古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

デザイン、カメラ、Sペン――「Galaxy Note8」の見どころを速攻チェック!

ITmedia Mobile のロゴ ITmedia Mobile 2017/08/24 00:00
デザイン、カメラ、Sペン――「Galaxy Note8」の見どころを速攻チェック! © ITmedia Mobile 提供 Galaxy Note8

 Samsung Electronicsは、8月23日(現地時間)に、米ニューヨークでNoteシリーズのフラグシップモデル「Galaxy Note8」を発表した。これに先立ち、同社は一部報道陣に実機を公開。この最新機種を、写真で見ていきたい。

●よりスクエアなデザインに

 Galaxy Note8は、6.3型の大型ディスプレイを搭載したスマートフォン。大画面をいち早く取り入れ、トレンドを切り開いてきたが、そのサイズはGalaxy Note8でも健在だ。一方で、3月に発表された「Galaxy S8」「Galaxy S8+」の機能も取り込んでおり、ディスプレイは18.5:9と縦長になっている。本体のフレームには7000番のアルミを採用。背面はガラス素材だ。サイズはGalaxy S8+より一回り大きくなっており、Noteの名称を表すように、スクエアなデザインになった。

●デュアルカメラで撮影の幅が広がる

 機能面での大きな進化は、デュアルカメラに対応したこと。背面には、12メガピクセルのカメラを2基搭載している。メインのカメラはF1.7、光学式手ブレ補正対応と、スペックはGalaxy S8、S8+と同じだ。これに対し、サブのカメラはF2.4で、こちらも光学式手ブレ補正に対応。メインカメラ比で約2倍となる望遠レンズが採用されている。

 Galaxy S8、S8+ではカメラのレンズと指紋センサーが近く、間違って指がカメラをふさいでしまうことがあったが、Galaxy Note8ではカメラと指紋センサーの間にフラッシュなどが置かれ、距離が取ってある。これは、間違ってレンズに指を当ててしまうのを防ぐためだという。

 2つのカメラを生かし、「Live Focus」と呼ばれる背景ボカしをかけることも可能だ。効果は撮影時に確認でき、スライダーでボケの量を調整できる。ピントの情報が記録されるため、撮った後からボケの量を調整することも可能だ。

●Sペンを楽しく&便利に使える機能が追加

 Noteシリーズ最大の特徴であるSペンは、スキャンレートが360Hzで、4096段階の筆圧検知に対応。ペン先の太さは、0.7mmとなる。

 Sペンを抜くと、専用のメニューが表示される(設定で変更可能)。新たに加わったのが、Live Message。これは、文字や絵を書く過程をアニメーションにできるもので、スタンプのように、友達などに送信できる。写真の上に、文字を乗せるような編集も可能だ。

 画面が消灯した状態から、いきなりメモを取ることも可能。このメモは、最大100ページを作成でき、ノートアプリに保存できる。メモ上部のピンマークをタップすると、Always On Displayに張り付けておくことも可能だ。

 表示中の文字にSペンを当て、翻訳を表示させることもできる。翻訳できるのは単語単位のほか、フレーズ単位に切り替えられる。このようにGalaxy Note8では、ソフトウェアを強化することで、Sペンの用途を広げた。単なるメモ以上の使い方を提案しているというわけだ。

●あらかじめ登録した2つの機能を同時に表示できる「App Pair」

 18.5:9の縦長ディスプレイを搭載しているのは、Galaxy S8、S8+と同じだが、マルチタスクに便利な機能も追加された。それが「App Pair」だ。App Pairとは、あらかじめ2つのアプリを登録しておくことで、それらを同時に開ける機能。登録した組み合わせは、エッジスクリーンから呼び出せる。

 例えば、動画とTwitterアプリをペアとして登録しておけば、発表会の中継を見ながらつぶやくことができる。マップと音楽アプリを起動すれば、地図を見ながら音楽を聴くことが可能だ。今までも同様のことはできたが、ペアにしておけば、アプリを2つ起動させる手間が一気に減らせる。

 このほか、セキュリティはGalaxy S8、S8+と同様、指紋センサーだけでなく、虹彩認証や顔認証に対応。AI(人工知能)を活用した音声アシスタント「Bixby Voice」も搭載する。さらに、日本では未発売だが、「DeX Station」に装着してPCのように使うこともできる。細かな点だが、DeX Station装着時にアプリの一覧表示が可能になったのもポイントだ。

●日本での発売は?

 デュアルカメラを搭載し、Sペンが強化されたGalaxy Note8だが、現時点では日本での展開予定は明かされていない。日本市場では、Galaxy Note 5の発売が見送られており、2年ぶりの投入が期待されていたGalaxy Note7も、焼損事故の結果、ドコモやauが発売を断念。仮にこのモデルが発売されるとなれば、Galaxy Note Edgeから数えて、3年ぶりのGalaxy Noteシリーズとなる。ブランクが大きかっただけに、発売を心待ちにしているユーザーも少なくないだろう。Galaxy Note8は、その期待に十分応えられるモデルに仕上がっている。

ITmedia Mobileの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon