古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

トランプ米大統領との電話会談、再び実施も=台湾総統

Reuters のロゴ Reuters 2017/04/27

[台北 27日 ロイター] - 台湾の蔡英文総統は27日、ロイターのインタビューに応じ、トランプ米大統領と再び電話による直接会談を行う可能性があると述べた。また中国に対し、大国として世界的な責任を果たし平和維持に取り組むよう求めた。

蔡総統は、米政府とより直接的に連絡を取ることが可能だと述べ、「トランプ大統領自身に電話する機会は排除しないが、状況に応じた必要性や米政府の域内情勢を巡る見解によって判断する」とした。

トランプ大統領は就任前の昨年12月に蔡総統と電話会談を実施。米台首脳が直接接触したのはほぼ40年ぶりとなり、トランプ氏は米政府が維持してきた「一つの中国」政策について疑問を呈していた。

トランプ米大統領との電話会談、再び実施も=台湾総統 © REUTERS トランプ米大統領との電話会談、再び実施も=台湾総統

しかし今年2月には同政策の維持で合意し、今月初めには中国の習近平国家主席と米フロリダ州で会談した。

それでも蔡総統は米台関係は改善していると指摘。また、台湾が米国から最新鋭のステルス戦闘機を購入する必要もあり得ると述べた。

「われわれの防衛能力・戦略にとって重要となる製品(を購入する)可能性は否定しない」とし、「『F35』はそうした製品の一つだ」と語った。

蔡総統はこのほか「中国は独自の責任感を持って行動する必要がある」との見解を示した。「習近平主席が大国の指導者として、模範と柔軟性を示し、(中国と台湾の)両岸関係をこれまでと異なる観点で捉え、また将来的な両岸関係が異なるパターンで進むことを認めるよう望む」と述べた。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon