古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

トランプ大統領の言動で為替取引急増、CLSが就任後100日間分析

Reuters のロゴ Reuters 2017/04/28

[ロンドン 27日 ロイター] - 多通貨同時決済システム(CLS)が27日公表した分析データによると、トランプ米大統領の就任後100日間に同氏の特に目立った言動を受けて世界の為替取引額が時間単位で前年から急増したことが明らかになった。

市場を動かした言動には今月のシリア空軍基地に対するミサイル攻撃や、前月のトランプ氏によるドルに関する発言、2月の「驚くべき」税制改革の予告、1月31日に行った他国の政府は通貨安誘導を通じて米国の競争力を損ねているとの批判が含まれる。

CLSのアナリストらは文書で、「トランプ大統領のこれまでの実績に対する評価に関係なく、大統領と現政権は就任後100日間にメディアで大きく扱われた」と指摘。

トランプ大統領の言動で為替取引急増、CLSが就任後100日間分析 © REUTERS トランプ大統領の言動で為替取引急増、CLSが就任後100日間分析

「分析によると、トランプ氏と現政権の言動は為替スポット(現物)市場に影響を与えたもよう」とした。

CLSによると、為替取引額の増加幅が最も大きかったのは、トランプ氏に近い国家通商会議(NTC)のナバロ委員長が、ドイツは過小評価されたユーロを利用して貿易相手国よりも有利な立場を得ていると発言した時点。時間単位の取引額は840億ドルと、前年の平均である500億ドル未満から急増した。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon