古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

デリケートゾーンケアも怠るべからず。心地よい新ケアシリーズ

cafeglobe のロゴ cafeglobe 2017/08/04 cafeglobe編集部
デリケートゾーンケアも怠るべからず。心地よい新ケアシリーズ © cafeglobe 提供 デリケートゾーンケアも怠るべからず。心地よい新ケアシリーズ

外国人女性と話していると、とある身体のパーツのメンテナンスの話題で驚くことがあります。彼女たちのアンダーヘアとデリケートゾーンのケアの、こまめなことよ。

毛の処理やデリケートゾーンのケアは秘めごとの雰囲気があり、「やってるよ!」と人前でおおっぴらに話すものではありません。「でも、大切なあなたの身体の一部じゃない、どうしてやらないの?」という南米出身の友人の素朴な疑問に、妙に心を揺さぶられました。言われてみれば自分のデリケートゾーンがどんな状態なのかも、実はよく知りません。痒み等は特にないけれど、果たして健康なのか......? 人と話さないからといって、ケアを怠っていいわけではないと、一念発起。2017年7月に誕生した「トレスマリア」を使ってみることにしました

シャクヤクのエキスを使った穏やかな国産ケアアイテム

© cafeglobe 提供

トレスマリアとは、「あらうるおす」「日本製」「安心」を柱にしたデリケートゾーンのケアシリーズ。ソープ、ミルク、ミラーの3製品がリリースされています。

© cafeglobe 提供

入浴前後の手入れに用いる「トレスマリア ミラー」1,800円(税抜)。現状や洗い上がり、潤った状態を確認。

衝撃だったのは、ミラー。最先端の銀引製法(硝子面に銀膜を薄く吹き付けて貼る技術)を用いた反射率95%の鏡で、歪みが少なく見えるのが特徴です。いまの自分を見つめることからケアは始まる、ということで、まずはデリケートゾーンを鏡に映します。自分の身体なのに、こんなにまじまじ見るのは初めての体験。下着が擦れたりするため、乾燥、肌荒れは想像以上で、今まで目を向けてこず、身体の主として申し訳ない気持ちに......。

© cafeglobe 提供 © cafeglobe 提供

上:こっくりとしたリッチなテクスチャーの「トレスマリア ソープ」180g 3,800円(税抜)。シルクソルト(シルク・紫蘇・塩)やヨモギを配合し、ローズマリーやカミツレなどをブレンドした安らぐ香りで優しく洗浄。

下:みずみずしいテクスチャーの「トレスマリア ミルク」100ml 5,000円(税抜)。シアハニー(蜂蜜・シアバター)が滑らかに和らげ、キメを整える。

ケアは、洗う→潤すの順に行います。泡立てず、ジェルで洗うソープと、すばやく浸透するミルクには、それぞれ、保湿や整肌に優れた国産のシャクヤクコンプレックスと10種の美容成分を配合。穏やかに清め、滑らかに整えてくれるのです。

使い始めて1週間。ターンオーバーは1日や2日でなされるわけではないので、さすがにまだ「黒ずみ解消!」とまではいきませんが、肌が柔らかくなってきたように感じています。香りとテクスチャーが心地よいケア剤を使っているので、何より快適なのが嬉しい。

トラブルが起きてから対処するのではなく、普段から労って、健やかに暮らしたいものです。

トレスマリア

電話:03-6804-8744(バルドゥッチ)

[バルドゥッチ, トレスマリア]

Cafeglobeの関連記事

image beaconimage beaconimage beacon