古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

トランプ大統領が日中首脳と電話会談、北朝鮮軍の創建記念日控え

Reuters のロゴ Reuters 2017/04/24

[東京/北京 24日 ロイター] - 安倍晋三首相とトランプ米大統領は24日午前に電話会談し、北朝鮮に挑発行為の自制を強く求めるとともに、中国に役割拡大を促す方針を確認した。北朝鮮軍の創建記念日を翌日に控えて日米韓が核実験などに身構える中、その後にトランプ氏と電話会談した中国の習近平国家主席は、関係各国に冷静な対応を求めた。

日米首脳が電話会談、北朝鮮に挑発自制を強く求めることで一致 © REUTERS 日米首脳が電話会談、北朝鮮に挑発自制を強く求めることで一致

安倍首相はトランプ氏との会談後、記者団に対し「すべての選択肢がテーブルにあることを言葉と行動で示すトランプ大統領の姿勢を高く評価した」と説明。「危険な挑発行動を繰り返す北朝鮮に強く自制を求めていくことで完全に一致した」と語った。萩生田光一官房副長官によると、北朝鮮との結びつきが強い中国に、一段の役割を果たすよう働きかけていく方針も共有した。

4月は北朝鮮で記念日が続くうえ、米韓軍が大規模な合同演習を実施していることから、金正恩政権が挑発行動に出ることが懸念されている。とりわけ朝鮮人民軍創建85年に当たる25日は、6回目の核実験を踏み切る可能性が指摘されており、米国は空母カール・ビンソンを朝鮮半島の近海に派遣するなどして圧力を強めている。

日本は海上自衛隊の護衛艦2隻を西太平洋へ送り、カール・ビンソン率いる空母打撃群と合流。半島へ北上中の同打撃群と23日から共同訓練を始めた。安倍首相は「引き続き米国と緊密に連携し、高度な監視体制を維持し、我が国として毅然として対応する」と述べた。韓国軍も同打撃群との共同訓練を実施する方向で調整している。

北朝鮮はこうした動きに反発。朝鮮労働党の機関紙・労働新聞を通じ、「朝鮮人民軍は米原子力空母を一撃で沈める用意がある」とした上で、空母を「不快な動物」にたとえ、攻撃すれば「北朝鮮の軍事力を示す実例になる」と強調した。北朝鮮が22日に米国籍の民間人男性を拘束したことも、緊張を高めている。これで北朝鮮に拘束中の米国人は3人となった。

トランプ大統領は安倍首相との会談後、中国の習国家主席とも電話で協議した。中国国営メディアによると、習主席は国連安保理決議に反するあらゆる行動に断固反対すると表明する一方、緊張を高めないよう関係各国に自制を求めた。

*内容を追加して再送します。

(梅川崇、久保信博、ベン・ブランチャード、ジュミン・パク)

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon