古いバージョンのブラウザーを使用しています。MSN を最適にご利用いただくために、サポートされているバージョンをご使用ください。

ドイツ、北朝鮮への新たな制裁を計画=政府筋

Reuters のロゴ Reuters 2017/05/10

[ベルリン 9日 ロイター] - 複数のドイツ政府当局者は9日、昨年11月の国連決議や欧州連合(EU)の規則に従い、北朝鮮の核開発を巡って同国への経済制裁を強化すると明らかにした。

ドイツ外務省の関係筋によると、政府は、首都ベルリンの中心部にある北朝鮮大使館が所有する施設について、貸し出しを禁止する計画。これについては南ドイツ新聞、北ドイツ放送協会(NDR)、西ドイツ放送協会(WDR)が先に報じていた。

外務省の次官は声明で、「北朝鮮を交渉のテーブルに着かせるため、一段の圧力を加える必要がある」とし、国連やEUが科す制裁を実行しなければならない、とした。「核開発に使用される資金源をさらに枯渇させることが特に重要だ」と指摘した。

ドイツ、北朝鮮への新たな制裁を計画=政府筋 © REUTERS ドイツ、北朝鮮への新たな制裁を計画=政府筋

北朝鮮は1990年の東西ドイツ統一以前は東ドイツと外交関係があり、東ベルリンに大使館など複数の建物を所有していた。ドイツのメディア報道によると、その後も大使館は業務を続ける一方、2つの建物がそれぞれ宿泊施設と会議センターに改装され、大使館は賃料を徴収しているという。

国連は、昨年11月の安全保障理事会の決議の一環として、北朝鮮大使館によるこうした貸し出しを禁止している。

Reutersの関連リンク

image beaconimage beaconimage beacon