古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ダンテ・カーヴァー“不倫報道”影響でソフバンCM降板か!? 新CM公開で、現場記者も「やっぱり……」

サイゾー のロゴ サイゾー 2017/09/15
© Cyzo 提供

 不倫疑惑渦中のアメリカ出身タレント、ダンテ・カーヴァー。ソフトバンクの人気CM・白戸家シリーズの「お兄ちゃん」としておなじみだが、13日に開かれた同社新サービス発表会内で上映された新作映像にその姿を確認できず、集まった記者たちをざわつかせた。

 ダンテは8月28日の東スポWeb、同29日発売の「女性自身」(光文社)で不倫が報じられた。それらによると、妻子ある身ながら、昨年知り合った20代の女性と交際。しかも、その女性が子どもを身ごもり、今年11月に出産予定だという。

 所属事務所のコメントによると、カーヴァー夫妻は2015年3月に別居が始まり、同5月に妻側が離婚を申し立て、「今年3月には、お互いの交際相手の存在を前提とすることで、調停が成立している」といい、離婚届は提出していないが「不貞には当たらないと代理人弁護士から聞いています」との見解を示していた。

「イベントでは『10年間ありがとう』というテロップとともに、今年で10年を迎えた白戸家CMの振り返りダイジェスト映像が流され、“もしかしたら、これで終わってしまうのでは?”ということを予感させる構成になっていました。ここまではダンテも映っていたんですが、その後に上映された新映像では上戸彩、樋口可南子がメインとなり、“お父さん犬”まで映り込んでいたのに、ダンテの姿ははっきり確認できず、この事態に顔を見合わせる記者が続出していました」(ワイドショー関係者)

 さらに、映像には続きがあったという。

「その後、上戸と樋口が簡単なインタビューを受けるという映像もありました。ただ、ここにダンテの姿はなく、意図的に排除されたのでは……という感じはしましたね。イベント中にはダンテの名前が出ることもなく、まったくのスルーでしたし、場内も“やっぱり”という雰囲気でした」(同)

 同社新CMには古田新太、竹内涼真、杉咲花が起用されることまでは発表されたが、白戸家がどうなるかは不明なのだとか。もし、白戸家CMの続編ができた際には、ダンテが復活するのかどうかも見どころのひとつになりそうだ。

※画像はソフトバンク公式サイトより

サイゾーの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon