古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ディズニーに公開前映画が人質の身代金要求(拒否したとCEO)

ITmedia NEWS のロゴ ITmedia NEWS 2017/05/16
ディズニーに公開前映画が人質の身代金要求(拒否したとCEO) © ITmedia NEWS 提供 ディズニーに公開前映画が人質の身代金要求(拒否したとCEO)

 米Walt Disneyのロバート・アイガー会長兼CEOは5月15日(現地時間)、ニューヨークで開催されたABCの会合で、公開前の映画を人質にBitcoinでの身代金(ランサム)支払いを要求されたが断ったと語った──。米The Hollywood Reporterが同日、複数の情報筋の話としてそう報じた。

 アイガー氏は、この件について米連邦捜査局(FBI)と協力しているとも語ったという。

 同氏は具体的な作品名は明かさなかった。請求してきたハッカーは、まず作品の5分間分をネットに流し、それでも身代金を支払わなければ次は20分間分を流すと脅迫したという。

 同社は「パイレーツ・オブ・カリビアン5/最後の海賊」をまず米国で5月26日に公開する予定だ。傘下のPixarによる「カーズ3」は6月16日封切りの予定。12月5日封切り予定の「STAR WARS: THE LAST JEDI」のコンテンツが盗まれたといううわさもある。

 4月末には、米Netflixの人気オリジナルコンテンツ「Orange is the New Black」の次期シーズンのコンテンツの海賊版が正式公開前にネットで公開され、「thedarkoverlord」と名乗るグループがNetflixが身代金要求に応じなかったから公開したと宣言した。

ITmedia NEWSの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon