古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

チームの力で“攻めの情シスへの壁”を崩していく 旭硝子のPoC部隊奮闘記

ITmedia エンタープライズ のロゴ ITmedia エンタープライズ 2017/07/20 07:00
チームの力で“攻めの情シスへの壁”を崩していく 旭硝子のPoC部隊奮闘記: AGC旭硝子 情報システム部 デジタル・イノベーショングループ マネージャーの浅沼勉氏 © ITmedia エンタープライズ 提供 AGC旭硝子 情報システム部 デジタル・イノベーショングループ マネージャーの浅沼勉氏

 今後、クラウド化が進んでサーバの保守に手がかからなくなったら、社内のIT部門を“攻め”と“守り”のバイモーダル体制にしたい――。そんな思いから、希望者を募ってPoC部隊を育てようとしているのがAGC旭硝子だ。

 前編では、AWSの導入を進める浅沼勉氏(情報システム部 デジタル・イノベーショングループ マネージャー)が、基幹システムのクラウド化が完了する2年後を見越し、運用・保守が専門だった若手にシステム開発のスキルを身につけさせるという新たな取り組みを始めるまでをお伝えした。

 後編となる本記事では、助っ人として呼ばれたサーバーワークス クラウドインテグレーション部 技術1課の千葉哲也課長と山中大志氏、AGC旭硝子の選抜メンバーとして参加する久保田有紀氏(情報システム部 デジタル・イノベーショングループ)に、具体的なトレーニングの様子と立ちはだかったハードル、それを乗り越えるために取り組んだことを聞いた。

●プロの手ほどきで“にわかPoC部隊”はどう変わったのか

 やる気のあるメンバーが手を挙げ、実際に開発に挑戦してみるという活動に、2016年から参加している久保田氏。昨年(2016年)は完全に自学自習で取り組み、つまずくことばかりで辛かったという。

 それでも諦めず、浅沼氏には「とんでもコード」と評された(前回記事参照)ものの、最終的に動くものを作り上げたというのだから、相当ガッツがある若者だ。

 そんな久保田氏によれば、今年(2017年)は昨年と比較して、参加メンバーのモチベーションも、身につくスキルも大きく向上しているという。

 「去年は、『やらなきゃ』という切迫感みたいなものはあまりなかったんです。サボってもあまり影響がないと言いますか、あくまで本業の傍らでやるバイト感覚だったんですね。今年は、多くの時間は割けなくても、ちゃんと業務としてやるべきものという意識に変わってきているという感覚があります」

 意識の変化の要因としては、毎週金曜日は必ずサーバーワークスのオフィスに出向き、8時間みっちりとトレーニングを受けるという仕組みができたこと、プログラミングや開発環境の基礎を学んだ後は、サーバーワークスの講師2人とAGC旭硝子のメンバー4人の体制で実際の開発プロジェクトに取り組むというリアルな経験ができているという点が大きそうだ。

 技術や知識の習得の面でも、暗中模索だった昨年と比べ、その道のプロフェッショナルから体系的に学べるので非常に効率が良い。久保田さんは学ぶことの楽しさを大いに感じているようだ。

 「今回の取り組みが始まって1カ月くらいたった頃だと思いますが、よく言われる『点と点がつながる』感覚がありました。Web上で目にするいろんな情報も、これとこれがつながってるんだな……、という感じで。そうなれた理由の1つは、千葉さんと山中さんが僕らのレベルに合わせて教えてくれたから。初心者でもどんどん理解できるようになったのが大きいと思います。

 もう1つは、プログラミング言語だとか開発環境についてだけではなく、アジャイル的な開発プロジェクトの進め方、要件の考え方だったり、タスクの割り振りの仕方だったりという、“自分たちだけでは見えなかった領域”について教えてもらったこと。技術的なこととプロジェクトの管理手法という両輪で学べるのがとても大きいと思います」

●コード書きの基礎からプロジェクト管理までを一気に経験

 サーバーワークスの千葉氏と山中氏にとっても、取引先の社員を開発者に育てるというのは初めての挑戦だった。まずは開発環境を作り、次にプログラミングの基礎を教え、それが終わったら実際にシステムを開発する時のプロセスを教え……、というカリキュラムを考え、丁寧に進めていったという。

 「今は、PoC(Proof of Concept:新しいコンセプトを実証するための試作)案件を1つ進めているところです。ただ開発をするのではなく、開発をするためのプロジェクト管理はこういうふうにやりましょうとか、リポジトリをどういう風に使うか、例えばプロジェクトに合わせてブランチをどう切るか、といった考え方の部分を伝えるようにしています」(千葉氏)

 進行中のPoCは、AGC旭硝子の社内で実際に要望があったシステムを題材に取り組んでいるものだという。これは先に久保田氏が触れていた通り、「ただの勉強ではなく、実際の業務現場の案件」という責任感の醸成にもつながる上、“難しくても都合よく仕様を変えたりはできない”という点でも、勉強になっているようだ。

●講師もタジタジの質問が飛ぶように

 4月からトレーニングを続けてきたサーバーワークスの講師2人は、メンバー4人のやる気と成長に驚いている。

 「1週間に1日くらいしか時間を取れないと聞いていたので、最初は正直難しいな、と感じていたんです。プログラマーって、仕事の時間であろうがなかろうが、頭が冴えているときならいつでも書きたくなっちゃうみたいな、趣味に近いようなところがあるじゃないですか。

 今回、職業プログラマーではなく、そういうプログラマーを育てることを目指して、良いコードを書くにはどうするかを常に考えることだとか、そのためには時間がなくても本を読むということだとか、そういう心構えもお話しました。その時点で結構引かれちゃうかもしれない、それならそれで、向いていないということで仕方ないと思っていたんですが、全くそんなことなくて、皆さんが予想以上にガツガツと来られるので驚きましたね」(千葉氏)

 今回の参加メンバーは自ら手を挙げ、選抜されたメンバーだと知って「なるほど」と納得したという千葉氏。全員が非常に前向きに、真剣に取り組んでいるため、回を追うごとに質問のレベルが上がっていき、今ではそれに応えるのもひと苦労だそうだ。

 「毎週金曜日に座学やハンズオンのトレーニングを実施し、翌月曜日に振り返りのための課題を出しているんです。初めの頃はまだ、“何を分かっていないのかすら分かっていない”ような漠然とした質問やコメントが多かったのですが、最近は僕が教えていないところまで調べた上での“突っ込んだ質問”が来るようになりました。僕も調べて回答するのが大変なくらいで、最近では、どんなすごい質問がくるのかとちょっとビクビクしています(笑)」(山中氏)

●“助け合える関係”がスキル向上のエンジンに

 今回の試みがうまくいっているもう1つの要因として、久保田氏はチームワークの良さも挙げている。

 「新しいことを学ぶのに、個々人がそれぞれで黙々とやるという方法もあると思います。でも今回は、みんなで同じステップを踏んで進んでいます。そんな中で分からないことを分からないと言うのって抵抗があるものですが、僕らの間では心理的なハードルが徐々になくなってきているという感覚があって、それが良い結果につながっていると思うんです。

 最近では、誰かが質問したときに千葉さんや山中さんに教えてもらうだけでなく、メンバーの中から『それってこうなんじゃない?』という発言が出てくるようになりました。そういうのを見ていて、“1人のスキルでは限界があることも、チームであれば技術的なハードルとか、心理的な壁みたいなものを壊せるんじゃないか”という気がしてきました」(久保田氏)

 今回のメンバー4人は、本業では担当領域が異なり、仕事上の接点はほとんどない。浅沼氏は、意識的に仕事のしがらみがない多様性のあるチーム編成をしたというから、それが功を奏したのかもしれない。

 このプロジェクトで力を付けたメンバーたちが、本当に“攻めのIT”で社内に貢献する人材になっていくためには、何が必要だろうか。

 千葉氏は「そうなりたいという気持ちがあれば、技術はいくらでも吸収できる」としながらも、今回の取り組みを通じて「会社として、その気持ちを後押しする姿勢」が非常に重要だと感じたという。

 久保田氏も、チームのモチベーションが高いとはいえ、これを維持していくためには、この取り組みを続けるとともに、さらに広げていくための“組織としてのバックアップ”が必要だと話す。

 「アルバイト感覚じゃなくなってきて、もっと取り組みたいと思い始めたメンバーもいます。そういう気持ちを組織にどう適合させていくかというのも、今後の課題かもしれません」

 浅沼氏は、軌道にのってきた今回の取り組みをさらに拡大し、継続していきたいと話す。2年後の組織の姿はまだ想像もつかないというが、きっと大きな変化が起こっているはずだ。

ITmedia エンタープライズの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon