古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

トランプ大統領「ジャクソン大統領なら南北戦争回避できた」

Reuters のロゴ Reuters 2017/05/02
トランプ大統領「ジャクソン大統領なら南北戦争回避できた」 © REUTERS トランプ大統領「ジャクソン大統領なら南北戦争回避できた」

[ワシントン 1日 ロイター] - トランプ米大統領は、アンドリュー・ジャクソン大統領の任期(1829─1837年)がもう少し後だったら、南北戦争は回避されたかもしれないと発言した。また、南北戦争がなぜ起きてしまったのかと述べた。1日放送された米衛星ラジオのシリウスXMラジオとのインタビューで語った。

奴隷所有者で、アメリカ・インディアンを米南東部から強制移住させたことでも知られるジャクソン大統領は、南北戦争開始の16年近く前に死去している。

しかしトランプ大統領は、ジャクソン大統領は「南北戦争に関して起きたことに非常に怒っていた」と語った。「彼は『理由がない』と述べた。人々は南北戦争を理解していない。何故だ、という問いを持たない。なぜ南北戦争が起きたのか、なぜそれが解決できなかったのか」と述べた。

この放送後、トランプ大統領はツイッター上で、ジャクソン大統領が南北戦争の16年前に死去したことは知っているが、彼は「それが起きると予想して怒っていた。2度と起こしてなならない!」と述べた。

1861─65年に起きた南北戦争を、ジャクソン大統領が回避できたとトランプ大統領が考える根拠は明らかではない。

南北戦争については広範な研究が行われ、「奴隷制」が根本原因のひとつと考えられている。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon