古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

トランプ米大統領、予算法案を4日か5日に署名=OMB局長

Reuters のロゴ Reuters 2017/05/01

[ワシントン 1日 ロイター] - 米行政管理予算局(OMB)のマルバニー局長は、政府閉鎖を回避する予算法案を4日か5日に議会から受け取ればトランプ大統領は署名すると述べた。

会見で同局長は、今回の予算案ではメキシコとの国境の壁建設費用は含まれていないが、国境警備予算15億ドルは含まれていると指摘した。

5月後半に提示する18年度予算案(10-9月)では、壁建設費用を盛り込む意向だという。

トランプ米大統領、予算法案を4日か5日に署名=OMB局長 © REUTERS トランプ米大統領、予算法案を4日か5日に署名=OMB局長

局長によると、大統領が署名する短期の予算案には大統領が求める全てが盛り込まれているわけではないが、大統領が要求していた国防予算の大幅増は含まれている。

マルバニー局長は、妥協点を見いだすため民主党も要求の一部を断念したとし、合意に至るためにトランプ氏が受け入れた譲歩の正当性を主張した。その上で「予算案に盛り込まれている全ては大統領の優先事項と完全に一致している」と述べた。

一方、民主党のシューマー上院院内総務は予算案を巡る議会での協議について「下院と上院の民主・共和党議員は多くの問題で大統領との間よりも互いの距離のほうが近かった」と語った。   

シューマー院内総務と上院歳出委員会の民主党有力メンバーであるレーヒー上院議員は協議について、壁建設費用の拠出や国内関連歳出の大幅削減を求める大統領の要求に複数の共和党上院議員が反対の立場を示したことを心強く感じたと話し、ホワイトハウスは協議の過程で民主党と協力しようとはしなかったと述べた。

*内容を追加しました。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon