古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

トランプ米大統領、債務上限撤廃を支持 民主党と連携へ

Reuters のロゴ Reuters 2017/09/07

[ワシントン 7日 ロイター] - トランプ米大統領は7日、野党民主党が提示する連邦債務上限の撤廃案を支持する考えを示した。トランプ氏は前日にも、ハリケーン「ハービー」の救済措置と債務上限の3カ月引き上げを一本化する民主党案への支持を表明。

与党共和党に衝撃を与えた。

トランプ氏は記者団に対して「これまで長年にわたり、債務上限の撤廃についての議論があったが、それには正当な理由がある」と述べ、「(債務上限は)物事を複雑にする。必要ではない」と発言。「間違いなく今後われわれはこれについて協議する」と語った。

7日付の米ワシントン・ポスト紙は関係筋の話として、トランプ氏と民主党のシューマー上院院内総務が連邦債務上限を恒久的に撤廃する方向で連携していくことで合意したと報じた。

同紙によると、トランプ氏とシューマー院内総務、および民主党のペロシ下院院内総務は今後数カ月、債務上限撤廃に向けた取り組みで協力していく見通し。

この報道に関する質問について、ホワイトハウスのサンダース報道官は「トランプ大統領は、債務上限に関する採決がしばしば政治問題化されないよう、恒久的な解決策を探るよう議会指導部に働き掛けた」と語った。

債務上限引き上げを巡っては、これまでにも何度か政治問題化しており、金融市場の混乱も招いている。

債務上限恒久的撤廃へ、トランプ氏が民主党と連携合意=報道 © REUTERS 債務上限恒久的撤廃へ、トランプ氏が民主党と連携合意=報道

一方、財政規律を特に重んじる一部の共和党議員は、債務上限を撤廃すれば、議会が債務増大に歯止めを掛けられなくなるとし、撤廃に反対している。共和党のライアン下院議長は、議会の権限をなくすいかなる働きかけにも反対すると表明している。

上院はこの日、トランプ氏が民主党と合意した暫定予算を承認した。被災地支援として152億5000万ドルを充てる。暫定予算は12月8日までを対象としている。法案は最終承認のために下院に送られる。

*内容を追加します。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon