古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

トランプ氏の燃費規制、13州「緩和なら法的措置検討」

Reuters のロゴ Reuters 2017/06/09

[ワシントン 9日 ロイター] - 米国13州の司法長官らは9日、トランプ政権が先に表明した燃費規制の見直しについて、規制が緩和されるようであれば法的措置を検討する構えを示した。

問題となっているのは、オバマ前政権が導入した2022ー25年型車に適用される規制で、トランプ大統領は今年3月、自動車メーカーに厳しすぎるとして規制の見直しを表明した。

ニューヨーク、ペンシルベニア、コネティカット、マサチューセッツ、アイオワ、ワシントン、オレゴン、ロードアイランドなどの各司法長官は、環境保護局(EPA)宛ての書簡で、「重大な公衆衛生上の観点および基準がもたらす環境的な利点を踏まえ、EPAが現行基準を緩和したり先延ばしするのであれば、そうした行いを阻止するべく、適切な法的措置を精力的に検討する意向だ」と述べた。

EPAからのコメントは得られていない。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon