TOCANAの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon